猫と仲良くなる方法とは。警戒心を解いてなついてもらおう

最終更新日:2016年2月12日

可愛い猫と仲良くなりたいのに、自分が触るとなぜか嫌がられてしまって怒らせてしまったり、一目散に逃げられてしまう…という経験をされる方も多いと思います。

さて、どうすればそんな猫たちと仲良くなれるのでしょうか。


1.目を合わせない

可愛い猫を見れば、その可愛い姿を見つめてしまいますよね。

ですが猫たちにとって、目を合わせるという行為は威嚇していることになってしまいます。

猫たちはケンカをするときに目を見開き、相手から目を離しません。

ですので、人間から自分たちがしているように目を見開き凝視されると「威嚇されているんだ」と思い、警戒してしまいます。

それに対し、目を細めるという行為はリラックスしているときに見せる行為です。

さらにゆっくり瞬きをするという行為は、相手を信頼しているという証です。

以上のことから、猫と仲良くするための第一歩は、目を合わせず、ゆっくりとまばたきをして、敵意はないんだよということを知ってもらうことから始めます。


2.静かな動きをする

猫たちは静かな環境を好む生き物です。

猫たちがゆっくり寝ていたり、一人遊びをしている姿を見て、可愛くて大きな声で騒いだり、ギューっと無理に抱きしめると猫たちは途端に逃げて行ってしまいます。

さらに、上から大きく、低い声でしゃべられるのも苦手です。

猫たちはケンカをするときに、背中を丸めて毛を逆立てて「自分の方が大きいんだぞ。怖いだろ」ということを主張し、さらに「う~」とうなり声をあげて威嚇をします。

ですので、それでなくても大きい私たちが上から猫たちに覆いかぶさるようにして低い声で喋ると、猫たちは威嚇されていると感じ怖がります。

それに対し、体を小さくして猫たちの出来るだけ下から、静かに少し高い声で話しかけると安心します。

これには、子猫の声が高いからという説や、猫たちが甘えるときに高い声で「にゃ~ん」と鳴くため、敵意がないんだと安心するという説があると言われます。

そして、いきなり近づき上から頭を触るのも怖がるので、まず手をグーの状態にして猫の顔の前にゆっくりと近づけ、私たちの匂いのチェックを受けます。

その時にそのまま怯えた顔をしたり、唸ったりしなければ、さらにゆっくりと手をグーの状態から人差し指だけ差しだし、そのまま猫の鼻先を触れたら手を広げてゆっくりと下から首や耳の後ろを撫でます。

3.無理強いしない

猫たちはマイペースな生き物です。

人間が遊びたいから遊ぶ、なんていうこっちの都合は猫たちには通用しません。

猫たちは自分たちが遊びたいときに、自分たちが遊びたいように遊ぶのです。

ですので、こちらの都合はグッと押し込めて、猫たちから遊びのお誘いがあったり、そばに寄ってきてくれるまではジッと我慢です。

抱っこをするときも無理に捕まえて抱っこをすると怒ってしまい、すぐさま腕の中からすり抜けて逃げて行ってしまします。

座っている人間の膝や足にちょいちょいと「乗せて」と合図をして来れば、“抱っこして~”のサインなので、その時を見逃さず抱っこします。

ただしその時も無理に掴んだりすると、すぐに嫌がって逃げてしまうので、抱っこしていても猫を両腕に乗せるか、膝にただ乗せているような状態で、猫たちが嫌になればすぐに逃げられる状態の方が良いです。

遊びたいときは猫じゃらしや紐など、猫たちの興味をそそるものを不規則な動きで誘います。

ですが、この時も猫たちが遊びに乗ってきてくれればそのまま飽きるまで遊び、誘いに乗ってきてくれないのであれば無理に遊ばせるようなことはせず、猫たちのペースに合わせます。

遊んでくれる人だと認識してくれれば、猫も犬のようにおもちゃを持ってきて遊びを誘ってきたりもします。


4.ご飯をあげる

猫も現金なもので、美味しいものをくれる人は大好きです。

猫たちは時計を理解することはできませんが、人の動きを観察し、大体の時間を把握していると考えられています。

そして、毎日の習慣で同じ時間くらいにご飯を貰えたりすることに安心を感じます。

ですので、決まった時間にご飯をくれる人間のことを覚え、その人がその時間に立つだけで、足にすり寄りご飯を催促したり愛想を振りまくようになります。

ご飯の時間以外でも美味しいおやつをくれる人のこともしっかり覚えます。

さらにご飯をあげるだけでなく、自分のために色々してくれる人というのを、猫たちはしっかり観察しています。

キレイ好きな猫たちのためにトイレをいつもキレイに保ったり、暖かい寝床を作ってくれたりする人の足音を覚え、その人が近づいてくると出てきて要求鳴きをしたりして甘えます。

それぞれの猫の性格を尊重しよう

猫たちは基本的には憶病で警戒心の強い生き物です。

そんな猫たちと仲良くなるには、人間に対しても言えることですが、性格を尊重してあげることが大事です。

最初は警戒し、逃げて行った猫たちも傍にいて安心を与えてくれる人間には心を許し、人間のことをとても大事に思ってくれます。

居てくれるだけでも癒しをくれる猫たちと仲良くなって、楽しい生活を手に入れましょう。

「猫と仲良くなる方法とは。警戒心を解いてなついてもらおう」の関連記事

「猫と仲良くなる方法とは。警戒心を解いてなついてもらおう」と合わせて読みたい