猫が掃除機を嫌がる理由とは。音以外にも原因がある

最終更新日:2016年2月24日

さっきまでおとなしく眠っていた猫でも、掃除機のスイッチを入れたとたん、飛び上がって逃げていきます。

中にはシャーシャーと威嚇の声をあげて掃除機を攻撃する猫も。

猫はなぜそんなに掃除機を恐がるのか、不思議に思った事はありませんか。

そこで今回は猫が掃除機を嫌がる理由をご紹介します。


1.大きな音

猫の耳はクルクルと良く動きます。

耳の方向を音のする方向に合わせる事で、音がどこから発生したのか猫は正確に聞き取ります。

小さな音も聞き逃さないほど耳の良い猫にとって、他の音を全て打ち消してしまうほどの騒音はとんでもないものです。

人間にとってもうるさい、部屋中に響くほどの掃除機の騒音は、猫にはどれほど大きな音か想像すれば、恐がるのも当然だと理解できます。

近年普及しているルンバのようなロボット型掃除機に猫が恐怖心を抱かないのは、この騒音が小さいためと考えられます。

ルンバのように初めから音の小さい掃除機を使っていると、掃除機を一切恐がらない猫に育つ事もあります。


2.超音波

何も無いはずの所を追いかけるように目で追っている姿は、猫によく見られる不思議な行動の一つです。

これは猫が、目では見えない所の状態を耳で見ているためです。

野生で生きていた頃、猫は夜の闇の中でネズミなど獲物の出す小さな音を聞き取って狩りをしていました。

そのため猫の耳は、人よりもずっと高音域の音が聞き取れるほど優れています。

猫の聴覚は犬より高く、4万ヘルツの犬に対して猫は6万ヘルツの音まで聞き取れてしまいます。

この高音域が聞こえるという猫にとって長所であるはずの聴覚が、掃除機との相性を最悪にしてしまっているのです。

つまり、猫には人には聞こえない掃除機の出す超音波まで聞こえてしまっているのです。

人には聴こえない超音波が聴こえる猫には、掃除機の音はとんでもない不快な音です。

3.ON、OFFの差が怖い

スイッチがONの時とOFFの時の差も掃除機の怖さの原因の一つです。

さっきまで静かだった空間にいきなり轟音がしたら、パニックになるのは当然だと思いませんか。

人間でも何の準備もない時に、耳元でいきなり大きな音を出されればビックリしてしまいます。

掃除機をかけるときは、「掃除機をかけるよ」と一声かけてあげたり、リラックスして眠っている時は避けてあげましょう。

過剰に恐怖心を抱かせる要因は減らせます。


4.形が天敵の動物に見える

聴覚とは裏腹に、猫の視覚はとても悪くできています。

視力は0.1~0.3程度しかなく、色覚も人間のように鮮やかには見えません。

そのため、他の電化製品と違い、車輪を使い地面を動く掃除機は、生き物にも見えます。

掃除機を遠くから見た時、猫には恐ろしい動物が大きな声で吠えてきたように見えるのかもしれません。

掃除機のシルエットは生き物の威嚇のポーズに近いものがあります。

長いホーズの部分は猫の天敵、蛇に似ています。

ゆらゆら揺れながら地面から立っているホースは、蛇の威嚇のポーズを彷彿とさせます。

また全体のシルエットで見ると、猫の威嚇ポーズとも似ています。

ホース部分をしっぽ、本体部分を胴体と考えてみてください。

しっぽを高くあげ体を膨らませた猫の威嚇ととても良く似ています。

猫から見れば、自分よりも大きい、よくわからない生き物が大きな声で吠えながら威嚇して追いかけてくるように見えるのです。

これが怖くないはずがありません。

猫によっては、何故か掃除機の進行方向ばかりに逃げてしまう猫がいます。

そうすると自分が追いかけられていると勘違いして、猫はさらにパニックになってしまいます。

少し面倒でも、猫の逃げる方向とは別方向へ進んであげてください。

5.掃除機は怖いとすり込まれてしまった

掃除機にスイッチが入っていないにも関わらず、ただ掃除機を見るだけで逃げていく猫がいるのはなぜでしょうか。

猫は恐怖に対して人一倍記憶力の良い生き物です。

初めて掃除機と対面した時や日常生活で一度でも怖い目に遭うと、掃除機を怖いものと覚えてしまいます。

たとえスイッチが入っていなくても、音の小さな新しい掃除機にしても、形が似ていれば掃除機にはもう二度と近付きません。

もし掃除機を嫌いではない猫に育てようと思ったら、まだ警戒心の低い子猫のうちに掃除機に慣れさせる必要があります。

とはいえ、もともと掃除機には猫が嫌う要因がある事には変わりません。

猫によってはどうしても掃除機を恐がるようになってしまうので、あまり無理をして慣れさせようとしてはいけません。

飼い主と猫の関係を悪くしてしまいます。

掃除機をかける前に猫の避難を

猫が恐がるからと言って掃除機をかけないわけにはいきません。

猫の毛が部屋に散ったままになっている状態は、不衛生で人にも猫にも良い環境ではありません。

とはいえ、一度怖いと認識してしまった猫の掃除機への恐怖を克服させるのはほとんど不可能です。

掃除機をかける前に他の部屋に避難させたり、逃走経路を確保してできるだけ猫にストレスがかからないようにしてください。

「猫が掃除機を嫌がる理由とは。音以外にも原因がある」の関連記事

「猫が掃除機を嫌がる理由とは。音以外にも原因がある」と合わせて読みたい