ペットセラピーとは何か

ペットセラピーって何?ペットラピーで癒しを与えよう

最終更新日:2015年10月28日

ペットセラピーという言葉をご存知ですか?

ペットセラピーとかアニマルセラピーなどと呼ばれているこの言葉は、「癒し」や「生きていく為の向上心」を感じさせてくれる動物たちのケアを意味しています。

昨今では、鬱病やリハビリの補助、お年寄りの生きがいとしても取り入れられ、幅広いニーズに対応しております。

今回は、そんなペットセラピーについてご紹介します。


1.ペットセラピーの種類

ペットセラピーは、国際的にAnimalAssistedTherapy(AAT 動物介在療法)と呼ばれています。

治療に動物を使う方法です。

例えば患者の体、精神、社会性の回復を目指して治療を行っていきます。

日本ではおおまかに3つの活動のもと動物達が活躍しています。

・AnimalAssistedTherapy(AAT.動物介在療法)

医療現場で動物が活躍するペットセラピー。

医療従事者が主導のもと実施します。

・AnimalAssistedActivity(AAA=動物介在活動)

動物と触れ合うことによって情緒の安定化を図るための活動です。

アニマルセラピーの代表的な活動方法です。

・AnimalAssistedEducation(AAE=動物介在教育)

主に小さい子供達とのふれあいの場です。

命の尊さや正しい動物とのふれあいを学びとって貰います。

生活科、総合学習において学校からお願いされることがあります。

おおまかにこの3種類から成り立っています。

では実際にアニマルセラピーとは何か具体的に書き記していきます。


2.介護施設でも重宝。主流のドッグセラピー

アニマルセラピーの中でも有名なものでドッグセラピーがあります。

このドッグセラピーに抜擢される犬を「セラピー犬」や「セラピードッグ」と言います。

犬種は小型犬から大型犬まで幅広く活動しています。

セラピー犬になる為には日本アニマルセラピー協会などでセラピードッグとして活躍出来るようしつけ・訓練・服従・生体管理の徹底をします。

そして、初めて現場に配属されます。

セラピードッグにさせるには、各専門の人達が犬をプロフェッショナルに鍛え抜きます。

ドッグトレーナー・プロのスタッフ・アニマルセラピストなどの職種の人達が、日夜セラピードッグを育て上げています。

晴れてセラピードッグになった犬は介護施設や認知症施設、被災地などで癒しや生きる為の気力を与え日々人々の役に立っています。

老齢になると、色々な事情を抱え介護施設に身をおいている人達が多く、中には身寄りもいるのに突き放された形で介護施設などに入居している例もあります。

心に暗い影を持っている人、ずっと悩みを持ち続けている人、ストレスから認知症に罹ってしまった人、様々な人間模様があります。

この「ストレス」や「生きていても楽しみがない」と嘆いている負の感情を癒してくれる、可愛い孫のような存在にあたるセラピードッグ。

施設でなくても子育てが終わった老夫婦がペットを飼っている例はとても多いですよね。

セラピードッグの効果としては本当にたくさんの癒しの効果、心の穏やかさに繋がる情緒の安定などがあります。

動物のお世話をすることでそれが生きがいとなり、活き活きと暮らし始めたり、孤独感や疎外感から解放され自然と微笑みが生まれたり、動物に声をかけることで、認知症の予防や発声のリハビリにもなったりします。

お年寄り同士が犬を共通の話題とし会話が弾む、日中犬の世話に明け暮れるので夜には疲れて心地よく眠れるなど、生きていく為には欠かせない活性化となり、元気を取り戻していきます。

3.命の大切さを知ろう。子供達へかけがえのない授業、心の教育

最近の児童に対しての悲しいニュースが後を絶ちません。

ドッグセラピーは、幼稚園・保育園・小学校・中学校など、小さい子からお兄さんお姉さんになる年頃の子まで情操教育の一環として活躍しています。

犬に直接かかわることで、お人形では感じ取れない生身の体温や脈・呼吸、自分より小さいもの、弱いものを労わったり守ったりする気持ちを育んでもらうのが目的です。

また少し大きい子達だと内容も変わり、見捨てられた犬が処分されること、人間の身勝手さに犬が犠牲になっていく事実を知ってもらい、青年から成人に変わるこの年齢の時に何か大切な気持ちを気付いてもらえないか、そういった取り組みをしていることもあります。


4.ホースセラピー

犬のドッグセラピーはポピュラーですが、「馬」のホースセラピーも存在します。

自分達人間よりも体が大きいのでちょっと尻込みしそうですが、実は馬って従順で心優しい動物です。

馬の目を見たことがありますか?

なんとも辛いことをそのまま抱きとめてくれるような優しい眼差しをしています。

馬には心身共に良い効果があります。

高い背の馬に乗りゆったりと揺られているだけで、温かい体温に触れながら日常のストレスを軽減してくれる効果があり、また馬の歩くリズムや振動が脳にとても良い刺激となるため、体のマッサージ効果があります。

山道や海など、景色の良い所を乗馬したら相乗効果で気持ちがとてもリラックスすることでしょう。

命を守るペットセラピー

動物とは不思議な力を持っていますね。

時に癒してくれて励ましてくれるなど言葉は交わせないのに生きる勇気を貰えるかけがえのない命です。

お年寄りや小さい子供達への情緒の安定に一役買ってくれるので、人間社会において今後もアニマルセラピーは欠かせないものになっていくことでしょう。

「ペットセラピーって何?ペットラピーで癒しを与えよう」の関連記事

「ペットセラピーって何?ペットラピーで癒しを与えよう」と合わせて読みたい