【サーロスウルフドッグの特徴】性格・寿命・価格・体格

最終更新日:2016年11月1日

ウルフドックの中でも1番人気のサーロスウルフドッグ。

オオカミの習性が残る犬としても知られています。

今回は、そんなウルフドッグについてご紹介します。

1.サーロスウルフドッグの歴史

サーロスウルフドッグはオランダで作り出された、オオカミと犬の交配で誕生した大型の犬種です。

犬は、学習能力が高く、飼い主に対しても愛情部会「ジャーマンシェパードドッグ」が選ばれました。

ですがサーロスウルフドッグは用心深くて内向的な性格をしているため訓練が行ないにくく、そのうえ遠吠えくらいしか吠えないという犬種でした。

そのため、番犬には不適格であると判断され、あまり活躍の場を与えてもらうことができずにいました。

ところが、オオカミのように整った容姿や運動能力の高さから注目を集め、今ではウルフドッグの中で1番人気が高い犬種となっています。


2.サーロスウルフドッグの外見的特徴

標準体高は60~75㎝、体重は41㎏で、サーロスウルフドッグは大型犬に属しています。

引き締まった体型、そしてオオカミのような容姿、ジャーマンシェパードのような耳、鋭い反射神経と優れた運動能力、鋭い嗅覚などが特徴です。

サーロスウルフドッグの被毛はダブルコートで、被毛カラーにはウルフグレーとブラウンがあります。

夏はアンダーコートが抜け落ち、冬はアンダーコートが生えそろって防寒具のような働きをします。

また、繁殖期についても特徴的な点があります。

サーロスウルフドッグは年に1度のみの繁殖期で、1回に5~15頭もの子どもを産むのです。

3.サーロスウルフドッグの性格

もともとウルフドッグは警戒心が強くて内向的で、サーロスウルフドッグも同じような性格です。

よほどのことがない限り、見知らぬ人に愛想を振りまくようなことはしません。

ただ、飼い主やその家族に対してはとても優しく、従順で、愛情深く接してくれますよ。

また、用心深いところもあり、警戒心が強すぎるために番犬には向きません。

飼い主の家族に子どもがいる場合ですが、子犬の時期から一緒に過ごしているようでれば問題はないでしょう。

けれど、そうでない場合は、もしも何かに反応して襲ってしまうようなことがあっては危険なので、飼育は避けるべきです。


4.サーロスウルフドッグの飼い方

サーロスウルフドッグを飼育するのであれば、庭付きの一戸建てがオススメです。

マンションでの飼育は適さないでしょう。

運動量が豊富なので、毎日1時間程度の運動を2回は行なってあげましょう。

また、自転車を並走させながらのジョギングや、野山での遊びなど、思い切り体を動かす時間も確保してあげましょう。

被毛のお手入れは、ブラッシングやコーミングを週に1回程度行なうだけで十分です。

お風呂は、体の汚れが目立ってきたらその都度入れてあげるようにしましょう。

あまり頻繁に入浴させてしまうと皮膚の脂分がなくなり、皮膚病を発症しやすいため、注意が必要です。

5.サーロスウルフドッグの寿命とかかりやすい病気

サーロスウルフドッグの寿命は10~12年が平均だと言われています。

そして、注意しなければいけない病気は「股関節形成不全」「膿皮症」が挙げられます。

「股関節形成不全とは、股関節に異常があり、歩行障害があらわれる病気です。

主に遺伝が関係しており、大型犬に多くみられます。

症状がそれほど重くなければ食事や運動などで様子をみますが、痛みが生じているような場合は薬の投与で痛みを軽減させます。

また、症状が悪化しているような場合には手術となる場合もあります。

「膿皮症」は皮膚病です。

ブドウ球菌をはじめとする細菌が体内に侵入することで発症したり、アレルギー性皮膚炎が原因となることもあります。

治療は主に薬物治療で、抗生物質が使われます。


6.サーロスウルフドッグの価格

子犬の販売価格の平均は50万円以上となっています。

海外であれば千ドルほどで販売あれているのですが、日本を含めた遠方の海外には輸送を行なっていないため、購入はかなり困難です。

国内でもブリーダーさんは本当に少ないです。

どうしても購入したい場合は、輸入代行業者に依頼し、この業者を通じて輸入をするルートが確実でしょう。

ただし、輸入に関する手数料などを含め、さきほどお話したように50万円以上はかかると見積もっておいた方がいいでしょう。

ちなみにサーロスウルフドッグのエサ代は1か月で1万5千円ほどかかり、おやつ代などを含むとひと月2万円、年間で24万円ほどの出費となります。

ただし、サーロスウルフドッグの主食は生肉であるため、年間30万円ほどかかることもありえます。

また、サーロスウルフドッグは室外での飼育に向いていないため、飼育部屋が必要となるほか、飼育に必要な物の購入として別途10万円ほどかかります。

サーロスウルフドッグの購入や飼育には大きな費用が必要となりますので、家族でよく相談して購入に踏み切るようにしましょう。

サーロスウルフドッグの特徴を知ろう

サーロスウルフドッグの特徴や飼い方、そして購入価格などについてお話しました。

オオカミのような美しい姿に魅了され、飼いたいと思う人はとても多いのですが、いざ飼育をはじめるにはかなりの覚悟が必要です。

特にしつけは失敗してしまうと手に負えなくなり、取返しのつかないことになってしまいかねません。

購入前にはじっくりと時間をかけて考えてみることを強くオススメします。

「【サーロスウルフドッグの特徴】性格・寿命・価格・体格」の関連記事

「【サーロスウルフドッグの特徴】性格・寿命・価格・体格」と合わせて読みたい