トイプードルの耳掃除をするコツ。慎重に優しく耳をキレイにしてあげよう

最終更新日:2016年3月17日

犬の耳掃除は習慣的にしていかなければすぐに汚れが溜まってしまい、外耳炎になったり耳ダニが寄生しやすくなったり、耳から嫌な臭いがしてきたりしてしまいます。

特にトイプードルはタレ耳なので通気性も悪く汚れやすく、耳毛もたくさん生えてくる犬種ですので、耳掃除は必ずやらなければいけません。

週に1~2回ほど耳掃除をして、清潔な耳を保てるようにしましょう。

ご家庭でも簡単に出来るので、やり方をご説明しながらトイプードルの耳掃除のコツをご紹介します。

1.まずは毛を抜こう

トイプードルは耳毛が生えやすく、量もたくさん生える犬種です。

耳毛が生えたまま放置してしまうと耳の中が蒸れたり、雑菌が繁殖したりして外耳炎の原因にもなります。

そこでまずは、毛を抜く必要があります。

耳掃除をする時は、犬をお座りさせた状態でやるようにしましょう。

そしてますば頭を触りながら徐々に耳を裏返して触り、慣らすようにしてあげましょう。

抜く際は、毛を抜く時に使う滑り止め用のイヤーパウダー、と毛を挟むハサミのような鉗子を使います。

どれもペットショップなどで簡単に買えるものです。

イヤーパウダーを使うこと、で毛を抜かれた時の痛みが軽減されますし、抜きやすいです。

パウダーを少量耳毛にかけます。

かけ過ぎに注意してください。

最初は耳の穴より手前の手の届く所を指で抜いていき、慣らしていきます。

次に鉗子を使い、耳の穴の中の毛を抜いていきます。

ここで注意して欲しいの、は奥まで入れすぎないようにすることです。

耳を広げて見た時に見える毛を抜くようにしてください。


2.毛を抜く時のコツ

毛を抜かれるのはやっぱり犬も嫌がります。

中には暴れた衝撃で、耳の皮膚を鉗子で挟んでしまうこともあります。

そうなってしまうと犬は耳掃除が大嫌いになり、今後耳掃除をする際ひどく暴れて出来ないんてことになってしまうので、慎重に行うようにしましょう。

コツは鉗子の挟む部分を閉じた状態で耳の中に入れ、毛を挟む時に開くようにすれば挟むようにすることです。

また、挟む部分が上下に開く向きで鉗子を入れると挟みにくいです。

毛を抜く時は、左手で耳を広げ右手で鉗子を持ちます。

耳毛は縦に引っ張るようにして抜くようにします。

そして、抜く時はパッと素早く抜くようにすれば痛みも軽減されますし、抜きやすいです。

また、暴れたりしても諦めずに根気よく、犬をガッシリと脇で固定し、離さないようにすれば犬も諦めてくるので、その隙を狙って素早く抜くようにしましょう。

耳毛は、几帳面に全て抜かなくても大丈夫です。

産毛のようなものが多少残っている程度で終わらすようにしましょう。

3.耳の中を拭こう

耳毛を抜き終えたら、次は耳の中の汚れを拭きます。

使うものは脱脂綿と鉗子とイヤークリーナーです。

イヤークリーナーがない場合は水でも大丈夫です。

鉗子に脱脂綿を巻き付けるのですが、この時脱脂綿はなるべく薄く広げてから巻き付けてください。

痛そうだからと多めに取ってしまうのは逆効果です。

鉗子に巻き付けた時分厚くなり、犬の耳の中に入らなかったり、脱脂綿を巻いた先が固くなってしまい、逆に傷つけやすくなったりしてしまいます。

脱脂綿を巻き付けた鉗子にイヤークリーナーまたは水を少量付け、拭いていきます。

汚れが付かなくなったら、最後に脱脂綿に何も付けず、乾拭きをして終了です。


4.耳を拭く際のポイント

汚れを拭いていく時、まずは耳奥の汚れから吹いていくと効率よく吹くことができます。

外側の汚れを拭いてから耳奥の汚れを吹いてしまうと、外側の汚れも一緒に耳奥に付いてしまい、手間がかかってしまいます。

耳奥の汚れを拭き、徐々に外側へと汚れを取るようにします。

耳を拭く時も嫌がる犬もいますので、耳毛を抜く時同様犬をしっかり脇で固定しましょう。

また、「頑張ってるね~良い子だね~」と褒めながら耳掃除をしたり、耳掃除を頑張って出来たらおやつのご褒美をあげたりすると、耳掃除をすると褒めてくれる、ご褒美が貰えると思うので、今後も耳掃除がやりやすくなるでしょう。

トイプードルの耳を掃除してあげよう

トイプードルの耳掃除は習慣的にやるからこそ、キレイに保つことができます。

トイプードルの体を腕でしっかり固定する際は、脇で犬の体を挟み、挟んでる方の手で耳の中を広げ、右手で毛を抜いたり拭いたりしましょう。

もし、暴れてしまう場合は、まずは落ち着かせることから始めて、トイプードルを脇で挟んで動けないようにした状態のまましばらく待つと、、トイプードルも諦め、落ち着いてきます。

どんなに暴れようとしても、離さないようにしてください。

ただ、トイプードルをきつく固定しすぎて息が出来なくなってしまったりしないように注意してください。

それでも出来ない場合は耳の外側だけでも脱脂綿などで拭いてあげるようにして、後はトリミングサロンなどで耳掃除を行ってもらうようにしましょう。

ご家庭で耳掃除をしているトイプードルも、たまにトリミングサロンで耳掃除をしてもらうと良いでしょう。

「トイプードルの耳掃除をするコツ。慎重に優しく耳をキレイにしてあげよう」の関連記事

「トイプードルの耳掃除をするコツ。慎重に優しく耳をキレイにしてあげよう」と合わせて読みたい