トイプードルの値段はどの位か

トイプードルの値段はどの位?25万円が平均も30万越えも

最終更新日:2015年10月10日

トイプードルに限らず、ペットをお迎えするにあたってはお金の話は避けられません。

トイプードルの値段については、ピンキリこそ激しいですがある程度の相場はありますので、その相場や条件をご紹介します。


1.平均的な値段は25万円ほど

トイプードルの値段は、上は100万円から下は10万円程度までと、実に幅が広く一言で言い表すことが難しいです。

一般的な傾向としては成犬より子犬、オスよりメスの方が高い値段がつくことが多いです。

その他の特徴や血統、流行り廃りによっても値段が変動します。

また、トイプードルについては、そのサイズが小さいほうが高くなる傾向にあります。

しかし、通常のペットショップで売られているトイプードルの場合は、20万円から25万円程度が相場です。

ですので、トイプードルをお迎えするにあたって必要になる初期費用として、その登録、予防接種、去勢・避妊などの費用も含めると、35万円ほど用意できると良いでしょう。


2.血統の良いトイプードルなら100万円を超えることも

父母や祖父母などにチャンピオン犬がいる血統の良いトイプードルは当然高価になり、子犬の価格が100万を超えることもあります。

チャンピオン犬とは、日本では主にJKC(ジャパンケネルクラブ)が主催するドッグショーにおいて優秀な成績を収めた犬の事を指します。

ドッグショーにおける成績の判断の基準にその犬種のスタンダード、犬種基準に近いかどうかという項目があります。

犬種基準に近い犬には市場でも高い値段がつきます。

それがチャンピオン犬であればなおさらです。

犬種基準に近い犬同士を交配させた場合、やはり犬種基準に近い犬が生まれてくる期待が大きくなるものです。

トイプードルの場合は小さいこと、毛が長いこと、体のパーツのバランスが取れていてかわいいことなどが、その価値を高める要因になるでしょう。

3.トイプードルの毛並みや毛色によって5万円ほど高くなる

トイプードルが人気を集める最大の理由は、その愛くるしい見た目に集約されるでしょう。

もちろんこれはトイプードルの価格を押し上げる1つの原因になります。

一言に見た目といっても、複数の要因があるのでそれぞれ説明していきましょう。

トイプードルの毛並みには個性がありますが、毛質がしなやかかつ毛量が多いものが美しいとされ価値が上がります。

毛の色も個体によって様々ですが、中でも人気なのは赤やアプリコットです。

人気の毛色の犬はやはり人気なので、もちろん値段が上がります。

また、トイプードルの場合は毛が単色であることが高値のつく条件に入ります。

毛に他の色が混じっている場合でも、それがワンポイントになって可愛いなどということがあれば、それもまたひとつの価値になると考えられます。

これらの特徴が違うだけで、その値段が5万円以上変動したりすることがトイプードルの値段の相場を出すことを難しくしていると言えます。


4.サイズの小さいトイプードルのメスは30万円以上になる

トイプードルの場合、オスよりメスのほうが高値がつくことが多いです。

その値段の差はおよそ5万円から10万円ほどに及びます。

こうなる理由には、まずオスよりメスの方が出生比率が低いことが関係しています。

多く市場に出回ればその分、値段が落ちるわけです。

メスはオスより一回り小さくなることが多いのも、トイプードルの特徴と照らし合わせればその価値を引き上げることになります。

また、メスのほうが穏やかな性格をしている、子犬を産めることも関係があります。

その他にも、トイプードルは小さければ小さいほど良いとされています。

中でもタイニーサイズやティーカップサイズと呼ばれるものは特別高い値段がつけられており、その平均は30万円を超え、80万円近くで販売されている子犬もいます。

総合すると、体の小さいメスには高い値段がつく傾向が強いということが言えるでしょう。

5.相場より数万円安くなるケース

安い値段のトイプードルというのは、単純に言うと高価になる基準を満たさなかったものということになります。

具体的には体が大きい、巻き毛や短毛、人気の毛色でない、毛に他の色が混じっているものは安価になる傾向があります。

トイプードルの場合、オスのほうが安価になっているのも特筆すべきでしょう。

その他にも値段が下がる要因があります。

代表的といえるものは、売れ残ったりして少々年をとってしまった結果、人気がなくなってしまう場合でしょう。

また、噛み合わせの異常やヘルニアを持ったもの、でべそである場合なども値段が下がります。

これらの要因を合わせていくと、平均と考えられる相場から5万円ほど下がるでしょう。

オスとメスの価格差も入れるとさらにその差は広がります。

しかし、値段が安いからといって劣っている個体であると考えるのは間違いなので注意しましょう。

トイプードルは個体によって値段が大きく変わる

値段の高いトイプードルは、やはり見た目が整っていて魅力的です。

しかし、値段が安いからといってそのトイプードルの何もかもが劣っているということはありません。

トイプードルに限らず、ペットをお迎えするときにその値段を見るということは大事です。

ですが、それぞれの子が持つ個性を認めてあげることも忘れないようにしましょう。

「トイプードルの値段はどの位?25万円が平均も30万越えも」の関連記事

「トイプードルの値段はどの位?25万円が平均も30万越えも」と合わせて読みたい