弱った金魚に塩を入れると元気になると言われる理由

弱った金魚に塩を入れると元気になる理由。塩水浴をしてあげよう

最終更新日:2015年10月10日

金魚が弱ったり、病気になってしまった時に塩を入れると元気になると聞いたことがありませんか?

実際に金魚を飼うのに慣れている人は、新しく金魚を入れる前にいったん塩水に入れてから水槽に入れていることもあります。

でも、淡水魚である金魚に塩水なんて大丈夫?と疑問に思う事もあるのではないでしょうか。

今回は、塩が金魚に対してどのような効果があるのかご紹介します。


1.金魚を塩水に入れる塩水浴

淡水魚である金魚に塩水がどうして良いのかと疑問に持っている方は多いでしょう。

確かに、海水のような塩分濃度では金魚にとって害になってしまいます。

しかし、適正な塩分濃度である0.5%~0.6%であれば金魚の体にとってとても過ごしやすくなるのです。

このように、金魚を塩水に入れてあげることを塩水浴と言い、色んな病気の改善に効果的です。


2.塩水浴によって期待できる効果

塩水浴によって以下の効果が見られます。

・金魚の体を殺菌する

・浸透圧の調節を楽にさせてあげることで金魚の体力を回復させる

・新陳代謝を活発にすることで傷の回復を促進させる

塩水浴をすることによって、塩に含まれる塩化ナトリウムにより殺菌効果が期待できます。

この殺菌作用によって、金魚の体についた寄生虫を駆除することができます。

ただし、駆除できるのは塩分に弱い寄生虫だけで、細菌を駆除することはできないので、塩水浴がすべての病気に効くということはありません。

しかしながら、0.5%~0.6%という塩分濃度は金魚の体の塩分濃度と同じなので浸透圧の調節が楽になり、体調不良で弱ってしまった金魚の体力を回復させる効果があります。

金魚の体力回復と言う意味で、金魚が弱ってしまったらとりあえず塩水浴をさせてあげると良いでしょう。

3.塩水浴によって効果が期待できる病気

塩水浴では、白点病、白雲病、エラ病、転覆病の症状を改善できると言われています。

これらの病気はいずれも金魚の体力の低下や、寄生虫によっておこる病気であり、軽度であれば塩水浴のみで回復させることができます。

しかし、症状が重くなっていしまっている場合は、塩水浴に加えて薬浴も併用してあげる必要があります。

それぞれの病気を見分けるために、症状を確認しましょう。

白点病…初期症状では、体のかゆみのために砂利やかたい水草に体を擦り付ける行動を見せます。

症状が進行してくると、尾びれを中心に白い斑点がいくつも出てきます。

白雲病…初期症状では白点病と同じく、かゆみのために体を砂利やかたい水草に擦り付けます。

症状が進んでくると、白いモヤモヤしたものが体を覆い尽くしてしまいます。

死亡率が非常に高いので早期の治療が必要です。

エラ病…何らかの原因で寄生虫がエラについてしまうとエラ病になります。

エラ病は呼吸困難を起こします。

転覆病…水質悪化や消化の悪い餌を食べてしまったり、餌の与え過ぎによってお腹を上にして泳ぐようになってしまいます。

金魚がストレスを感じている時にも転覆病になってしまうことがありますので、塩水浴によってストレスを和らげてあげると治癒することがあります。

これらの症状が見えたら、塩水浴を試してみましょう。

また、病気になった金魚が水槽にいると、他の金魚にもうつってしまいます。

それに塩水は水草やバクテリアに影響があるので、病気が疑われる場合には隔離して塩水浴をさせてあげると良いでしょう。


4.適切な塩分濃度の塩水を作るには

0.5%~0.6%の塩分濃度にするとは言っても、どうすれば良いのかピンと来ない方も多いかと思います。

0.5%の塩分濃度にするためには、水1リットルに対して塩を5グラムを入れると良いでしょう。

お手持ちの水槽の容量に応じて塩の量を調節してくださいね。

また、使用する塩はペットショップでも専用の塩を扱っていますが、市販されている普通の食塩でも使えます。

5.塩水浴のさせ方

塩水浴をさせる期間は、病状が改善されるまでとされています。

いきなり塩水に金魚を入れるとストレスを与えてしまうので、塩の投入は一時間に一度、5回に分けて徐々に0.5%~0.6%の塩分濃度にしていきましょう。

最低でも一週間程度は塩水浴を続け、それでも改善が見られない場合は、薬浴も併用して様子を見ましょう。

塩水浴を始める時点で既に病状が重くなっている場合は、塩水浴だけでは対処できないことがありますので、最初から薬浴も併用します。

また、塩水浴中はエサをあげないようにします。

金魚は一か月程度絶食しても大丈夫ですので、かわいそうですが、エサによって水質が悪化させてしまわないようにエサはあげない方が良いでしょう。

まずはキレイな水の中でじっくりと体力を回復させてあげる事が大切です。

病状が改善されて金魚が元気になったと思ったら、今度は一日に1/4ずつ真水を入れていき元の水に戻していきましょう。

塩水浴で金魚を健康にしてあげよう

塩水浴には金魚の体についた寄生虫を殺菌する効果があり、更に金魚の体に負担のかからないようにしてあげることで金魚の体力回復にも効果があるという事をご紹介しました。

様子がおかしいと思ったら、とりあえず塩水浴を試して様子を見てあげるようにすると良いでしょう。

塩水浴によってかわいい金魚が元気に長生きできるようになると良いですね。

「弱った金魚に塩を入れると元気になる理由。塩水浴をしてあげよう」の関連記事

「弱った金魚に塩を入れると元気になる理由。塩水浴をしてあげよう」と合わせて読みたい