犬の味覚ってどうなの?実は旨味は感じていない

最終更新日:2018年10月15日

いつもエサの時間になると、犬はおいしそうに勢いよくエサを食べますよね。

また、しつけなどのときにも、ご褒美のおやつを本当に喜んで食べていたりします。

そんな食いしん坊な犬の味覚はどうなっているのでしょうか。

犬の味覚を感じる構造

犬の味覚も人間と同じように、舌にある細胞で味を感じ取っています。

その仕組みや構造に関しては、人間とほぼ同じといってよいでしょう。

しかし、味覚を感じ取る感覚の精度には大きな違いがあります。

こうした感じ方の違いは、舌にある味蕾細胞の数によるものと考えられています。

味蕾細胞は、味を感じとる役割のある細胞です人間の場合には舌の表面に1万個ほどあるのですが、犬の下には2000個ほどしかありません。

そのため、それほど味覚が鋭いというわけではありません。

犬は塩分には鈍感

人間の舌には、味蕾細胞の分布によって、いろいろな味覚を区別して感じ取ります。

この構造によって、甘味、酸味、辛み、塩味、苦味という5つの味とうま味を感知することができます。

犬に関しては、人間の感じる5つの味のうち、塩味を感じる感覚が弱くなっています。

私たち人間の場合には、塩分が多いと塩っ辛いと感じたりします。

しかし、犬にはそういう感覚が薄いといわれています。

犬は本来は肉食動物であり、狩りをした獲物を血液ごと食べていました。

そうした食性から、自然と血液から適度な塩分を摂取することができていました。

そのため、塩分を感じ取る感覚はそれほど発達してこなかったようです。

犬はうま味を感じていない

犬の味覚の特徴として、うま味を感じることができないといわれています。

犬の味覚は、実際のところよくくわかっていない部分も多くあります。

しかし、味音痴というのは確かなようで、基本的には甘い、酸っぱい、苦いという要素だけで構成されています。

それでは、犬の旺盛な食欲はどこから来ているのでしょうか。

これは、やはり犬の嗅覚と大きな関連があります。

犬の食欲に働きかける感覚としては、嗅覚がもっとも優先されています。

続いて、食感、さらにその次に味覚という順位となっています。

こうしたことを知ると、犬にとって味は重要ではなく、匂いこそが最大のポイントだと改めて気付かされます。

犬の味覚は甘味と酸味がメイン

それほど重要視されていないような犬の味覚ですが、甘味と酸味はきちんとわかっています。

例えば、時々甘いお菓子やパンをあげると、もっと欲しいよいうような顔をしますよね。

肥満の原因になるので人間の食べ物を与えるのはよくありませんが、甘味には強く反応しています。

これは、果物なども食べることにより、進化の過程で雑食性を得てきたためだといわれています。

また、酸味に関しても、甘味ほどではありませんがある程度敏感に反応します。

そのため、犬はレモンなどの柑橘類はあまり好きではありません。

酸味は、食べ物の腐敗臭や味を判断するために役立っていました。

こうして紐解いてみると、味覚から野生での生活の片鱗を見て取ることができます。

犬の苦味の感じ方

人間の味覚の中で、苦味というのはどちらかというと鈍い感覚になります。

薬などを飲んだりするときに、口に入れてから苦いと感じるまでに少しのタイムラグがありますよね。

これは、苦味特有の感じ方です。

肉食動物は全般的に苦味を苦手としています。

もちろん犬も例外ではなく、苦いものは好みません。

しかし、この苦味の感じ方は人間と同じで、瞬時に判断することはできません。

もしかしたら、苦手だからこそ、強い感覚として感じないように鈍いままなのかもしれませんね。

そのため、洗剤や化学物質などの誤飲には注意する必要があります。

特に気を付けたいのは、散歩中に何かわからないものを舐めたり、食べたりしてしまうことです。

こうしたものをすぐに危険だと認識できないため、拾い食いには気を付けるようにしましょう。

犬の水分を感じ取る感覚

さて、最後に犬の味覚に特有の機能について触れておきます。

犬の味覚には、水分を感じ取ることができる機能があるといわれています。

具体的にいうと、水分ではなく、イオン濃度を感じているそうです。

これは人間にはない感覚ですので、なかなかピンときませんよね。

この部分は、いまだに多くの謎に包まれています。

しかし、こうした機能から、犬は水分を摂ることを控えるということがあります。

これは、食べ物の塩分と深い関わりを持っています。

そのため、「健康のために」と思い減塩食にすると、水分を控えてしまい脱水を起こすことがあります。

犬の味覚について知識を深めよう

犬の味の感じ方は、昔からの食性の名残りが多く残っている部分です。

同じものを食べても、人間とは感じ方が違うというのはなかなか面白いですよね。

愛犬にあげるドッグフードを試しに食べてみたことはありますか?

あまりの味気のなさに、どうしてそこまでがっつくのか不思議に感じたりすると思います。

ですが、こうした味覚の違いによって、味気のないドッグフードで犬にとってはじゅうぶん満足ようです。

犬の味覚ってどうなの?実は旨味は感じていないに関連するペット情報

動物関連記事(外部サイト)