水槽

【水槽の外部フィルター】仕組み・メリット・デメリットを理解しよう

最終更新日:2016年11月9日

水槽のフィルターの一つに、外部フィルターがあります。

この外部フィルターはどのような仕組みになっているのでしょうか。

またメリットやデメリットは具体的にどのようなことでしょうか。

外部フィルターの特徴をご紹介します。

1.外部フィルターの仕組み

外部フィルターは、水槽から少し離れた場所に設置して使用するフィルターです。

外部フィルターは密閉できる濾過槽の中に、濾材を入れて使用します。

濾過槽の上部にモーターが付いていて、水槽内の水を循環させてキレイにしていくという仕組みです。

濾過槽は水槽の下部に設置して使用する物がほとんどです。

そのため水槽の下部にキャビネットなどを置いて、その中に本体を入れて使用することができます。

上部フィルターなどのように、水槽に直接フィルターを設置するわけではありません。

そのためフィルター本体を隠すことで、見た目がすっきりして、水槽の周りのスペースも確保できるというメリットがあります。

2.濾過能力に優れている外部フィルター

外部フィルターのメリットとして、濾過能力に優れているといった点です。

濾過には生物濾過と物理濾過があります。

生物濾過はバクテリアが水槽内の有害物質を、分解してくれる濾過のことを言います。

それに対して物理濾過は、魚のフンや食べ残し、ゴミなどを除去してくれる働きのことを言います。

外部フィルターは物理濾過だけでなく、生物濾過にも力を発揮します。

他のフィルターよりも大きめで、濾過槽にはより多くの濾材を入れることができます。

そのためたくさんのバクテリアが入ることで、効果の高い生物濾過を期待することができます。

特に古代魚を飼育していたり、魚の数を多めに入れている水槽では、水質悪化が気になります。

外部フィルターは、このようなケースにオススメできるフィルターです。

3.水草の育成に向いている外部フィルター

外部フィルターは密閉されている構造になっているため、二酸化炭素が逃げにくいという特徴があります。

そのため様々な種類の水草を育成できる、というメリットがあります。

水草には様々な種類がありますが、中には二酸化炭素がある程度ないと育ちにくい水草もあります。

外部フィルターは二酸化炭素を添加したい場合でも、濾過槽の中で水が循環しても二酸化炭素が逃げていきません。

水草の種類を限定して選ばなくても良いのが魅力です。

上部フィルターは外部フィルターに近い濾過能力を持っていますが、どうしても二酸化炭素を逃がしやすいというデメリットがあります。

そのため魚の観賞とともに、水草の育成にも力を入れたいという人は、外部フィルターをオススメします。

4.外部フィルターは静音性に優れている

外部フィルターは静音性に優れているのも魅力の一つです。

上部フィルターは稼働している時に、水が下に落ちる音が気になることがあります。

それに比べて、外部フィルターはモーターの音がほとんど気になりません。

そのためアクアリウムを寝室で楽しみたい、という方にもオススメのフィルターです。

でも多少水の音が聞こえてくることもあるので、音に敏感な方は注意が必要です。

購入する前に、熱帯魚ショップなどに足を運んでみるのもコツです。

熱帯魚ショップなどで、取り付けられているフィルターの音を実際に聞いてみましょう。

また店員と相談してみるのも良い方法でしょう。

5.外部フィルターは値段が少々高め

外部フィルターは他のフィルターよりも、値段が少し高めというデメリットがあります。

外部フィルターの価格は、種類や店によって幅広いです。

7,000円前後で買える物もありますが、中には10,000円を超える物もあります。

同じく濾過能力に優れていると言われている上部フィルターは、3,000円から4,000円くらいで購入できるので、価格においてはデメリットになります。

でもその反面外部フィルターは、構造がシンプルなので耐久性に優れています。

故障したとしても、その部分だけ交換することもできます。

また外部フィルターの消費電力は100円もかからない程度なので、心配する必要はありません。

6.スペースの確保や設置に手間がかかるのがデメリット

外部フィルターは水槽の周りがすっきり見えるという反面、その分設置スペースを確保する必要があります。

水槽のサイズに合わせて、ある程度の幅や高さが必要になります。

外部フィルターは基本的に下部に設置するので、水槽台などを所持していない場合、見た目も考慮してあらかじめ購入する必要もでてきます。

また外部フィルターを設置する時は、他のフィルターよりも少し手間がかかります。

ホースを配管したり、フィルターまで水を運ぶ作業が必要になります。

楽に設置をすることができる外掛けフィルターなどに比べると、最初は面倒だと感じる方もいます。

外部フィルターの特徴をしっかりと理解しよう

外部フィルターは優れた濾過能力がありながら、水槽の周りがすっきり見える、といった様々なメリットがあります。

また静音性が高いのも魅力です。

でもその反面、値段が少し高めだったり設置に手間がかかる、といったデメリットもあります。

設置を検討する前に、外部フィルターの特徴をしっかりと理解しておくことが大切です。

「【水槽の外部フィルター】仕組み・メリット・デメリットを理解しよう」の関連記事

「【水槽の外部フィルター】仕組み・メリット・デメリットを理解しよう」と合わせて読みたい