犬に大根をあげる際の注意点。甲状腺障害やアレルギーに気をつけよう

最終更新日:2016年1月17日

犬は基本的に肉食動物なのですが、完全肉食動物である猫とは違い、ある程度は植物性のものを食べても栄養素を摂取できるようになっています。

このため、犬に与えられる野菜や果物は結構多いのですが、大根はどうなのでしょうか。

犬に大根を与えることの是非と、与える際の注意点についてご紹介します。


1.消化を助けてくれる働きがある

犬に大根を与えることは大丈夫なのかどうかについては、最初に答えを書いておきましょう。

与えること自体には全く問題が無いだけではなく、犬の体にとって色々なメリットがあるのです。

犬は基本的に肉食動物です。

奥歯を見ると、人間の犬歯のように先が尖っているのがその証拠です。

これは物を食べる際によく噛んで食べることが苦手で、あまり噛まずに丸呑みしてしまうということを意味しています。

犬の胃腸は人間よりも頑丈にできているとはいえ、丸呑みすればそれなりに消化器に負担がかかってしまいます。

大根にはアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼという酵素が含まれています。

アミラーゼは炭水化物、プロテアーゼはタンパク質、リパーゼは脂肪を分解してくれる酵素です。

つまり、犬が丸呑みした食べ物の消化を助けてくれる働きがあります。

これによって犬の消化器への負担を抑えることができ、長期にわたって健康を保つのに役立ってくれます。

犬に大根を与える場合、人間が普段食べている白い部分だけではなく、葉や皮といった人間があまり食べない部分でも与えることができます。

この部位にはビタミンAやカルシウムが多く含まれているため、犬の栄養バランスという点でもメリットになるのではないでしょうか。

ただ、葉や皮は大根の中では比較的食物繊維の多い部分になりますので、与える際には次のような注意点があることに留意しておいてください。


2.葉や皮を与えるときには加熱する

犬は基本的に肉食動物なので、腸が短くなっています。

人間のような雑食動物や、牛や馬のような草食動物は比較的腸が長く、これによって消化しにくい食物繊維に対応しているのです。

つまり、犬は食物繊維の消化は苦手だということになります。

上にも書きましたが、大根の歯や皮は食物繊維が豊富です。

これは生のまま与えた場合、ちゃんと消化できないということを意味しています。

消化を助けるために大根を摂取するのに、食物繊維によって消化を悪化させてしまっては本末転倒になってしまいます。

解決法は、細かく切ったうえで火を通してやることです。

消化を良くするために火を通すことはともかく、なぜ細かく切る必要があるのかといえば、上にも書きましたように犬は咀嚼が苦手だからです。

大きく切っていたのでは丸呑みしてしまい、胃腸に負担を与えて消化を悪化させてしまう可能性があるからです。

愛犬が丸呑みしても消化に支障が出ないように、ちゃんと小さく切ってあげるのが飼い主の心遣いというものではないでしょうか。

3.生のままなら「大根おろし」

大根の白い部分には消化酵素が含まれていますが、この酵素は加熱すると壊れてしまうという問題点があります。

このため、白い部分は生で与える方が良いということになります。

大根の白い部分は9割以上が水分で、食物繊維も100グラム当たり1.3グラムと少なめですので、加熱しなくても消化には基本的に問題はありません。

問題は、犬は咀嚼が苦手だということです。

生の大根はそれなりに硬いですので、噛まずに飲み込んでしまう犬にとっては、消化が負担になってしまうことは想像に難くありません。

ならば、食べやすくしてしまえば良いのです。

大根おろしならば全く噛まずに飲み込んでも消化に問題はありませんので、噛むのが苦手な犬にとってはオススメの調理法ではないでしょうか。


4.甲状腺障害やアレルギーがある個体は注意

大根はアブラナ科の植物ですが、アブラナ科の植物にはグルコシノレートという物質が含まれています。

これが体内でゴイトリンという物質に変化することによって、ヨウ素の取り込みを邪魔するようになるのです。

ヨウ素の摂取が邪魔されれば、甲状腺ホルモンを生成することができなくなってしまいます。

健康な犬でしたら、大根を少し与えるくらいなら大きな問題は生じないのですが、すでに甲状腺に障害がある個体の場合は、そうでなくても少ない甲状腺ホルモンがさらに減少してしまうため、体調悪化の原因になってしまいます。

甲状腺障害のある個体については、大根やブロッコリーなどアブラナ科の植物は禁物だと言って良いでしょう。

また、個体によっては大根アレルギーを持っているケースがあります。

そうした個体に大根を与えた場合、吐き気や下痢、湿疹などを発症し、体調を悪化させてしまいます。

そもそも犬に大根を与えるのは健康増進のためですから、大根を与えることによって体調を悪化させてしまっては本末転倒です。

アレルギーのある個体も、大根を与えるのは控えるべきです。

犬に大根をあげる時は注意しよう

大根は犬にとって色々なメリットがありますが、与える際には闇雲に与えるのではなく、気を付けて与えるべき食べ物です。

上記の注意点を守ったうえで、与えすぎにならない程度に与えていきましょう。

「犬に大根をあげる際の注意点。甲状腺障害やアレルギーに気をつけよう」の関連記事

「犬に大根をあげる際の注意点。甲状腺障害やアレルギーに気をつけよう」と合わせて読みたい