犬への氷のあげ方と注意点。犬に氷をあげて喜んでもらおう

最終更新日:2016年10月6日

夏場は当たり前のこと、犬はとても暑そうにしているものです。

一応、犬が自分自身で体温をコントロールは出来るだろうと思いつつ、何とかしてあげたくなるものです。

そこで、犬に少しでも涼しんでもらうために、氷をあげたくなったことはありませんか。

氷は、水から出来るものなので、あげても問題ないようように思えますが、冷たすぎてあげてもいいものか迷いどころです。

犬に氷をあげることが本当にいいものなのか。

そして、もしあげてもいいのならば、適切なあげ方とあげる際の注意するべきことを紹介します。

1.犬の体感温度は人間と違う

まずは、大前提として人間と犬の体感温度はまったく別物ということを述べておきます。

一緒に生活しているとつい意識から遠のきますが、犬の毛皮はとても厚いです。

おおよそ、人間より1段階上の暑さを感じていると考えてください。

夏の暑さでは人間の体感温度以上に暑さを感じているのはもちろん、冬場の暖房も犬にとっては暑過ぎたりすることがあります。

そして、この暑さを和らげるために、本来は水を飲むだけで十分であるものの、より冷たい氷をあげると喜んで食べる犬もいます。

人間と同じように、水に比べてより冷たい氷を食べることで瞬間的に体温を下げることが出来ます。


2.氷への反応は犬ごとの差が大きい

体温をすぐに下げてくれることは、とても有難いように思います。

しかし、そもそも氷を食べるか否かは、犬によってまったく違います。

氷を喜んで食べる犬もいれば、絶対に口にしようとしない犬など様々です。

また、中には氷を食べようとせずに遊びだす犬もいます。

これは、人間と同じで好みはそれぞれであることと同じで、冷たい食べものが好きな犬もいれば、冷たい食べ物が嫌いな犬っもいるということです。

始めに氷をあげようとしたした時に、あまり喜んでおらず口にしないようであれば、いくら犬が暑がっていたとしても無理にあげることは控えましょう。

3.犬にとって氷は毒にはならない

氷を喜んで食べる犬に、氷を与えることが安全なのかどうか。

結論としては、氷を食べることで犬の身体に悪いということはまったくありません。

当たり前のことですが、元々は、水を冷やして凍らせたものなので、食べること自体に問題は全くないです。

もし、喜んで食べるようであれば、氷を食べさせてあげてください。


4.下痢や嘔吐の危険性もある

氷を食べること自体に問題はないですが、氷という冷たい食べ物を食べることで、人間と同じように下痢をしてしまう可能性は犬にもあります。

これに関しては、あげる側の配慮が重要です。

もし氷をあげた後に下痢をしてしまった場合は、あげる量や頻度を調節することで、対応してください。

また、嘔吐してしまう場合は、下痢とはまた違った問題がありますので、極力氷をあげることを控えるのが得策です。

5.特に問題がなくてもあげ過ぎはNG

たくさんあげても特に下痢や嘔吐などをする様子がない場合でも、くれぐれも大量にあげることはしない方がいいです。

仮に氷をあげ過ぎると、体内の温度を上手く調節できなくなってしまう可能性があるからです。

人間の場合でも、冷たいものを食べ過ぎることで、身体が冷え切ってしまうことがあります。

犬も同様で、冷たい氷を頻繁に食べ過ぎてしまうことで、体内の温度を上手く調整できなくなってしまう危険性があります。

いくらどれだけ氷を食べても問題ないように見えていたとしても、あげ過ぎだけは禁物です。

あくまで、暑さに限界があるような時にあげる応急処置的な位置づけに設定しておくのがいいでしょう。


6.適度な大きさに砕いてあげる

あげ方についても、食べやすいように気をつけてあげましょう。

氷の塊でそのままあげてしまうと、それだけ体温が一気に下がってしまいます。

急激な体温の変化は、好ましくないので一度砕いた上で、少しずつ口に入れることが出来るようにしてあげましょう。

そのままあげた時には大きくて食べることが出来なかった犬も、小さくすることで食べることが出来るようになる可能性もあります。

7.普段飲む水に氷を入れて、水を冷やしてあげる

直接氷をあげるのではなく、水の中に氷を入れることで水を冷やしてあげる方法です。

この方法で氷をあげることで、急激な体温の変化を起こさずに、体温を下げてもらうことが出来ます。

暑い夏場などには、水は常温で放置しておくとすぐにぬるくなってしまうので、それを防ぐことにも繋がります。

特に、家を長時間空けてしまい、水を変えてあげることが出来ない時に、出かける前に水の中に氷を入れてあげると水の冷たさを維持できます。

犬の体調を見て臨機応変に判断しよう

犬に氷をあげる時のあげ方や注意点を紹介しましたが、あげる分には特に問題がないと言えます。

しかし、人間と同様に犬にも好き嫌いの差があることは忘れてはいけません。

また、人間と違い体内の変化も敏感です。

そして、氷を与えることは体温に急激な変化を与える可能性があるので、注意を払う必要があります。

氷を喜んで食べる場合でも、臨機応変にあげるようにしてください。

「犬への氷のあげ方と注意点。犬に氷をあげて喜んでもらおう」の関連記事

「犬への氷のあげ方と注意点。犬に氷をあげて喜んでもらおう」と合わせて読みたい