犬の名前を決める方法。素敵な名前にしてあげよう

最終更新日:2016年10月8日

犬を飼い始める時に飼い主がはじめにすること。

それは名前を決めることではないでしょうか?

これから迎える新しい家族への初めてのプレゼントですよね。

しかし、いざ名前を。と思ってもなかなか難しいもの。

名前を決めるための方法をご紹介します。

犬の名前の決め方

1.犬の見た目から名前を決める

この方法で決める方は多いのではないでしょうか。

例えば、白い毛並みが美しいからシロ。体に水玉の模様があるからブチ。

りりしい雰囲気から太郎。小さくてカワイイからチビ。

などなど、実際に犬を見た最初の印象や、見た目から想像したインスピレーションを元に名前を決めるのです。

犬の名付けでは悩み過ぎたり、家族で意見が割れてなかなか決まらないなど、よくあることです。

この方法は単純ですが、覚えやすかったり、その犬の特徴をおさえていたりと面白いと思います。

その子を見てピンとくる名前なら全員一致で決まるのではないでしょうか。


2.自分がなりたかった名前から決める

小さい頃から自分がこんな名前だったらな~って考えることありませんでしたか?

そんな名前を、自分の分身のような気持ちでつけてもいいですね。

また、子どもができたらつけたかった名前なども良いでしょう。

子どもの名前はつけたかった名前が必ずつけられるわけではありません。

苗字との兼ね合いや漢字の画数などでつけられる名前の選択肢は狭くなってしまいます。

つけたいと考えていた名前と合う性別のお子さんが生まれてくるとも限りません。

キラキラネームなどカワイイ名前も、世間的には受け入れてもらいにくいことが多いです。

そんな時に、もはや自分の子どもと変わらない、愛する飼い犬へつけてもいいですよね。

3.その時に流行っているものや歌から決める

この方法で名前を決めると犬が家族になった時のことを忘れないでしょう。

何年経っても、初めて家族になった時の気持ちを忘れず接することができるのではないでしょうか。

名前の由来になったものを見た時、その曲を聞いた時など、いつも愛犬の顔が頭を横切るはず。

将来、愛犬との絆が深まるエピソードの1番最初を飾ることになるでしょう。


4.犬の名前ランキングから決める

犬の名前ランキングが毎年発表されているのをご存じですか?

子どもの名前ランキングと同じように、その年につけられた犬の名前で多い順番からランキングになっているのです。

もしも、犬の名付けで悩んだ時に参考にしてみても良いでしょう。

男の子の犬、女の子の犬でそれぞれで今の流行りが分かります。

そこから、その子に合う名前を選んでもよし。

逆にオンリーワンを目指してカブらないようにするために利用してもよいかもしれません。

5.有名人の名前から決める

好きな有名人の名前から拝借する、なんてどうでしょう。

カワイイ愛犬に好きな有名人の名前で呼びかけるなんて素敵ですよね。

好きな歴史上の人物のいただく名前なんてのも良いでしょう。

フルネームで織田信長。マリーアントワネット。

なども変わっていて面白いです。

また、最近増えてきているのが好きなキャラクターの名前をつけるパターンです。

思い入れのある名前を愛犬にプレゼントする。

きっと愛犬も喜んでくれることでしょう。

そして、飼い主自信も呼ぶ度に愛着が沸いてくることでしょう。


6.好きな言葉を外国語に変換して決める

英語やフランス語、ラテン語など、好きな言葉を変換してみて、響きのよいものをつけるというのもおしゃれですね。

誰かに犬の名前に由来を聞かれた時にも、好きな言葉なら紹介しやすいでしょう。

例えば、海外で一般的な犬の名前として挙がるのがアムルです。

フランス語で愛情という意味だそうです。

犬への愛が伝わるとても素敵な名前ですよね。

響きも素敵です。

インスタグラムなどのSNSが世界的に普及している現代。

日本で飼われているペットが世界的に大人気になっています。

外国語の名前なら人気者の仲間入りができるかもしれません。

7.犬に決めてもらう

いくつか名前の候補を用意して、実際に犬に向かって呼びかけてみます。

どの名前に1番反応するでしょうか?

例えば、長い名前よりは短い名前の方が反応するかもしれません。

犬とっても聞き取りにくい発音の音があります。

よく言われているのは、母音のあ・う・おが聞き取りやすいとのことです。

しつけの時や、しっかりと犬を叱らないといけない場面でも、名前を呼ぶことになります。

犬がしっかりと聞き取れる名前がお互いにとってよいかもしれません。

このように、犬自信の反応を見て決めるのもいい方法ですよね。

犬の名前の決め方のヒント

いろいろな犬の名前の決め方をご紹介しました。

どんな名前でも、飼い主が心を込めてつけた名前ならいいと思います。

これから10年以上毎日呼ぶ名前なので、思い入れがあり呼びやすい名前がいいですね。

そして、その名前をたくさん呼んで、たくさん可愛がってあげてくださいね。

「犬の名前を決める方法。素敵な名前にしてあげよう」の関連記事

「犬の名前を決める方法。素敵な名前にしてあげよう」と合わせて読みたい