猫派な人の理由とは。犬よりも猫が良いという人の心理

最終更新日:2016年7月17日

人間社会に身近な存在となっている動物と言えば、犬、そして猫です。

愛玩動物としても代表的な動物たちですが、2016年、猫の飼育数が犬を逆転したとペットフード協会から公表されました。

確実に増えている猫派な人たちの理由をご紹介します。

1.猫は可愛い

ぴくぴくと触覚の様に動く耳、丸くキレイな猫眼、様々な色を持つさらりとした毛、しなやかな動きの尻尾、可愛い鳴き声、何よりも四足にある柔らかな肉球。

多くは野生の厳しい世界を生き抜く術から進化した特徴ですが、洗練された其の姿は正しく神が創造したのでは…とさえ言われる程です。

そして、ネコ科の中でも盛んに飼育されている家ネコの身体は、赤ちゃんと同じ程で人が容易に抱けるサイズですが、人が本能的に守ろうとする・可愛いと思うサイズとも言えますね。

この小さな体も、人気を博した理由なのでしょう。

可愛い魅力がたっぷり詰まった小さな体を持つ猫、人の心を打ち抜くには十分な理由になりますね。


2.猫はニオイがしない

獣の一種である猫ですが、獣特有のニオイはあまりしません。

猫が獲物を狩る際の方法は基本待ち伏せ型。

じっとその場にうずくまり、今か今かと獲物が来る瞬間を待っています。

自分の匂いで獲物に居場所がばれてしまわないよう、動物の中でも体臭は少なく進化したと言われています。

他に、自分の身体を舐める毛繕いという方法で常にキレイに保っていたり、猫が大好きな日向ぼっこによる殺菌効果もあるでしょう。

不快な臭いに敏感な人間にも、猫は一緒に暮らしやすい動物です。

時に、猫は甘い匂いがする、と言う人もいますが、その多くは洗濯物に使われる香料や柔軟剤の匂いが猫に移ったにすぎません。

見方を変えると、人間が使用する道具が、結果的に猫が良い匂いを放つ要因の一つにもなっているのです。

3.猫はツンデレ可愛い

猫の性格と言えば、自分勝手、わがまま、気紛れ、素っ気無い…などなど、忠実と言う言葉にはあまり縁が有りません。

勿論個体によって性格は様々ですが、名前を呼んでも素知らぬ顔をして目の前を通り過ぎてしまう経験、猫を飼っている人なら誰しもあるのでは?

ですが、何気なく新聞紙を広げると、何時の間にやってきた猫が新聞の上でどかっと横になったり。

パソコンをしていると、わざわざキーボードの上に座り込んで邪魔をする、などなど。

猫を構う事を諦めて別の事をしていると、いつの間にか邪魔をしにやって来ます。

「呼んでもそっちにはいかないけど、あたし以外に夢中にならないでよ」と言わんばかりのこのツンデレ的な性格に、顔を緩めながら溜息を零す人は多いでしょう。


4.猫は媚びない

猫の性格として中でも特筆すべきは、媚びないその姿勢です。

自分が撫でて欲しい時だけ撫でさせますが、撫でられたくない時はさっさと何処かへ行ってしまい、人間のご機嫌取りをする事は滅多にありません。

ご飯をあげても、飼い主の顔なんて一々伺いません。

さっさとご飯を平らげて何処かへ行ってしまいます。

気に入らないご飯が出て来た時には、匂いを嗅ぎ、すぐさまフンッと顔を背けて別の飯をくれと催促の声をあげます。

仕方なく猫のお気に入りのご飯を出すと、矢張り飼い主の顔を見向きもせずにガツガツ食べ始めます。

空腹が満たされたら、やはりさっさと何処かへ行ってしまいます。

或いは、お気に入りのご飯が出てくるまで可愛らしく鳴いて、ご飯が出たら真顔で完食。

その後は前述の通りです。

媚びも何も無い、まるで王様の様な振る舞いに、猫好きな人は今日も悶絶している事でしょう。

5.猫は手が掛からない

猫が好きと言う人の中には、犬と比較して散歩をさせなくて良いという理由で好きだという人もいます。

犬は毎日散歩をさせてあげるのが、彼らの健康にとっても必須です。

ところが猫と言う生き物は、猫の語源から来たと言われる「寝る子」の文字通り、日がな一日寝ている姿が多いです。

これは野生時代の名残として、猫が夜行性であり、夜の狩りのために体力を温存する事に起因しています。

外飼いの子もいますが、猫は家につくなんて言葉もある様に、外へ出ても自分で帰ってくるので、やはり手が掛かりません。

若い人の一人暮らしでも猫を飼育する人は少なくない現代社会、手が掛からないのは重要なステータスでもあります。


6.猫は柔軟な身体を持っている

猫を抱っこした時の柔らかい感触、初めて抱っこした人は驚くのではないでしょうか。

形容しがたいこのくにゃくにゃとした抱き心地は、特徴的な骨格に由来します。

人間や犬等の背骨は硬い靭帯で骨同士が繋がっているのに対し、猫の背骨は筋肉のお陰でゆるやかに繋がっています。

加えて、骨の数が人間と比べると、40本も多いのです。

身体能力の高さは、骨格からなる優れた柔軟性に支えられています。

体長の何倍もの高さのある棚へ登れたり、高い場所から落ちても無事と言うエピソードはとても有名ですね。

そして「そんな変な恰好で寝て痛くないの?」と言いたくなるようなアクロバティックな恰好で眠る姿も、可愛らしい猫の魅力の一つと言えましょう。

好みは人それぞれ、個性も猫それぞれ

世の中に色んな人がいるように、色んな猫がいます。

近年では猫の交配が盛んに行われ、長毛や短毛、丸い耳や尖った耳、様々な姿をした猫が誕生しています。

性格や習慣なども、猫の数に比例して上記に当てはまらない個性を持った猫もたくさんいる事でしょう。

猫の魅力と言うものは、いくら言葉で並べ立てても語り尽くせないものがあります。

猫派な人もそうでない人も、たくさんの猫達と触れあって、たくさんの魅力を探してみてくださいね。

「猫派な人の理由とは。犬よりも猫が良いという人の心理」の関連記事

「猫派な人の理由とは。犬よりも猫が良いという人の心理」と合わせて読みたい