猫が手をなめてくる時の心理とは。猫の気持ちを知ろう

最終更新日:2016年10月6日

猫という生き物は人への警戒心が強いと言われています。

あまり人には興味がなさそうで、自由気ままに見えることもありますよね。

そんな猫でも、優しくペロッと手を舐めてくれたりすることがあります。

時々、まるでじゃれあうように、ずっと指を舐めたりしてくれることもあったりします。

こうした手を舐めるという猫の行動の裏には、どんな心理が隠れているのでしょうか。

1.飼い主への信頼や愛情の表現

仕事から帰って家に帰ってくるなり、お迎えと同時にペロペロと手を舐めたりすることがあります。

意外に真剣な眼差しで舐めるので、ちょっとびっくりしてしまうこともあります。

これは手のにおいを嗅いだりして、飼い主さんかをどうかを確認する大切な作業のようです。

飼い主さんに他の猫や変なにおいが付いていないかを確かめているそうです。

こうした行為は、猫の信頼や愛情の表現のひとつです。

手を舐めてくれるようなことは、猫との距離が近く、仲間だと認めてくれないとなかなかしてくれるものではありません。

ご存知のように、猫は警戒心が強いので、初対面の人にはなかなか近付こうとしません。

自分からこうやって手を舐めてくれるのは、心を開いてくれている何よりの証拠です。


2.手を舐めることで、においを消している

嗅覚が優れているペットといえば、犬がパッと思いつきますよね。

しかし、猫も同じようににおいには敏感な動物です。

飼い主さんにいつもと違うにおいがしたり、気に入らないにおいが付いていないか確認するようです。

そうした時に、手を舐めてにおいを消したり、自分のにおいをつけていたりします。

こういう場合には、わりとペロペロとしつこく舐めてきたりします。

場合によっては、指がベトベトになるまで舐めてくることもあったりします。

しかし、これも言ってみれば信頼していることの裏返しです。

飼い主さんを「自分の大切なもの」と思ってくれているということなのでしょう。

3.グルーミングのつもりで手を舐める

猫が自分で毛繕いしていたり、他の猫同士でを毛繕いしている光景は誰でも見たことがあるのではないでしょうか。

たくさんの猫を飼っていると、仲の良い猫同士では、よくこうやって毛繕いをします。

特にメス猫同士だと、一日中お互いにペロペロしていたりすることもあります。

それくらい、猫は日常的にペロペロと体を舐めて毛繕いする習慣があります。

この毛繕いと同じような感覚で、飼い主さんの手を舐めていることもあります。

手が舐めやすいのか、それとも別の理由があるのかははっきりとはわかりません。

しかし、毛繕いをするように熱心に舐めてくれるのは、やはり仲が良く、仲間だと認めてくれているという証拠です。

猫の親切心に、優しい気持ちで付き合ってあげてもいいのかもしれませんね。


4.かまってほしくて手を舐める

今までに紹介した親しさや愛情の表現以外にも、甘えたくてペロペロと舐めてくることがあります。

もちろん、これも猫が飼い主さんに心を開いているからこその行為です。

手以外にも、例えば寝ている時に顔を舐めてきたりすることもあります。

戯れているつもりで甘噛みをしてきたり、ゴロゴロと喉を鳴らしたりしたら、甘えているサインでしょう。

こういうわかりやすい「かまってほしいアピール」をすることもあります。

寝ているところを邪魔されるのは困ったものですが、猫だって寂しいときはあるのでしょう。

しかし、あまり甘やかすのも良くないので、ほどほどにかまってあげるようにしましょう。

「舐めると遊んでくれる」と思ってしまうと、どんどん甘えん坊になってしまう可能性があります。

5.人を舐めるのは猫の気持ちの表現

猫はなかなか警戒心が強く、知らない人には距離を置こうとします。

その反面、飼い主さんへの信頼や愛情が大きくなると、いろいろとじゃれてきてくれるようになります。

こうした指や手を舐めるのも、きちんと猫に存在を認められてこそです。

そうした猫の気持ちを、素直に嬉しく思いたいものですね。

手を舐めてくるのは、猫からの愛情表現の一つです。

特に心配したり、マイナスになるようなことはどうやらません。

親しみを込めて舐めたり毛繕いをしてくれていると思って、付き合ってあげるようにしましょう。

舐め方にもいろいろと個性があるので、観察してみるのも面白いかもしれませんね。

手を舐めてくる猫の心理を知ろう

猫が手を舐めてくれるというのは、大きな意味での愛情表現のようです。

信頼してくれていたり、親しみを持ってくれている証拠と知ると、なんだか嬉しくなりますよね。

まるでグルーミングをしているかのような素振りも、どうやら動物本来の習性から来ているのでしょう。

自分以外のにおいを消したり、逆に自分のにおいをつけることで安心感を得ようとしているというのも、なんとなく納得できますよね。

あまりにもベタベタに舐められてしまうのも困りますが、なんとも可愛らしい気持ちの表現の仕方です。

こうした可愛い仕草に、私たちからもしっかりと愛情やお礼を伝えてあげたいものですね。

「猫が手をなめてくる時の心理とは。猫の気持ちを知ろう」の関連記事

「猫が手をなめてくる時の心理とは。猫の気持ちを知ろう」と合わせて読みたい