ポメラニアンの価格はどの位か

ポメラニアンの価格は10万円から30万円。高いポメラニアンは数百万円することも

最終更新日:2015年11月25日

ふわふわの毛並みとくりっとしたお目目で大人気のポメラニアンですが、血統や、毛色、顔つき、体格によってその値段には幅があります。

それでは、そんな人気のポメラニアンの価格はどのくらいなのでしょうか?

1.一般的な毛色の子の価格は10~30万円くらい

ポメラニアンには様々な毛色の子がいます。

白、クリーム、オレンジが一般的で、黒やチョコレート・セーブルなどレアな毛色の子も存在します。

レアなセーブルと人気の白やクリームがミックスされたパーティーカラーなどは、とても高価になります。

珍しいので注目されますし、その後繁殖させる場合などにも、子供が高値になるケースが多いのも人気の要因です。

レアな毛色の子は当然価格も高めになっています。

最近は、白やクリームなど淡い色合いの子が人気の傾向にあり、一般的なオレンジの毛色の子に比べて数万円単位で高めの値段がつけられている傾向にあります。

平均的には10~30万円くらいの子をペットショップで多く見かけます。

最多価格帯は10万円~20万円くらいです。

同じくらいの誕生日の子犬で値段に差がある場合はその理由を尋ねてみると、色がその理由としてあげられるケースが案外多く見られます。


2.両親の血統が良ければ、数百万円の値がつくものも

ポメラニアンの購入時には血統書がつきます。

家族の一員として迎え入れるにあたり、飼い主はできればよい血統のものを求めたいと思うものです。

そのため両親がドッグショーで入賞していたりすると当然その価格も高くなります。

父犬、母犬ともに入賞犬の場合は数十万から、時には数百万円レベルにまで跳ね上がる子もいます。

3.標準的な体格や体重の子が平均価格の10~20万円くらい

ポメラニアンの体格は一般的な平均値があります。

体重が1.9-3.5キロ、体高が13-28センチくらいです。

両親がこの範囲内におさまる体格の場合、その子犬の人気も高くなります。

ポメラニアンはもともとスピッツが原種であるため、遺伝によっては大きめの体格になる場合もあります。

大きめの子は標準的な子の2倍ほどの大きさにまで成長することもあります。

大きい子は価格が抑えめになる傾向にあり、小さめの子の方が人気で高値になっています。


4.ブリーダーから直接買う方がペットショップよりは安い

ペットショップで目があった、可愛いポメラニアンの子犬を愛犬として迎え入れる方も多いのですが、ペットショップで販売される際の価格にはブリーダーからの買値に、人権費や施設費・餌台・広告費等の費用を上乗せしたものになっています。

ブリーダーが遠距離の場合には、搬送する際の費用等も当然かかります。

直接購入と、ペットショップ購入では同じ犬主で昔はネットが普及していませんでしたので、購入はペットショプでするか知り合いのつてを利用するなどするしか手段がなかったのですが、今はネット上でブリーダーの情報や、子犬の出産状況なども逐一確認することができます。

動画や詳細の写真で顔つきや体格の確認も可能です。

信頼できそうなブリーダーを見つけることが出来た場合は、ネットで連絡をして購入するというのもよいでしょう。

ただし迎え入れてから返品することはできない場合が多いです。

可能な限りブリーダーの元に直接足を運んでその子を実際に見て決めるのがよいでしょう。

5.生後90日で価格が下がり10万円をきることも

ペットショップに子犬を見に行った時に、生後の日数が実は価格の変動ポイントとなっています。

気になる子がいて何度か通って見ているうちに価格が下がってきた、なんてことはよくあることです。

一般的に生後60日を過ぎると、その価格は一気に下がる傾向が見られます。

生後30日前後の時に30~40万円くらいで販売されていた子が、生後90日にもなると10万円を切った価格で販売されていたりもします。

値段が下がるのを待っているうちに他の飼い主さんがお迎えしてしまうという場合もあるので、一目惚れした子がいたらその買い時も悩みどころです。


6.購入後にかかる費用も念頭に

ポメラニアンはふわふわの毛並みが魅力の長毛種です。

その為、自宅に迎え入れた後は定期的にトリミングをする必要があります。

まめな方だと月に一回ほど、最低でも3ヶ月おきくらいにはつれていかないと伸びきった毛が大変な状態になってしまいます。

トリミングの費用は連れて行くお店の施術内容にもよりますが、5,000円から10,000円くらい一回にかかります。

ポメラニアンのカットは数種類のサロンの平均で、5,000円前後のところが多いです。

また、毎月の餌代や、ワクチン、フィラリア予防薬の投与、年に一度の狂犬病予防、病気の際の病院代(動物は保険適用外なので場合によってはかなりの高額になります)などがかかってきます。

ポメラニアン本体の価格にあわせて、これらの費用の捻出も可能かどうかを家族でよく考えた上での購入が必要です。

また、繁殖を希望しない場合には去勢手術も行うこととなりこちらも数万円の費用がかかります。

病気になったからといって迎えいれた子を投げ出す訳にはいきませんので、お迎えの際にはこれらもしっかりと念頭に入れる必要があります。

ポメラニアンの価格を知っておこう

愛くるしい表情でフワフワのぬいぐるみのように可愛いポメラニアンなので、そばにいるだけでとても癒され、家族を幸せでいっぱいにしてくれます。

人懐っこくて飼いやすい犬種です。

購入する際にはまず自分なりの優先順位を決めて(色や血統・大きさや値段)、時間に余裕があるのであればそれをペットショプやブリーダーにあらかじめつたえておいて、希望通りの子が生まれたら連絡をもらうようにするのも良い方法です。

また、ネット上での相場と、自分が住んでいる地域の相場は違う場合もあります。

もし可能な環境にある方は、是非お近くの複数のペットショップに足を運んで、たくさんのポメラニアンを見てみましょう。

たくさん見ているうちに、その地域における適正価格もわかってきます。

「ポメラニアンの価格は10万円から30万円。高いポメラニアンは数百万円することも」の関連記事

「ポメラニアンの価格は10万円から30万円。高いポメラニアンは数百万円することも」と合わせて読みたい