リスザルの性格とは。価格や飼う際のポイントも

最終更新日:2016年3月5日

皆さんも動物園やテレビで一度は見たことのあるリスザル。

クリクリした愛らしい目で動き回る姿には思わずキュンとしてしまいますよね。

「家で飼えるサル」としても近年注目されているリスザルですが、興味はあっても詳しいことまでは…という方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなリスザルの性格や価格などをご紹介します。


1.人に懐きやすい寂しがり

人間と同様に感情豊かでリスザルですが、基本的には人懐こい性格をしています。

また穏やかでおとなしいため、威嚇行動を取ることも少ないと言われており、サルの中では飼いやすい種類とされています。

通常のリスザルは2~5頭ほどのオスとその家族の数十頭で群れをつくり生活をしていますが、食べ物が豊富なところにそれぞれの群れが集まってくるため、トータルでは100~300頭前後の集団となります。

そのため群集性が強く、1匹にしておくとストレスが溜まり死んでしまうと言われるほどの寂しがり屋です。

ですので、一緒にいてあげられる時間をとれるようにしましょう。


2.遊ぶことが大好き

嗅覚・聴覚に優れ、前述した通りの人懐こさがあるので、飼い主のにおい・声を少しずつ認識してくれるようになります。

そのため慣れてくると手から直接おやつを食べてくれたり、小動物用のリードをつけて散歩をすることができたりするようになります。

外に連れていく際には、慣れていない人に出会ったり、普段と異なる環境に驚いて興奮することもあるので十分に注意することが必要です。

また、手で掴めるオモチャで遊ぶことも大好きなので、1日に1時間程度の時間をつくり、一緒に遊んであげることが大切です。

その他、木の枝をうまく設置してあげるとリスザルが安心感を得ることができます。

あまり大きなサイズは必要なく、大型のオウムなどが使用する止まり木でも代用できるので、できれば設置してあげましょう。

3.いたずら好き

遊ぶことが好きな反面で、いたずらも大好きです。

エアコンの吹き出し口に手を入れたり、家電製品の隙間にフルーツを隠したりすることがあります。

リスザルのみでなく飼い主までも怪我をしないように、危険と思われる場所には柵を取り付けるなどの対策が必要です。

またアクセサリーやメガネ・サングラスなども飲み込んでしまったり、割ってしまったりすると危険ですので、リスザルの手の届くところに置いておかないようにしましょう。

リスザルがいたずらをして困る場合には、毅然とした態度で叱りましょう。

短い言葉ですぐに叱ることで、これは悪いことなのだと認識するようになります。

個体差があるのですぐには覚えられない子もいますが、焦らずに何度も繰り返し言い聞かせてあげましょう。


4.リスザルの購入方法や価格相場

リスザルのブリーダーは極めて少ないので、大型のペットショップやネットショップへの問い合わせが必要になります。

哺乳類の販売は対面での説明が法律で定められているため、ネット上のみでの購入はできません。

購入の際には販売元に足を運ぶことになるので、購入場所にも注意が必要です。

リスザルで主に流通している種類は、黄と茶の毛色が特徴のコモンリスザルです。

気になる価格ですが、およそ40~60万円前後で販売されています。

ペアになると90万円ほどです。

犬や猫に比べて珍しいので高額になる傾向があります。

コモンリスザルと異なる種類ですと、頭と口の周りが黒い毛色をしたボリビアリスザルがいます。

この種類はコモンリスザルに比べて希少のため、動物園でも人気がありますが、価格は40~60万円と大差はありません。


4.リスザルが家にやってきたら

部屋で飼育する場合、ゲージが必要になります。

体は小さいリスザルですが、動き回ることが大好きなので、高さのある大型のゲージが必要です。

こちらも大型のオウムが使用するゲージで代用ができ、価格は1万円~2万円ほどです。

トイレのしつけはできないので、ペットシーツなどにおいを吸収し、交換できるものを敷いておくと便利です。

リスザルは寒さにも暑さにも弱いので、夏や冬にはエアコンやヒーターの設置が必要になります。

初期費用として10万円ほど用意しておきましょう。

また、リスザルは人に影響のある様々なウイルスを持っている可能性があるので、ワクチンの接種が必要になります。

購入の際にはワクチン接種の有無を確認しておきましょう。

また健診を受ける必要性もあるので、かかりつけの病院を見つけておかなくてはなりません。

リスザルの診察が可能か希望の動物病院に問い合わせておき、不安や心配事があればすぐに相談できるようにしておくと安心です。

リスザルを飼ってみよう

リスザルは愛嬌のある顔に人懐こい、とても可愛い動物です。

リスザルと過ごす毎日はきっと楽しくなることでしょう。

しかしそんなリスザルたちも人間と同様に、神経質な子や気難しい子など性格は様々です。

慣れるまでの時間にも個体差がありますが、愛情をもって焦ることなく気長に接してあげれば必ずあなたに応えてくれますよ。

「リスザルの性格とは。価格や飼う際のポイントも」の関連記事

「リスザルの性格とは。価格や飼う際のポイントも」と合わせて読みたい