マイクロブタ

マイクロブタってどんな子?値段・寿命・大きさ・特徴など

最終更新日:2016年10月25日

以前、日本でもミニブタをペットとして飼うことが流行りました。

しかし、今はミニブタよりも小さなブタがいます。

主にイギリスで販売されていて、セレブに大人気のマイクロブタを知っていますか?

日本ではまだペットとしての流通はありませんが、どのような豚なのでしょうか。

1.マイクロブタの特徴

マイクロブタとは突然変異種の超小型個体から繁殖された小さなブタで、別名マイクロピッグ・ティーカップピッグ・ピグミーピッグとも呼ばれています。

キレイ好きで鳴き声も少ないため近所迷惑になりにくく、人にもとてもよく懐くため飼いやすいと言われています。

非常に高度な知能を持っていて、それは犬と同等、もしくは3歳の子どもと同等と言われています。

自分の名前を理解し、しつけることによりトイレも決まった場所で行います。

視力が弱いため嗅覚が発達していて、食事や排泄の場所などは匂いで記憶し、寝床から離れた部屋の隅などで排泄を行います。

食事もキレイに食べます。

ブタは汚いというイメージがありますが、本来はとても清潔好きです。

しかし、力が強いので、家の壁やドア、家具などを壊してしまうことがあります。


2.マイクロブタの大きさ・寿命

通常の豚は成体で300キロ、ミニブタは40~60キロになりますがエサや環境により100キロまで大きくなるものもいます。

しかし、マイクロブタはミニブタよりも小さく、大人になっても18~40キロしかありません。

なんと、生まれたときは250グラムほどです。

手の平に乗せることもできます。

2歳で大人になり成長が止まるため、体調は約40~60センチくらいにしかなりません。

しかし、エサを与えすぎると、ミニブタと同様にかなり大きくなってしまいます。

60キロ以上まで成長してしまった例もあるので、適量を考えながらエサを与える必要があります。

猫や犬などのペットフードや人の食事の食べ残しなども食べてしまうので、与えるエサ以外の食べ物を自力で食べられないようにする工夫をした方が良いでしょう。

寿命は15年ほどで、長く生きる場合は18年とも言われ、ペットの中では長生きな方です。

ちなみに犬は大型犬より小型犬の方が寿命が長く、チワワで13年、ポメラニアンで15年と言われています。

3.マイクロブタの飼育

犬や猫の場合、アレルギーの問題があるため飼いたくても飼えない人が大勢いると思われますが、豚の場合は全身が長い毛に覆われておらず、皮膚や体毛の質が人間に似ていることもあり、アレルギーを起こしにくいと言われているため、あまり心配する必要がありません。

アレルギーがある人でも飼えるため、そのような人に人気があります。(全てのアレルギー体質の人に対して問題ないというわけではありません。)

また、本来ブタは群れで行動する動物なので、すぐに退屈してしまします。

飼い主が相手をしてあげる、庭を持っていて自由に歩き回れるなどの環境を作るなどを必要があります。

海外では同様の理由で、2匹1組で販売している方もいますし、基本的に2頭同時に飼育することをオススメしています。

そして、飼い主ではどうすることもできないのが、病気になった場合です。

一般的にペットとして飼われていないため、対応してくれる動物病院が少ないという欠点があります。

飼育を始める前に対応してくれる動物病院を探しておけば安心です。

ただし、ブタを対象としたペット保険は現時点ではないと思われるため、金銭面で負担が大きくなる場合があります。

しつけに関しては、犬と同じように叱る時にはすぐに叱らないといけません。

後で叱っても、何をしたかを忘れているため、叱られた意味を理解できません、。

また、褒めることに重点をおいてしつけを行うようにしましょう。


4.マイクロブタの値段

ミニブタは7万円から購入でき、ブリーダーさんなどから直接購入する場合は5万円程度になります。

それに比べてマイクロブタは海外で3万円~10万円と言われています。

また、マイクロブタは実験動物として突然変異種の超小型個体から系統が確立されたものですが、まだ系統として安定していないため大型に成長する場合もあり、供給が不安定になる時期があります。

現時点では日本国内のペットショップでは販売されていません。

ただし、牧場などで飼育されているマイクロブタがいるため、一部の牧場などでは販売しているところもあり、その場合の販売価格は8万円ほどになります。

長く人気者のマイクロブタ

大きさも表情もとても可愛いマイクロブタですが、日本でのペットとしての流通は現在のところありません。

日本ではブタをペットとして認識している人は少ないと思いますが、以前は小さいと謳われたミニブタが流行となりました。

しかし、成長すると思ったよりも大きくなることで流行もなくなってしまいました。

車は小型車、犬も小型犬を買う人が増えた日本でも、多少食の管理は必要だとしてもミニブタよりも小さなマイクロブタなら人気が長く続くかもしれません。

「マイクロブタってどんな子?値段・寿命・大きさ・特徴など」の関連記事

「マイクロブタってどんな子?値段・寿命・大きさ・特徴など」と合わせて読みたい