サバトラの性格は人懐っこいか警戒心が強いかの両極端

最終更新日:2016年11月4日

黒猫、白猫、トラ猫、三毛猫と、日本の猫はよく体の色や柄で呼ばれることがあります。

そうした見た目での呼び方の一つであるサバトラ。

一体サバトラはどんな性格をしているのでしょうか。

その性格と、関係の深い生い立ちについてまとめてみました。

1.サバトラとは

日本猫の中でも、グレーや白地に黒い縞模様のある猫をサバトラと呼びます。

一般的にトラ猫というと「こんな感じかな?」と思う浮かぶ模様がありますよね。

この模様のことをタビーと呼びますが、サバトラはトラ猫の色違いにあたります。

サバトラの中には、全身すべてが縞模様ではなく、お腹が白い猫や、まだら模様になっているものもあります。

というのも、サバトラというのは正式な猫の品種名ではありません。

そのため、猫一匹一匹で柄も違えば、個性もまた違ってくるのです。


2.性格は両極端などちらか

サバトラは血統で管理されている猫の呼び方とは異なります。

一概に「サバトラといえばこういう性格」という風にひっくるめていうのは難しい部分があります。

しかし、古くから飼い猫として親しまれており、日本ではおなじみの猫の一つです。

ですので、ある程度共通する性格や特徴もあったりします。

サバトラに関しては、人懐っこいやんちゃタイプか、警戒心の強い野生タイプの両極端に分かれることが多くなります。

それでは、それぞれの性格についてもう少し詳しく見てみましょう。

3.サバトラは活発で人懐っこい

サバトラでよく言われる性格としては、とても人懐っこく、愛嬌があると言われています。

飼い主によく懐いて、構ってアピールをするような甘えん坊になります。

他の猫に例えると、見た目もよく似ているアメリカンショートヘアなどが近いでしょう。

ペットとしてはとても優秀で、賢く飼いやすい猫だと言えます。

こうした性格の子は、わりとマイペースで気分屋な子だったりする一面も持っています。

自分から近付いてくるくせに、抱っこは嫌がったりすることもあったりします。

こういうのは、一言でまとめるとツンデレと言えるんじゃないでしょうか。

猫という動物で連想するイメージに近い性格を持ち合わせています。


4.サバトラは慎重で警戒心が強い

もう一つ、先ほどとは正反対に警戒心が強いタイプの子も少なくありません。

激しく人見知りをしたり、大きな音にびっくりして隠れてしまうような小心者です。

または、そうした臆病さを隠すために、引っ掻いたりする強気な面も持っています。

飼い主との信頼関係を築くまでに時間や根気を要するタイプの性格です。

しかし、こうした子は懐くと飼い主に忠実で献身的になることも多くあります。

手がかかる子が可愛いと思えたりする典型的なタイプなのかもしれません。

いい意味で野生の猫の性質を多く引き継いでいるような印象を与えます。

必要以上にベタベタせず、距離感や素っ気なさが魅力ではないでしょうか。

5.サバトラの性格の違いはどこから?

猫の多くは、その血統や繁殖の背景から、ある程度共通する性格というものがあります。

サバトラには、上記で説明した通り、相反する性格を持っている子がいます。

この性格の違いはどこから来るのでしょうか。

考えられる理由としては、正式な品種ではなく、さまざまは猫との交配がされている点が大きく関わっています。

イエ猫の祖先であるヤマ猫は、もともと赤茶色の目立たない外見をしていました。

ときには雉色とも言われ、いまでも茶褐色の縞模様のある猫をキジトラと呼んだりします。

この雉とは雉の雌のことを意味していて、雄とはまったく違う地味な色をしています。

こうした、もともとのヤマ猫の性格に似たものは、警戒心が高く懐きにくい性格です。

しかし、交配により白やグレーの色になった猫は、目立つため人に懐いて外敵から守ろうとしたのではないかと言われています。

サバトラの性格が両極端になるのは、こうした生い立ちが大きな影響を与えています。


6.どんな性格かは飼い方次第

結局のところ、サバトラだからこういう性格になるというものではありません。

どんな猫にも個性があるし、いっしょに暮らす飼い主によって、伸びる特徴も違ってきます。

現在のイエ猫の基本的な性格としては、飼い主にはよく懐いてくれるものがほとんどです。

好みはあれど、育てやすい育てにくいは飼い主の飼い方次第と言えるでしょう。

子猫から飼育する機会があれば、早いうちに飼い主と信頼関係を築くのが何よりです。

そうすることで社会性も育ち、人や他の動物にも友好的な性格の猫になあります。

自由きままで好きなように見える猫も、しっかりと飼い主のことは見ています。

ちゃんと手をかけて育ててあげることで、新たな性格というのも見つかるでしょう。

サバトラの性格を知ろう

サバトラは、どことなくその色や柄が上品な雰囲気で、可愛さも備えていますよね。

サバトラといっても、猫によって縞模様や柄の入り方はまちまちです。

当然のことではありますが、それぞれの猫の個性であり、性格も大きく違ってきます。

両極端な性格に分かれると言われていますが、それぞれに魅力的な部分があり、可愛い猫だということは変わりません。

一匹一匹で違った性格を楽しめるというのも、サバトラの魅力なのかもしれません。

「サバトラの性格は人懐っこいか警戒心が強いかの両極端」の関連記事

「サバトラの性格は人懐っこいか警戒心が強いかの両極端」と合わせて読みたい