初心者でも育てやすい水草。熱帯魚水槽に水草を植えよう

最終更新日:2016年4月7日

水槽のレイアウトとして一番最初に思い浮かぶのは「水草」ですよね。

水草を植えると、水槽の見栄えが良くなるだけでなく、飼育している熱帯魚にも良い影響を与えます。

一口に水草と言っても種類は様々ですが、ここでは初心者向けの育て易い種類をご紹介します。

1.アナカリス

アクアリウム初心者向けの水草の代表とも言えるのが、この「アナカリス」です。

別名を「オオカナダモ」「金魚草」とも言われ、金魚を飼育する際にセットで育てる人も多い品種です。

アナカリスをオススメする理由はは、どんな環境にも適応できると言われる程に生命力が強い事にあります。

燃費が非常に良く、水槽内の栄養が少なくても逞しく育っていってくれます。

また多くの水草は、育成にライトが必要ですが、アナカリスは部屋が明るければライトなどを特に必要としません。

最悪何もせずに放ったらかして置いても、勝手に成長していく位強い水草です。

入手も簡単で、ホームセンター等で安価に購入が可能です。

唯一欠点を挙げるとするなら、成長が早い為、定期的なトリミングを必要とする位です。

初心者で水草を育てたいと言う方には、まずアナカリスをオススメします。


2.アヌビアス・ナナ

初心者向きの水草として、必ずと言って良い程紹介される水草です。

水草を扱っているアクアリウムショップならば、まず置いてあります。

アヌビアス・ナナは強い光が無くとも育成でき、CO2の添加もしなくて良いので、世話が非常に楽な水草です。

また葉が大きくて見栄えも良いので、レイアウトもし易く、成長も遅いので育ち過ぎて水槽内を圧迫する事もほとんどありません。

水質にもうるさくないので、基本的にほとんどの水槽に適応できます。

葉が大きいので、コケが付き易いと言う欠点もありますが、丈夫で世話もし易く、見た目も華やかなアヌアビス・ナナは初心者にオススメの水草です。

3.リシア

元々は浮き草であるリシアもまた、初心者向けの育て易い水草です。

リシアは熱帯魚が飼育できる環境ならば、どんな水質の水槽でも育成可能と言われる程生命力が強いです。

また、そんなに多くの光を必要とはしませんが、光の多い良好な育成環境ならば、盛んに光合成をして酸素を出します。

その為、リシアはボトル・アクアリウム等のろ過器を使わないアクアリウムにも向いています。

葉の先に出来た沢山の気泡が光を反射する様はとても美しく、水槽の底に植えると非常に見栄えが良くなります。

リシアはコケの仲間ですので、水草と言うよりはコケを育てる環境にした方が育成はし易いでしょう。


4.アマゾンソード

アヌビアス・ナナと並んで、初心者向け水草の代表格と言える水草です。

アヌビアス・ナナ同様に強い光が無くとも育成が可能で、CO2の添加も必要としません。

非常に強く丈夫で、見栄えもするので、アクアリウム入門種の水草とも言われるくらいです。

しかし、反面、植え替えには弱く、それが原因で枯れてしまう事もありますので、植える際には良く場所を選んで植えるようにして下さい。

また成長速度はそんなに早くはありませんが、成長するとかなり大きくなります。

アマゾンソードを植える際には水槽の大きさや、成長後の事を考えたレイアウトをするようにしましょう。

5.バリスネリア

バリスネリアもまた、アクアリウム入門種と言われる初心者向け水草です。

細長い葉が美しい水草で、アヌビアス・ナナ、アマゾンソードと同様に強い光やCO2の添加を必要としません。

バリスネリア類の水草は総じて非常に丈夫な為、滅多な事ではまず枯れる事は無いと言います。

また30㎝水槽などの小型水槽でも育成が出来るので、手軽にアクアリウムを始めたい方にも向いています。

バリスネリアの仲間で、葉に捻じれがある「スクリュー・バリスネリア」という品種は強い光のある環境で育てると、より強い捻じれが生じて、とても見栄えが良くなります。

こちらも非常に育てやすい種類の水草ですので、好みに合わせて使い分けては如何でしょうか。


6.ハイグロフィラ

ハイグロフィラは有茎性の水草で、熱帯魚が飼育できる環境であれば適応してグングン育っていきます。

こちらもまた、強い光やCO2添加を必要としないので世話は非常に楽で、「気が付いたら成長している」という印象を持つほどです。

その飼育の安易さとは逆に、明るいグリーンの葉と凛とした姿はとても美しく、初心者だけでなく上級者にも人気のある種類の水草です。

成長が早く、定期的なトリミングを必要としますが、それ以外は特に手が掛かりません。

また生命力の強さ故に切った茎を挿し戻しすれば簡単に増えるので、試してみては如何でしょう。

初心者でも育てやすい水草たち

水槽内に水草を植えると、水中の不要物やCO2等を取り込んで酸素を吐き出してくれるので、水質浄化や酸素供給にも役立ちます。

見た目も美しく、更に飼育している熱帯魚にも良いのであれば、是非水草の育成もしてみたいですね。

上記に挙げた水草はいずれも育成が比較的容易で、初心者向けと呼ばれる種ですので、水草育成の入門にはピッタリです。

「初心者でも育てやすい水草。熱帯魚水槽に水草を植えよう」の関連記事

「初心者でも育てやすい水草。熱帯魚水槽に水草を植えよう」と合わせて読みたい