うさぎにできる暑さ対策

うさぎへの暑さ対策4つ。うさぎを夏バテさせないようにしよう

最終更新日:2015年9月6日

賃貸のアパートやマンションなどで、小動物のハムスターやうさぎ、金魚などの、鳴いたりしない静かなペットを飼う人も少なくありません。

そんなうさぎですが、毛皮で覆われているため、暑さに対する対策が必要です。

それでは、うさぎにできる暑さ対策にはどのようなものがあるのでしょうか。


1.うさぎのいる部屋に冷房を入れる

うさぎは夏の暑さに弱いものです。

そのため、夏はしっかりと暑さ対策をしておかなくてはいけません。

涼しくするためにエアコンをつけるのは勿論ですが、タイマーなどを掛けておくと、もし冷房が切れた時に、うさぎが熱中症に掛かる可能性もあります。

このようなことから、電気代は掛かりますが、うさぎのためにいつも冷房を入れておいてあげましょう。

また電気代が勿体無いからといって、エアコンの設定温度を28度ぐらいにしてしまうと、室内が暑いためにうさぎが不快な思いをします。

エアコンの温度設定は25度以下にしておくことで、うさぎにも快適な空間になります。


2.水分をしっかりと補給しておく

うさぎもそうですが、犬や猫なども、夏の暑さが苦手です。

犬や猫も、夏の間はやたらと水を飲み、気がつけば水の入れ物が空っぽだったということもあります。

うさぎも同じように水を飲んでクールダウンしますので、水分はきちんと補給してあげましょう。

また、うさぎがいつでも新鮮な水が飲めるようにしてあげる必要があります。

そのためにも、気が付いたら給水器の状態を確認しておくと良いでしょう。

3.クールマットなどを利用するのもオススメ

大手の量販店などでは暑い夏に向けて、ペット用のクールマットなども販売しています。

夏にはこのようなクールマットを利用するのも、うさぎにはとても快適になります。

うさぎのゲージにクールマットを置いてあげれば、自然とそこで涼むようになるうさぎもいます。

しかし、クールマットを敷いているからといって、そのままエアコンをつけずに放置するのは、うさぎには良くありません。

暑さ対策には、エアコンも入れて、その上でクールマットを敷いてあげることが大事です。

それに、うっかりとクールマットをそのまま放置するのも良くありません。

季節が変わって次第に寒くなると、クールマットが逆効果になってしまうので、うさぎのゲージに置いてあるクールマットを片付けるのを忘れないようにしましょう。


4.直射日光が当たるところにゲージを置かない

室内でうさぎを飼う際には、みんなが集まるリビングにうさぎのゲージを置いていることも多くあります。

しかしこのリビングですが、日差しが良く入る部屋だと、うさぎにも注意しないといけません。

うさぎは暑さに弱く、直射日光に当たるだけで命に関わることもあります。

そのため、うさぎが好むような、暗くて落ち着けるような部屋がベストです。

うさぎのゲージを置く際には、日差しを避けて、出来るだけ静かな部屋に置くようにしましょう。

ペットショップのうさぎは暑さに弱いことを認識しておこう

このようにうさぎの暑さ対策についてまとめましたが、中には疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

なぜなら、小学校などでは、うさぎを外の小屋で飼育していることもあるからです。

そのため、何でうさぎを外で飼えないのか、暑さには強いんじゃないかと疑問に思うこともあるでしょう。

しかし、現在ペットとして飼われているうさぎには、ネザーランドドワーフのように暑さや寒さが苦手な種類もいます。

それに、ネザーランドドワーフなどのペットに適しているうさぎは、ほとんどがペットショップで売られていることが多いのです。

このようなペットショップで扱っているうさぎだと、エアコンの効いた室内で飼われることに慣れていますので、どうしても外では飼育が難しくなるのです。

もし、うさぎをペットとして飼うならば、このように電気代や雑費なども掛かることを踏まえて、一生大事に飼ってあげましょう。

「うさぎへの暑さ対策4つ。うさぎを夏バテさせないようにしよう」の関連記事

「うさぎへの暑さ対策4つ。うさぎを夏バテさせないようにしよう」と合わせて読みたい