京都のドッグカフェ人気3店。犬と一緒にご飯を食べられるカフェ

最終更新日:2017年1月29日

犬と毎日のお散歩に出かけたとき、一緒に立ち寄ることができるドッグカフェがあったらいいな…と思いませんか?

ドッグカフェでは人と犬が一緒にご飯を食べることができるので、両者にとって良い気分転換になります。

中にはドッグランがあるカフェもありますので、こういうところだと犬が普段のストレス解消をすることもできそうですね。

ここでは、京都にある有名なドッグカフェの中から有名なところをご紹介します。

レストランメロディー

優しいママと美味しいお料理が魅力の「レストランメロディー」。

京都・洛西ニュータウンにある「レストランメロディー」は、お花と緑に囲まれた入口が特徴の可愛らしい店舗が目印。

お店の中はクラシカルなアメリカン・グッズで埋め尽くされ、中世のアメリカにタイムスリップしてきたかのよう。

マリリン・モンローの写真やジュークボックスなど、考えつくされたインテリアが迎えてくれます。

おしゃれな雰囲気ばつぐんなところも、何度も通いたくなる理由のひとつです。

嬉しいのは、犬も椅子に座ることができる、という点。

ドッグカフェでも「犬は椅子に座らせないでください」としているところは意外に多いのですが、こちらの店では椅子に座布団を敷いた上で犬が座れるようにしてくれます。

しかも、座布団は男の子だったら青、女の子だったら赤と使い分けてくれるのがポイント。

細かいところまで気を配ってくれるのは、「レストランメロディー」だからこそです。

このお店の人気メニューは「オムライス」なのですが、こちらはほかのお店では食べることができないお味だとかなりの評判。

ハンバーグやエビフライ、ヒレカツ定食などメニューはかなり多いですが、手作りにこだわりぬいて作られているのでどれを食べても美味しいです。

犬のメニューで一番人気は「トリ&野菜ボイルのチーズのせ」。

野菜とチーズのカラフルなコラボレーションは、見た目からしてとっても美味しそうで、どんな犬でも大喜びするでしょう。

すべて無農薬にこだわり、防腐剤なども一切使っていない安心メニューなので、人と犬どちらの体にも安全です。

優しいママが気さくに迎えてくれ、一緒におしゃべりを楽しめるところも人気なので、京都にお住いの方はぜひ一度お出かけをしてみてください。

人気店だけに土日はかなり混むそうなので、休日に行く場合はご予約を。

K3

「毎日でも通えるように」という精神から、ワンコイン(500円)のメニューが充実しているドッグカフェ。

家具屋さんがはじめたカフェということもあり、店内に使われているインテリアはすっきりとオシャレなものばかりで統一されています。

余裕がある空間づくりをしているので、ゆったりとした雰囲気の中でご飯を食べられるのが嬉しい。

この空間へのこだわりは犬にも伝わるようで、このお店に来た犬はまるで我が家にいるときのようにリラックスしているそう。

飼い主さんと犬でのんびりとした時間を過ごしてもいいですし、お友達同士で飼い犬を連れて訪れてもきっと楽しめます。

何といっても、このお店の魅力は「ワンコインから楽しめるお料理があること」。

500円でランチの内容は「ハヤシライス・スープ・サラダ」そして飲み物を楽しむことができる気軽さなので、犬を連れていない一般客も多く訪れるほど。

「今日、カフェに行きたいな」と思ったときに、サッと行ける価格設定なのが人気の一因です。

その時期にしか食べることができない限定メニューもあるようで、冬に湯豆腐懐石が出た年もありました。

一度行けば、毎日でも通いたくなること間違いなしのカフェです。

ドッグラン&カフェあいべい

このカフェの魅力は、カフェだけでなく敷地内に「ドッグラン」があることです。

日ごろのお散歩だけではなく、時には犬を思いきり走らせてあげたい…と考えることは、犬を飼っている人ならよくあること。

この「あいべい」では、ドッグランに「ウッドデッキ」「ウッドチップ」「芝生」が用意されており、犬が楽しめるような工夫が満載です。

カフェでご飯を食べてから、犬をドッグランに連れ出して遊ばせてみてはいかがでしょう。

飼い主にとっても犬にとっても、リラックスしたひと時を過ごせるはずです。

また、このカフェでは訪れる犬を対象にした撮影会も実施中。

犬が走っている姿を撮影する「飛行犬撮影会」は盛況のようで、「うちの犬が走っている姿をぜひ撮影してほしい」という飼い主さんが殺到しています。

犬が元気に走り回っているイキイキとした姿を撮影してもらえる機会なので、ぜひお見逃しなく。

そして、とにかくメニューが豊富です。

土日・平日のランチメニューの中には、美味しいと評判の手ごねハンバーグやロコモコ、パスタ料理などが満載。

嬉しいのは、ご飯メニュー以外のカフェメニューがあり選べるドリンクが多いことです。

ケーキセット・ホットサンドセット・サンドセットの軽食に加え、ドリンクはなんと22種類。(ほかにキッズドリンク3種類)

これだけのメニューがあれば、「ちょっとカフェでご飯を食べたい」というときに気軽に行けますよね。

もちろん、犬用に「ワンコメニュー」があり、やぎミルクやカツオバーグなど好きなものをチョイス可能。

人も犬も心からリラックスできて、楽しい時間を過ごせるドッグカフェです。

京都のドッグカフェに行ってみよう

ドッグカフェによっては、カフェの立ち入りに条件を設けているところがあります。

例えば、こちらでご紹介した「あいべい」では、「カフェを利用する前に専用トイレで用をたすこと」「ヒートから一か月はカフェ・ドッグランの利用ができない」「一年以内に狂犬病・五種以上の混合ワクチンを受けていること・その証明書を見せることが入店の条件」など、利用にあたって注意事項があります。

これらの注意点を守っていないと、行っても入店できないので必ず調べておきましょう。

また、季節によっては開店・閉店時間が異なるお店もあります。

特に夏は「サマータイム」といって開店時間を早めているお店が多いので、こちらもきちんと調べましょう。

人気のお店は、日によって予約が必要なこともあるので、この場合はお店に問い合わせをされることをオススメします。

「京都のドッグカフェ人気3店。犬と一緒にご飯を食べられるカフェ」の関連記事

「京都のドッグカフェ人気3店。犬と一緒にご飯を食べられるカフェ」と合わせて読みたい