猫とハムスターのどっちを飼えば良いか決める方法

最終更新日:2017年1月29日

猫とハムスター、どちらも好きという人がいます。

でも両方とも家で飼うとなると、難しい面もあります。

猫とハムスターのどっちを飼うか迷った時は、どのようなことを考えるとよいでしょうか。

手間がかかるかどうか

猫とハムスターを比べると、ハムスターの方が手間はかかりにくいです。

ハムスターは基本的に鑑賞用のペットです。

普段の世話はエサや水をあげたり、ゲージの掃除をするくらいです。

またハムスターは小動物なので、扱いは猫より楽です。

そのため飼い主や家族が忙しくて、世話をする時間があまりない人は、ハムスターの方がオススメのペットです。

猫は室内で放し飼いにしていると、様々なしつけを行う必要があります。

猫には個体差がありますが、トラブルを起こして手を焼いてしまうこともあります。

でも猫はしつけをしっかりとしておけば、留守番をする時も上手に待っています。

猫とハムスターのどっちを飼うか迷ったら、手間がどれくらいかかるのか、考えてみるとよいでしょう。

飼い主や家族の生活リズムを考慮して、検討していくことも大切です。

部屋のスペースや周囲の環境を考える

猫の飼育方法は様々です。

室内で飼っている人もいれば、屋外で放し飼いにしている人もいます。

それぞれメリットやデメリットはありますが、猫の危険もあるので基本的に室内で飼っている人が多いです。

室内であっても放し飼いとケージ飼いがあります。

室内で放し飼いにする場合、猫が十分に動き回れるスペースができるだけあった方が良いです。

ケージ飼いの場合でも、猫はハムスターよりもカラダが大きいので、大きめのケージが必要になります。

ハムスターは小動物なので、ケージも小さくて済むので、移動も楽に行うことができます。

部屋が狭くても、飼育はしやすいです。

猫とハムスターのどっちを飼うか迷ったら、部屋に十分なスペースがあるかどうか、考えてみると良いでしょう。

また猫を屋外で放し飼いにする場合、近所迷惑にならない環境であるのか、事前に考える必要があります。

癒されるかどうか

ペットはただ世話をするだけではありません。

その姿を観賞したり、触れたりして、可愛がっていくものです。

そのためペットで癒されるかどうかは、非常に重要なことです。

ハムスターは基本的にケージの中の様子を、観賞して楽しむペットです。

愛らしい行動や仕草を楽しむことができます。

訓練をすれば手乗りにすることもできます。

猫はハムスターよりもカラダが大きいので、より存在感を感じることができます。

行動や仕草の他に、抱っこをしたり、撫でて可愛がることもできます。

癒しの効果は人それぞれ違います。

そのため猫とハムスターでは、どっちの方が自分にとって癒されるのか、飼育する前に考えてみるとよいでしょう。

費用がどれくらいかかるか

猫とハムスターを比べると、飼育の際にかかる費用は違います。

生体を購入する場合、ハムスターは猫よりも費用はかかりません。

種類によって価格は違いますが、人気の高いジャンガリアンハムスターは、1,000円から3,000円くらいで購入できます。

ハムスターは飼育用具の初期費用も安く済みます。

ケージも衣装ケースなどを利用することで、コストを抑えることもできます。

またその後の飼育費用も変わってきます。

猫はハムスターよりカラダが大きいため、その分エサ代やトイレ砂などの費用はかかります。

猫の方が寿命が長いので、継続して費用がかかることも念頭に置く必要があります。

猫とハムスターのどっちを飼うか迷ったら、それぞれ費用がどれくらいかかるのか、考えておくことが大切です。

飼育をしても経済的に余裕があるのか、あわせて考えてみましょう。

鳴き声が気になるかどうか

ハムスターは鳴き声が気にならないペットです。

たまにキュッキュッと鳴く時がありますが、騒音になることはありません。

一方猫は鳴くペットです。

いろいろな場面で鳴くことで、様々な気持ちを表現しています。

この鳴き声だけでも、飼い主は癒されることがあります。

猫は去勢手術をしていれば、発情期による独特な鳴き声は気にならなくなります。

でも音に敏感な人は、少しの鳴き声でも気になってしまうことがあります。

また鳴き声による近所のトラブルにも、十分な配慮をする必要があります。

住居がアパートやマンションであるのか、一軒家であるのか、でも変わってきます。

猫とハムスターのどっちを飼うか迷ったら、鳴き声が気になってしまうか、考えていくことも大切です。

生活状況を把握して、猫とハムスターどっちを飼うか検討してみよう

猫とハムスターのどっちを飼うか迷った時は、今の生活状況を把握することが大切です。

単にこのペットの方が好き、という理由で飼育をすぐ始めてしまうのは危険です。

部屋のスペースや生活リズム、経済状況などを十分に考慮することは、非常に重要なことです。

総合的にみてどっちの方が飼育に向いているのか、検討してみましょう。

「猫とハムスターのどっちを飼えば良いか決める方法」の関連記事

「猫とハムスターのどっちを飼えば良いか決める方法」と合わせて読みたい