猫を飼うメリット7つ

最終更新日:2017年1月29日

愛らしくキュートな見た目や仕草に夢中になってしまう人続出の猫。

ネットでも猫動画が人気動画としてピックアップされるなど、その人気はうなぎ登りです。

今回は、猫と一緒に生活することによってもたらされるメリットをご紹介します。

とにかく癒やされる

ストレス社会で生きている私たちですから、家に帰って一人淋しく晩酌をする…と言う方も多いのではないでしょうか。

そんな時、玄関を開けたらくりくりの丸い目を向けて、猫がお出迎えしてくれたらどんなに癒やされることでしょう。

学校や会社であったストレスを忘れてしまうほど、破壊力は抜群です。

猫は犬とは違い、自由きままだとはよく言いますが、飼い主への愛情はしっかりとあるものです。

一日中ずっと、ご主人の帰りを待っているのです。

そんなことを考えたら、ストレスも忘れてしまうことでしょう。

冬は温かい

猫は冬になると一緒の布団で寝てくれます。

寝る場所はかなり個体差があります。が、猫のもふもふした気持ち良い質感に触れながら眠りにつくのは本当に幸せです。

しかも猫の方が先に布団に入っていることもあるので、自分が眠る頃にはほどよく温まっているところも嬉しいポイントですね。

つぶさないか心配という飼い主の方もいますが、猫はそこまでノロマじゃありません。

よほど俊敏な動きをしない限り、寝返りを打っても猫が避けてくれるので心配ありませんよ。

家族の会話が増える

家族というものは、時が経つにつれて会話が少なくなっていくものです。

特に子供が巣立ち、夫婦二人の生活になると会話が減る夫婦も多いのではないでしょうか。

そんな時、話題を提供してくれるのが猫です。

猫は、突然思いもよらない行動を取ったり、面白い表情をしてくれたりと見ていて飽きが来ません。

これを夫婦二人で過ごしているときに、猫が変な行動をしたと想像してみてください。

自然と笑いが起きると思いませんか?「何やってるの?」と猫を通して会話をするきっかけが増え、家族関係が良好になるケースも多いのです。

動物や人に優しくなれる

生き物を飼うということは、身の回りのお世話をすべて担うということです。

それは生き物を飼う責任ですよね。

そんな当たり前のことが、飼い始めたばかりの頃はなかなか大変なものです。

生後一週間足らずの小さな子猫を育てることになった場合や、虐待を受けていた猫を引き取る場合など、猫を迎え入れる状況はさまざまあります。

そんな時、「こんなはずではなかった」と思うような出来事があります。

ですがそれを乗り越えたとき、人間も猫も成長することができるのです。

大変な思いをして生きているのだ、と実感出来るようになり、その気持ちが周囲の人間や動物に向けられ、自然と優しく接することができるのです。

猫への愛情が連鎖し、周囲へ向けることができるようになるんですね。

キレイ好きになる

猫は頻繁に自分の体を自分で毛繕いします。

猫はとてもキレイ好きですから、飼育環境には気を遣う必要があります。

個体差はありますが、猫はこだわりの強い動物。

水はご飯を食べる場所から離れたところを好みますし、トイレが汚れていると掃除を催促します。

トイレのところに行ってひたすら猫語で訴えてきます。

トイレの中が清潔に保たれていないと、猫は用を足さないのです。

もちろんご飯を入れる器も、水飲み場も、常に清潔な状態に保っておかなければなりません。

少しずつ猫中心の生活になり、気が付いたら部屋がキレイになっていた、なんてこともあるかもしれませんね。

交友関係が広がる

猫を飼うと、大体の人が写真におさめますよね。

そしてそれを周りの人に見せたくなるものです。

すると、自然に猫好きの人が集まり、今まで交友がなかった人とも猫をきっかけに仲良くなることもあります。

猫カフェなんかも今大人気ですが、猫を飼っている方もたくさん訪れているのです。

猫をきっかけに話す機会が増え、そこからどんどん輪が広がり友人がたくさん増えていくでしょう。

また、交友関係が広がるということは必然的に出会いも多くなるということです。

猫を飼っているというだけで、動物好きな優しい人というイメージが作られるため、恋活や婚活においても有利になることもあります。

運動不足が解消される

猫は犬と違い散歩がありません。

ですが、室内で飛び回るということをご存じでしょうか。

子猫時代から毎日のように遊んでいると、大人になってからもずっとその遊びが続くことも少なくありません。

そして、猫と遊ぶことは想像以上にハードです。

部屋の中をひたすらおもちゃをもって走り回り、高いところに上る猫に届くようにおもちゃを振り回し、さらには遠くに投げる。

これをひたすら、長いときは何時間も続けることもあります。

猫の方から遊ばなくなるタイミングが訪れるまで付き合うのはかなりの体力を消耗します。

またこの運動をすることによって、猫自身の運動不足も解消することができます。

少し大変ですが、頑張って続けて猫とともに健康を維持していきたいものですね。

癒やしだけではない猫のメリット

猫と言えば癒やしをくれるだけと思われがちですが、癒やしてくれるだけではないたくさんのメリットが存在します。

時には家族関係を修復してくれるような大きな役割を担っていることも。

生き物を飼うということは責任がついて来ることは当たり前です。

ですが、それ以上に幸せを運んでくれる猫。

猫と暮らす幸せを、あなたも体験してみませんか?

「猫を飼うメリット7つ」の関連記事

「猫を飼うメリット7つ」と合わせて読みたい