【アメリカン・コッカー・スパニエルの特徴・成長】どの程度まで・いつまで成長するのか

最終更新日:2018年9月28日

一般的に「コッカー・スパニエル」と呼ばれる犬には、2種類の犬が存在します。

一つは小柄で見栄えのする可愛らしいアメリカン・コッカー・スパニエル、もう一つは少し大きく活発さの強く残るイングリッシュ・コッカー・スパニエルです。

アメリカン・コッカー・スパニエルは、ショードッグや愛玩犬として、小柄で穏やかな性格になるように改良されてきました。

今回はそんなアメリカン・コッカー・スパニエルの大きさや成長の過程についてご紹介します。

1.アメリカン・コッカー・スパニエルの特徴

アメリカン・コッカー・スパニエルは、その名前の通り、アメリカ原産のスパニエル犬です。

名前にある「コッカー」とはヤマシギという鳥のことを指しています。

もともとは鳥を狩り立てる鳥猟犬として活躍した犬がルーツとなっています。

アメリカン・コッカー・スパニエルは、その昔、イギリスからアメリカに渡る移民とともにアメリカに持ち込まれました。

その存在が一躍有名になったのは、ディズニー映画のわんわん物語のヒロインのおかげでしょう。

独特なトリミングを施すことでもよく知られる犬種です。

性格はとても明るく、遊び好きなお茶目な犬です。

また、食べ物には貪欲ともいえるほど食欲旺盛だったりします。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルとは近親ですが、顔つきなどには明確な違いが存在します。

2.アメリカン・コッカー・スパニエルの体の大きさ

スパニエルという犬のグループには、小型のものから大型のものまで様々な犬がいます。

そのなかでも、アメリカン・コッカー・スパニエルは中型犬に分類されます。

どちらかというと、狩猟犬というよりも、愛玩犬としてのイメージが強い犬です。

大人に成長したときの体高は、だいたい33〜38cmくらいです。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルよりも体は一回りほど小さくなります。

体重は11〜13kgくらいになることが多くなります。

アメリカン・コッカー・スパニエルは、足元にボリュームを持たせる特徴的なトリミングを施します。

そのため、ボディラインが隠れており、少し大きく感じられるでしょう。

また、被毛に隠れた足は、意外にも筋肉質な体つきをしています。

3.アメリカン・コッカー・スパニエルの子犬から成犬への成長

アメリカン・コッカー・スパニエルの子犬が成犬に成長するまでは、約1年くらいかかります。

子犬の成長のスピードとしては、一般的な犬と同じくらいだといえるでしょう。

しかし、子犬の頃からとても食欲旺盛な姿を見せます。

生後3ヶ月の子犬の体重は、だいたい2〜3kgほどです。

実際には、このくらいのときに子犬を引き取ることが多いでしょう。

この時期は、徐々にドライフードを食べるようになり、一気に体が大きくなるタイミングです。

そのあと、生後半年の頃には、体重は6〜8kgくらいにもなる。

その成長の様子は、まさに「すくすく」という言葉そのものです。

それ以降は、体の成長のペースは緩やかになり、徐々に体重が増えるようになります。

4.成犬期以降の体の変化

アメリカン・コッカー・スパニエルといえば、その独特のトリミングが印象的です。

しかし、この飾り毛が本格的に伸びてくるのは、1歳を過ぎた頃からです。

また、かなり被毛の量が多いので、日常的にこまめなブラッシングが必要になります。

平均的な寿命は、だいたい12〜15年くらいだと言われています。

寿命の長さは平均的ですが、成犬期以降はいくつか注意したい病気があります。

中でもアメリカン・コッカー・スパニエルによく見られるのが、目の病気です。

アメリカン・コッカー・スパニエルには、緑内障や白内障を発症する個体が多いと言われています。

これらの病気は、犬の老化とともに発症しやすくなりますが、若いうちに初期症状が出ることがあります。

そのまま放置してしまうと、将来的に失明に繋がるので、早期の対応が大切になります。

5.アメリカン・コッカー・スパニエルの成長と飼育のポイント

アメリカン・コッカー・スパニエルには、激怒症候群と呼ばれる病気が見られることがあります。

これは遺伝的な脳の機能不全と言われていますが、素人が犬の振る舞いを見て病気か判断するのは難しいものです。

しかし、病気かどうかを見極めるためには、小さな頃からしっかりとしつけをすることが大切になります。

また、スパニエル犬の多くは垂れ耳になっています。

そのため、耳のなかが不衛生になりやすく、外耳炎にかかる犬が多かったりします。

耳もこまめにお手入れができるように、しつけも兼ねて人に触られることに慣らしておく必要があります。

アメリカン・コッカー・スパニエルは可愛らしい風貌ですが、体は筋肉質なつくりになっています。

とても食欲旺盛だということは先に紹介しましたが、食べ物にはすごい執着を見せます。

そのため、太りやすい傾向がありますので、普段の食事や運動の管理が必要になります。

アメリカン・コッカー・スパニエルを成長を知ろう

被毛のお手入れに、並々ならぬ労力をかける愛好家も多いアメリカン・コッカー・スパニエル。

比較的コンパクトな体ですが、骨格はしっかりしており、被毛の美しさが映える犬種でもあります。

見た目には華やかな雰囲気を持っていますが、意外に大食いでわんぱくな一面も持ち合わせています。

しかし、こうした親しみやすい愛嬌のある姿が、きっと多くの人々を魅了しているのではないでしょうか。

【アメリカン・コッカー・スパニエルの特徴・成長】どの程度まで・いつまで成長するのかに関連するペット情報

動物関連記事(外部サイト)