【ブルドッグの成長】ブルドッグはどこまで・いつまで大きくなるのか

最終更新日:2018年9月28日

ブルドッグといえば、とてもたくましく、それほど大きくない体でも、果敢に立ち向かう勇敢な姿が思い浮かびます。

欧米では19世紀まではブル・バイティングで活躍し、とても高い人気のあった犬種です。

時代は変わりましたが、現在でも家庭犬として根強い人気があります。

今回はそんなブルドッグの体の大きさや、子犬の成長の過程について紹介します。

1.ブルドッグの特徴と魅力

ブルドッグは、イギリス原産の中型犬です。

外見の特徴としては、どっしりとした体にいかつい顔つきがポイントです。

多くの人にとって、ブルドッグは「凶暴そう」や「怖い犬」といった印象があるのではないでしょうか。

しかし、実際はというと、飼い主に忠実で、攻撃性はそれほど強くありません。

以前は闘犬として活躍していましたが、穏やかになるように交配が繰り返されてきました。

体も全盛期よりもかなり小柄になっていて、ペットとして飼いやすい犬になっています。

ブルドッグは鼻が短く、大きな目が飛び出したような顔つきが非常にインパクトがありますよね。

いわゆるブサカワの代表格で、日本でも安定した人気があります。

本国であるイギリスでは、性格や勇敢な姿から多くの人に愛されている犬だったりします。

2.成長したブルドッグの体の大きさ

ブルドッグは見ての通り、横幅が広く、とてもがっしりとした体格を持っています。

ですので、体の高さに比べて、体重は重たくなる犬です。

日本で、多くのペットショップで中型犬として紹介されることが多くなります。

大人になったブルドッグの体重は、だいたい20〜30kgくらいです。

とても骨太な体格で、しっかりとした筋肉がついてきます。

低く重心を構えるような立ち姿で、現在でも力強さを大きく残しています。

そのブルドッグたる要素として、肥満や、運動に支障の出る体型は良いとされていません。

オスの理想的な体重は25kg程度とされています。

一方で、メスはオスに比べて多少小柄であることが多く、23kgが理想とされています。

3.ブルドッグが子犬から大人に成長するまで

ブルドッグは大人になるとどっしりとした体型になりますが、子犬の様子はまるで違っています。

生まれたばかりの頃は、それほど頭の大きさや高くは目立たず、控えめな印象です。

成長の過程で徐々にブルドッグらしさを身に付けていくようになります。

ブルドッグの子犬を引き取ると、だいたい生後3ヶ月くらいで家に迎えることになるでしょう。

この時期の平均的な体重は、だいたい3〜5kgくらいです。

ちょうどドライフードを食べ始める頃で、すぐに旺盛な食欲を見せて、みるみるうちに大きくなるでしょう。

生後6ヶ月になると、体重は10kg以上になってきます。

ある程度まで成長すると、体重の増加や食欲は落ち着くようになってきます。

だいたい1歳くらいのときに、体の土台はできあがるようになります。

4.ブルドッグの体が成長してからの変化

1歳以降のブルドッグは、体重や体の大きさには大きな変化はありません。

しかし、子犬っぽさを残す体つきや顔つきから、徐々に変化が見られるようになります。

だいたい外見が落ち着くようになるのは、2歳くらいが目安でしょう。

大きな変化としては、足や胸に立派な筋肉がつくことです。

だんだんと胸に厚みが出てきて、筋肉は盛り上がってくるように見えるでしょう。

顔や体のバランスも整うようになり、ブルドッグらしいスタイルになってきます。

子犬のときの違いとして、少しシワが少なくなったり、薄くなることが多いです。

体の成長に伴い、表面の皮膚が伸びるのは自然なことといえます。

顔にはシワが多く残りますが、胴や足のシワはほとんどない犬も多いです。

5.ブルドッグの飼育や成長で気を付けるポイント

いろいろとユニークな特徴を備えるブルドッグには、飼育の際に気を付けたいことがいくつかあります。

その中でも、シワが多い子犬のときには、皮膚の衛生状態に気を付けるようにしたいものです。

シワの内側には雑菌が繁殖しやすいので、丁寧に拭いたりするように心がけましょう。

また、短頭犬種の特徴として、鼻が短いため体温調節を苦手としています。

ブルドッグを始め、こうした犬種は暑さに弱いので気をつける必要があります。

留守番をするときや散歩をするときには、じゅうぶんに気温や室温を考慮しましょう。

暑さを苦手としているので、自ら進んであまり激しい運動をすることはありません。

しかし、そうしたことが原因となり運動不足や肥満につながることもあります。

体質的に太りやすい傾向があるので、適度な運動ができるように注意しましょう。

ブルドッグの成長を知ろう

ブルドッグは、以前までの荒々しい性格はなくなり、愛情深いペットとして飼われています。

多くの人が持つどう猛な性格は影を潜めていますが、現在でも実際の性格とイメージに乖離がある犬です。

少し頑固な一面もありますが、それほど大きくならずに、ペットとして扱いやすいサイズだといえます。

いつかブルドッグについて正しい評価が広まり、人気が出てくれることを期待したいですね。

【ブルドッグの成長】ブルドッグはどこまで・いつまで大きくなるのかに関連するペット情報

動物関連記事(外部サイト)