犬が人の靴下を好きな理由5つ。靴下の臭いを嗅いだり持っていくのはなぜ?

最終更新日:2015年12月11日

「犬は靴下を好む」と言う言葉を、一度は聞いた事があると思います。

確かに室内で犬を飼育していると犬が自分の靴下をかじっていたり、持って行ってしまう事ってありますよね。

特に犬小屋を掃除していたら、無くしたと思っていた靴下が出てきた、なんて経験は犬を飼育した経験がある方ならあると思います。

でもどうして犬は飼い主の靴下を気に入っているのでしょうか。

今回はその理由をご紹介します。


1.臭いの強いものが好き

犬を初めとする動物は皆「臭いの強いものを好む」習性があります。

特に有機物、生き物から発する臭いほど犬は好む性質があります。

散歩のときなどに、犬が良くゴミやミミズなどの虫に身体をゴロゴロと擦り付けるのも、そういった有機物の臭いを好んでいるからの行動です。

靴下には足の臭いや皮脂、汗などの分泌物が染み込んでいますので、当然の事ながら有機物の臭いがします。

特に足は体の中でも臭いが強い場所なので、靴下は臭くなりやすいです。

犬にとって靴下は強烈な有機物の臭いが染みついた、まさに「御馳走」の様に見えるのでしょう。


2.狩猟本能が刺激されるから

犬が靴下を好む理由として考えられる訳の1つに「狩猟本能を刺激されるから」というものがあります。

犬は有機物の臭いを好む、と上記で説明しましたが、なぜ有機物の臭いを好むかと言えば「有機物の臭い=獲物」という考えが本能的にある為だと言います。

靴下にじゃれている犬が、次第に興奮していき、靴下を噛みながら頭をブンブン振り回す姿を見た事はないでしょうか。

あれは捕まえた獲物の肉を食い千切ろうとする、犬の本能からきている行動です。

靴下を自分の寝床に持ち帰る行動も、捕まえた獲物を巣に持ち帰ろうとする動物的本能から来ているのです。

しかし、だからと言ってそのまま好きにさせていてはいけません。

なるべくこういった行動をさせない様に、犬にはしっかりしつけをしておきましょう。

そうでないと靴下を穴だらけにされたり、物を口に銜えてブンブン振り回す癖がついてしまいます。

3.自分をアピールする為

犬を初めとした動物は、より強い臭いを身に纏う事で自分をアピールしたり、周囲に溶け込もうとします。

野生の動物でも、自分の体臭より強い臭いを好んで身体に擦り付け様するのです。

また狩りをするときは、自分とは別の臭いを身体に付ける事で獲物に気付かれ難くします。

犬が飼い主の靴下を好むのは、そういった野生の頃の習慣の名残です。

または飼い主の臭いが強い靴下にじゃれて、臭いを身体にまとう事で飼い主に自分をアピールしようとしているのかもしれません。


4.飼い主の臭いがするから

犬の嗅覚は人の何倍も強く、臭いで人を判別する事など造作もありません。

犬が飼い主の臭いを好むのは、犬を飼育している人ならば皆さんご存知です。

靴下はその人の臭いが強く染みついた物ですから、犬が靴下を好むと考えるのは当然かもしれません。

特に犬は寂しい時や我慢をしている時ほど、飼い主の臭いが染みついた衣類などを欲する傾向にあります。

犬が靴下にじゃれている時は、実は寂しがっているからなのかもしれません。

忙しい飼い主に迷惑をかけない様に、靴下や衣類で我慢をしているのだとしたら、とてもいじらしいですね。

あまり犬が寂しがらない様に、普段から触れ合う機会を多く取るようにすれば、靴下にじゃれる事も少なくなるかもしれません。

5.飼い主が好きだから

犬は元々集団で生活する生き物です。

群れの中の下位の犬は、その群れのリーダーである犬の臭いを好みます。

それはリーダーの臭いに包まれていると、守られている様で安心できるからです。

犬が飼い主の靴下を好むのは、臭いが好きだからではなく「飼い主が好き」だからなのでしょう。

靴下は衣類の中でも、犬が加えやすい大きさで、尚且つ直接肌に付けるものですので、飼い主の臭いがたっぷりと染みついています。

犬は飼い主を身近に感じたいが為に、靴下を好むのかもしれません。

犬が靴下を好む理由を知ろう

犬が飼い主の靴下を好む理由は、靴下は大好きな飼い主の臭いが強く、且つ有機物の臭いが染みついているのが原因であると考えられるでしょう。

可愛がっている犬が自分の事を好きで、自分の臭いを好んでいるならば靴下位、と思ってしまうかもしれません。

しかしそのまま好きにさせるのは良い事だとは言えません。

しつけるべきところは、しっかりとしつけるようにしましょう。

「犬が人の靴下を好きな理由5つ。靴下の臭いを嗅いだり持っていくのはなぜ?」の関連記事

「犬が人の靴下を好きな理由5つ。靴下の臭いを嗅いだり持っていくのはなぜ?」と合わせて読みたい