【ポーリッシュローランドシープドッグの特徴】性格・寿命・価格・歴史・飼い方

最終更新日:2016年10月20日

「ポン」という愛称で愛されているポーリッシュローランドシープドッグの特徴についてまとめました。

ポーリッシュローランドシープドッグの飼育を検討されている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

1.ポーリッシュローランドシープドッグの歴史

ポーリッシュローランドシープドッグは、13世紀には存在していたと言われているほど古い歴史をもつ牧羊犬です。

ポーランドが原産で、ポーランドではポルスキー・オフチャレク・ニジンニ(Polsky Owczarek Nizinny)と呼ばれています。

この頭文字をとって「ポン」という愛称ももっています。

ポーリッシュローランドシープドッグの祖先は、中央アジアを起源としていると考えられており、人とともに暮らし、家畜を追う生活をしていたと言われています。

そして、この祖先とポーランドにいた犬が掛け合わされ、ポーリッシュローランドシープドッグが誕生したとされています。

ポーランドより輸出され始めたのは1960年代以降で、やがて世界中のドッグショーなどにも出るようになり、人気を集めていくようになりました。


2.ポーリッシュローランドシープドッグの特徴

標準の体高はオスが45~50㎝、そしてメスが42~47㎝という、いわゆる中型犬に属している犬種です。

体高と体長を比べると、やや体長が長いという長方形のような体格をしており、体格のいい犬種です。

垂れた耳と、卵のような形のヘーゼル色の目が特徴となっています。

また、ポーリッシュローランドシープドッグは全体的にしっぽがない個体が多くみられます。

また、白地に黒色やチョコレート色といった斑点が入っていることが多く、これらは成長を追うごとに薄く変化していきます。

3.ポーリッシュローランドシープドッグの性格

ポーリッシュローランドシープドッグは、非常に温厚で、明るく活発な性格をしています。

飼い主やその家族に対しても優しく、とても従順です。

小さな子どもと一緒に遊べるほど攻撃性がなく、平和主義者であるといえるでしょう。

けれど、祖先はポーランドで牧羊犬として暮らしていた犬種です。

普段はとても穏やかな性格をしていますが、時には野生の熊に対しても立ち向かうような勇ましさももっています。

見知らぬ人には警戒心をもつため、番犬にも向いているといえるでしょう。

また、ポーリッシュローランドシープドッグは記憶力が良く、物覚えも良いため、しつけはしやすい犬種であるといえます。

必要以上に甘えさせず、けじめをもってしつけを行なえば、辛抱強い立派な犬として育つでしょう。


4.ポーリッシュローランドシープドッグの飼育方法

ポーリッシュローランドシープドッグは、体を動かすことがとても好きな犬種です。

30~60分ほどの散歩を2回を目安にして毎日行なってあげましょう。

また、時々ドッグランなどで思い切り走らせてあげたり、ボールやフリスビーを使って思い切り運動させてあげると、よりいいでしょう。

また、オーバーコートの毛は細いために絡まりやすくなっているため、毎日のブラッシングは欠かさないようにしましょう。

加えて2日に1回程度は金属製のコームを使ってコーミングしてあげることも忘れないでくださいね。

ちなみにトリミングはあまりしない方がいいとされています。

耳のケアも含め、こまめにお手入れしてあげることが重要です。

5.寿命とかかりやすい病気

ポーリッシュローランドシープドッグの寿命は、13~14年であると言われています。

遺伝的に、緑内障、白内障、進行性網膜萎縮といった眼球の病気を患いやすい傾向があります。

また、過度に体を動かすことで引き起こされる股関節形成不全や肘関節形成不全にも気を付けましょう。

その他、溶血性貧血や肺水腫にもなりやすい犬種です。

食欲が低下する場合がありますが、このような初期症状は見逃してしまいがちです。

日頃より様子を注意深く観察するようにし、あわせて定期的な検診を受けるようにしておくと安心です。


6.ポーリッシュローランドシープドッグの価格

海外においては1000~2000ドルで販売されることがほとんどです。

しかし、海外から日本に輸入をして購入するとなると手数料などがかかり、すべて合わせて50万円ほどはかかると考えておいた方がいいでしょう。

国内にもポーリッシュローランドシープドッグのブリーダーさんはおり、このルートで購入することができれば20万円ほどでおさまります。

ただ、日本国内のブリーダーさんの数はとても少ない状態です。

もしもポーリッシュローランドシープドッグを購入すると決めた場合は、まずはこのブリーダーさんを探すことから始め、あらかじめ予約をしておくといいでしょう。

ただし、先ほども少しお話ししたように、ポーリッシュローランドシープドッグ遺伝的な疾患にかかりやすい犬種です。

購入の際には必ず、親や兄弟の様子を確認するようにしてくださいね。

ちなみにポーリッシュローランドシープドッグの場合、エサ代は1か月に7千円ほどかかります。

しつけの際に与えるおやつ代などを考えると8千円ほどとなるため、1年間で10万円ほどかかると思っておいた方がいいでしょう。

ポーリッシュローランドシープドッグの特徴を知ろう

ポーリッシュローランドシープドッグについてご紹介しました。

ぬいぐるみのような姿をし、嬉しい時には人間と同じく笑顔を見せるなど、とても穏やかな性格のポーリッシュローランドシープドッグ。

きっと周りを温かい雰囲気で包んでくれることでしょう。

ぜひ家族として迎え入れることを検討してみてくださいね。

「【ポーリッシュローランドシープドッグの特徴】性格・寿命・価格・歴史・飼い方」の関連記事

「【ポーリッシュローランドシープドッグの特徴】性格・寿命・価格・歴史・飼い方」と合わせて読みたい