犬が畳を舐める心理や理由とは。病気のサインの可能性もある

最終更新日:2016年10月20日

犬は何でも匂いをかいだり、口に入れてみようとして飼い主を驚かせることがあります。

それは、家の中でも時折見られる行動であり、床や壁など気になるところをチェックしています。

しかし、中には和室の畳を舐めたりかじったりする犬もいて、さすがにこれは畳が傷んで困りものです。

犬の健康にも良いとはいえませんよね。

ではなぜ、犬は畳を舐めるのでしょうか?やみくもに叱って効果がある物なのでしょうか。

そんな畳を舐めてしまう時の犬の心理について、ご紹介します。

1.空腹をガマンして畳を舐める

原因の一つとして考えられやすいのが、犬が空腹をガマンして、身近な物を舐めることで気を紛らわせていることです。

畳はい草で出来ているため草の匂いがしますし、食べこぼしやお菓子のカスなどが挟まっていたりしていると食べ物の匂いがつきます。

ダイエットなどで急に食事量を減らしたり、エサやりを忘れていて犬がお腹を空かせてしまった場合、その匂いを敏感に感じ取って舐めていると考えられます。

ダイエットをさせたい場合は急激に食事量を減らすのではなく、減量用のフードに替えたり食事を小分けにして与えるなど、犬のストレスにならないように工夫しましょう。


2.退屈していたり不安やストレスを紛らわせるために畳を舐める

犬が退屈している時、畳を舐めることで飼い主の気を引こうとしていることも考えられます。

「こらっ」と、たとえ怒られたとしても声をかけられると嬉しいと感じて、気を引くための行動として学習します。

畳を舐めるのは良くないことだと、きちんと教えたうえで、犬の退屈も解消してあげましょう。

散歩の回数や距離を増やしたり、可能ならば時々ドッグランなどで自由に駆け回らせてあげるなど、楽しく運動することでかなり犬の気持ちも晴れます。

飼い主さんが忙しくて外に連れ出してあげられない時に退屈しているようなら、少し時間を作って、おうちで出来るおもちゃ遊びなどでかまってあげるといいでしょう。

また、退屈もそうですが、犬は人が思いもよらないことで敏感にストレスを感じていることもあります。

飼い主さんの感じている不安やストレスを犬が感じ取って、同じように不安になったりすることもあります。

そんな犬自身が感じた不安やストレスを紛らわせるために、畳を舐めるという行動をとっていることも考えられます。

3.消化不良、寄生虫感染が原因

犬がお散歩のときに、道端や原っぱの草を食べている光景を見かけたことがあると思います。

あれは、お腹の中をお掃除するために繊維質を補給したいからだといわれていますよね。

畳はい草、つまり草で出来ていますから、消化不良でお腹が気持ち悪い時、お腹の中を掃除するために畳を舐めることもあります。

しかし、この場合本当は舐めたいのではなく、食べたいと思っているのですがキッチリと草が組んであるため食べられず、舐めるだけになってしまっているのだと考えられます。

お散歩のときにやたらと草を食べ、畳まで舐めているようであれば、消化のよいフードに変更したり、病院へ相談してお腹の調子をみてみましょう。

また、何らかのきっかけで寄生虫に感染し、異食症になってしまっている可能性もあります。

土やホコリなど畳以外にも地面を舐めて何か食べることが続いているなら、一度病院へ相談してみましょう。


4.習性やクセなどにより畳を舐めることも

犬は地面の匂いなどをかいでチェックする習性がありますね。

その際に興味が湧いて、舐めて確かめているということも考えられます。

畳にも生活の中の色んな匂いが付いていたり、犬がオシッコをしてしまっていたり掃除で取りきれなかったゴミなどが挟まっていたりします。

人間よりも鼻が畳に近く嗅覚の鋭い犬なら、気になって色々調べるのは当たり前ですよね。

あまりにも同じ場所を舐め続けている場合、何か気になる物があるのかもしれません。

取り除ける場合は取り除いて、難しいなら畳を取り替えるか犬の苦手な匂いがするスプレーなどを吹き付けておくのがいいでしょう。

また、単なるクセであることも考えられます。

足の毛づくろいをしている時に畳を一緒に舐めてしまい、その味が気に入って時々舐めているだけかもしれません。

5.犬が畳を舐めている際に気をつけること

畳自体はい草で出来ていますが、生活の中で様々なゴミなどが挟まっている可能性があります。

舐めているうちに舌や口元を怪我してしまうことも考えられますので、頻繁に畳を舐めているようなら叱るなどして、いけないことだと教えましょう。

また、叱るだけでは畳を舐める行為はしなくなっても、他の問題行動を引き起こすだけです。

行動の原因を探って解決することが大切です。

犬が畳を舐める時の理由を知ろう

犬が畳を舐める理由には様々な物がありますが、ひとつだけかもしれませんし、複数の理由が重なっている場合もあるでしょう。

時々退屈しのぎに舐めるくらいなら目を瞑ってもいいかもしれません。

頻繁に続くようであれば、畳を舐め始めた頃にどんなことがあったか振り返ってみて、心当たりを探ってみてください。

退屈しているのならストレス解消に、十分運動させてあげるといいでしょう。

また、お腹の不調や感染などの場合もありますから、気になるようなら迷わず病院へ相談しましょう。

「犬が畳を舐める心理や理由とは。病気のサインの可能性もある」の関連記事

「犬が畳を舐める心理や理由とは。病気のサインの可能性もある」と合わせて読みたい