犬と登山へ行く際の注意点。事前の準備をしっかりしよう

最終更新日:2016年4月7日

近年では、山ガールなんて言葉ができるほど、登山がブームになっています。

中には登山に愛犬を連れて行く、という飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、登山に愛犬を連れて行くときに注意しなければならないことがたくさんあります。

そこで、犬を連れて登山へ行く際の注意点をご紹介します。

1.事前に山が犬禁止な場所でないか確かめる

山によっては犬の登山を禁止している場所があることをご存知でしょうか。

国立公園や自然保護区域などは、犬の糞尿などによって生態系が壊れる危険性がると理由から、犬の侵入を禁止しています。

行きたい山や場所が決まったら、まずは犬が入っても良いところか確認をした方良いでしょう。


2.登山ルートの確認する

登山のルートはきちんとチェックしましょう。

最低限、下記の情報はチェックしたいです。
・どの程度の時間で登り終わる予定か
・石をよじ登らなくてはいけないところがないか
・急なルートがないか
・すれ違うのがやっとなくらいの、とても細いルートがないか

犬も登山には慣れていません。

初めての登山にも関わらず、いきなりハードなコースに行っても疲れてしまいます。

また足場が悪いところは、関節を傷める危険性もあります。

飼い主さんが一人で登るよりも時間がかかることは念頭において、登山計画をしっかりと組みましょう。

登った分、下山の時間もありますので、飼い主さんの感覚ではなく、あくまでも犬に無理のないようにしましょう。

また、すれ違うのがやっとなくらいの細い道は、犬が嫌いな人にとってはひどく嫌がられます。

インターネット上でも、マナー違反と問題になっています。

片方が崖の場合、相手が嫌がったときに滑落してしまうという事故も過去にはありました。

事故は未然に防ぐことが大切です。

3.必ずリードはつけて登山する

時々、ノーリードの犬がいますが、マナー違反です。

いつもと違う環境で犬がパニックになり、迷子になってしまう可能性もありますし、犬が他の登山客にとびかかって思わぬ事故につながる危険性もあります。

「うちの犬は大丈夫」という油断は禁物です。

いつもと違う環境ということもあるので、リードは短めに持ちましょう。

フレキシブルリードを使用するのもオススメです。


4.ペットの糞尿はきちんと持って帰る

ペットの糞尿は持ち帰るのがマナーです。

特に山では生態系を崩す危険性があります。

持ち帰らない人がいることで、野生動物にも影響を与えたり、自然環境が悪化し、今後登山ができなくなってしまうこともあります。

きちんとマナーを守ることが大切です。

5.犬用の水を持っていく

水は山でも飲むことができますが、水を持っていくことをオススメします。

山の水は、衛生的にも、感染症などの危険性もあります。

また、いつもと違う水を飲むことで、お腹を下してしまう犬も少なくありません。

ペットボトルをもっていくことは必須と言えるでしょう。

ペットがおしっこをしたときに、流すためにも水は必要です。余分に持っていくことをオススメします。


6.ノミやダニの予防は前もってきちんとしておく

山へ犬を連れていくと、必ず問題になるのがマダニです。

マダニは、犬に貧血や皮膚炎を起こすだけでなく、人間にも感染する感染症を媒介します。

犬自身が重症になることもありますが、人間の身を守るという意味でも、マダニの予防は前もってきちんとしましょう。

マダニの予防をしないで山へ行くと、無数のマダニが付いてくることがあります。

噛まれてから、感染症に感染してからでは治療が非常に大変になるので、予防が大切になります。

マダニの予防薬は、必ず動物病院で処方されるスポットオンタイプが飲み薬タイプのものを使用しましょう。

どれも効果が最低1か月は持続するものなので、登山からさかのぼって一か月以内に予防を行っていれば問題はありません。

7.接種しているワクチンの内容を確認する

ワクチンは何種のワクチンを接種しているか確認してみましょう。

一般的には、犬のワクチンでは5種、8種などを接種していることが多いです。

でも山へ行ったときに危険なのは、レプトスピラという感染症。

8種のワクチンにはこの感染症が含まれていますが、5種には含まれていません。

レプトスピラというのは、山にいるネズミの尿から感染する病気で、傷口から感染したり、病原体が含まれる水を飲んで感染します。

犬の場合は肝炎や腎炎を起こし、死に至る病気です。

この感染症は発生頻度は低いですが、この感染症の恐ろしいところは人間にも感染するというところです。

人間を守るという意味でもワクチンによる予防が大切です。

最近ではレプトスピラの種類がより多く含まれている11種混合ワクチンも販売されました。

5種の方は念のため、追加接種をすることをオススメします。

登山へ出かける1~3週間くらい前までにはワクチンを済ませておきましょう。

犬との登山の前に対策をしておこう

犬を連れていく時には、飼い主さんのマナーが問われます。

そして、せっかくの楽しい休暇なので、ダニや感染症の予防もしっかりとして心配をなくして楽しんでいただければと思います。

事前にしっかりと計画を練りましょう。

「犬と登山へ行く際の注意点。事前の準備をしっかりしよう」の関連記事

「犬と登山へ行く際の注意点。事前の準備をしっかりしよう」と合わせて読みたい