金魚を屋外飼育する際に気をつけたいこと

最終更新日:2016年8月21日

金魚は屋外でも飼育できる魚です。

屋外飼育は屋内とは違った楽しみ方があります。

でも屋外というと暑さ、寒さ対策などが気になるところです。

屋外ではどのように飼育していけば良いでしょうか。そのポイントをご紹介します。

1.夏場は飼育場所を考える

金魚は比較的水温が高くても耐えていける魚ですが、極端な高水温は良くないです。

金魚に悪影響を及ぼすこともあります。

よって直射日光に直接あたるような場所に飼育ケースを置かないようにしましょう。

特に下がコンクリートの上に飼育ケースを置くと、水温も上昇しやすいので注意が必要です。

また夏場は台風がくることも多いので、雨や風の影響を受けない場所に置くことも大切です。

雨や風によって飼育ケースの水が溢れてしまう可能性もあります。

また多少なら問題ありませんが、雨水が大量に入ると酸性雨の影響を受ける可能性もあります。

ついたてやすだれを取り付けて、陰になるような場所に置くのもコツです。

軒先の下に置くのも良いでしょう。

また夏場は飼育ケースが劣化しやすいです。

夏の高温に耐えられるものを選ぶようにしましょう。


2.冬の寒さ対策をする

金魚は冬の寒さにも比較的耐えていける魚です。

氷がはっても生きていけるので、そのまま屋外飼育をすることができます。

金魚は水温が10℃を下回ると動きが鈍くなっていきます。

さらに水温が低下して5℃を下回ると、エサを食べなくなり徐々に冬眠モードになっていきます。

冬の屋外飼育はできるだけそのままにしてあげるようにしましょう。

水換えは1か月に1回程度で十分です。

金魚は水温の低下というよりも、急激な温度変化に弱いです。

水温が低下したからといって、ぬるま湯を足したりしないようにしましょう。

かえって急激な温度差に耐えられず、病気になってしまう可能性があります。

春が近づいて気温が少しずつ上がっていくと、徐々に金魚も活動するようになります。

本格的な世話は暖かくなってからにしましょう。

3.猫やカラスなどに気をつける

屋外で飼育していると、気になるのは猫やカラスなどの侵入です。

猫が庭やベランダに侵入すると、屋外飼育している金魚に手を出す可能性があります。

金魚が水面に上がってくると、猫は飼育ケースに手を入れてすくってしまうことがあります。

特に一軒家の庭やアパート、マンションの一階で飼育している場合、猫などが侵入するケースが高いので注意が必要です。

2階で飼育している場合でも、カラスが飛んできて突っついてしまう恐れもあります。

よって屋外で飼育するなら、動物の侵入から金魚を守っていく必要があります。

庭やベランダにフェンスを取り付けて、猫などの侵入を防ぎましょう。

ふたをすることでカラスなど鳥の侵入を防ぐこともできます。

でも水槽をまるごと塞いでしまうと、酸欠の恐れもあるので網などでふたをするのが望ましいです。

また屋外飼育でも水草を適量入れてあげると、金魚の隠れ家になるので効果的です。


4.金魚の状態などをこまめに観察する

屋外飼育している金魚は楽しく鑑賞している時はいいのですが、忙しかったりするとついつい目がいかなくなるものです。

屋外飼育の場合でも、観察をしっかり行っていくことは大切です。

金魚は屋外飼育でもある程度の暑さ、寒さには耐えていけます。

でも暑さが厳しくて極端な高水温になったり、急激な気温の変化などで病気になってしまうこともあります。

特に金魚に多く見られる病気は白点病です。

金魚が病気になるのは個体差もありますが、気温差が激しくなる春先や秋口は注意が必要です。

冬は金魚は冬眠しますが、時々飼育ケースの様子を観察しましょう。

金魚の動きだけでなく、飼育ケースの水漏れなどにも注意を払うことも大切です。

5.水質の管理をしっかり行う

金魚の屋外飼育は気温や雨、風などの影響をダイレクトに受けやすいです。

そのため屋外飼育をするなら、水質をしっかり管理していくことが大切です。

夏場は気温が上昇することにより、水が少なくなりがちです。

こまめに確認するようにして、水を足していくようにしましょう。

また屋外飼育であっても水温を時々確認していくと安心です。

水換えは一度に全部行わないようにしましょう。

1/3から2/3程度の量を交換するようにします。

冬の水換えの量や回数は少なめで良いです。

またできるだけ大きな水槽で飼育した方が、水質を管理しやすいです。

小さな飼育ケースでたくさん魚を入れてしまうと、水質は悪化しやすいので注意しましょう。

金魚の屋外飼育のポイントを知ろう

金魚の屋外飼育は、屋内とは違った配慮が必要です。

金魚は夏の暑さや冬の寒さに比較的耐えられますが、季節よって飼育方法は変わります。

また外部からの侵入などにも気をつける必要があります。

金魚を屋外で飼育するなら、事前にそのポイントを把握しておきましょう。

季節や状況を考慮して、適切な飼育を心掛けていきましょう。

「金魚を屋外飼育する際に気をつけたいこと」の関連記事

「金魚を屋外飼育する際に気をつけたいこと」と合わせて読みたい