金魚の水槽を掃除するコツ

金魚の水槽を掃除するコツ。金魚の水槽をキレイにしよう

最終更新日:2015年11月16日

放っておくと、ある日突然水槽が汚れてしまい、金魚が見えなくなってしまいます。

そこで、金魚の水槽を掃除する際のコツ、掃除する上で便利なグッズ、そして水槽を綺麗に保つためのコツをご紹介します。


1.マグネットクリーナーで水槽ガラス面を掃除

金魚の水槽で一番汚れるのは水槽のガラス面です。

ガラス面は普通は手をつっこんで掃除すると思いますが、GEXから便利なグッズが売られています。

それはマグネットクリーナー。

水槽麺の内側と外側のセットで使うもので、水槽の内側についているクリーナーをマグネットの力で外から動かすことができます。

これなら手を水にいれることなく、水槽のガラス面を掃除することができます。

水槽のガラス面は汚れたてなら簡単に落とすことができますので、この便利グッズで気づいたときにすぐに掃除するのが汚さないコツです。


2.クリーナー、もしくはメラニンスポンジ

水槽のガラス面は汚れの症状が軽いうちにマグネットクリーナーで掃除をするのが一番ですが、少し頑固なよごれはGEXアルジー90等のクリーナーを使用すると良いです。

これは長い棒の先にスポンジがついていて、水に手を入れることなくガラス面の掃除ができます。

また、クリーナーで落ちないほどの頑固な汚れについては台所用品のメラミンスポンジが有効です。

まるで消しゴムで鉛筆で書いた物を消すような感覚でガラス面の汚れが落ちます。

金魚を水槽で泳がせたまま手をつっこんで掃除できるのでお手軽ですよね。

3.汚れの原因は水、水を清潔に保つのが掃除の回数を減らすコツ

コケが発生して水槽が汚れるのは、水が汚いのが原因です。

水を清潔に保てば水槽は汚れません。

水を清潔に保つには、まず定期的に水を変える必要があります。

水替えの頻度ですが、これは好きな周期で好きな量を替えるだけでOKです。

・毎日コップ1杯の水を替える
・週に一度、ペットボトル一本分の水を替える
・月に一度バケツ一杯分の水を替える

毎回完全に水を入れ替える必要はありません。

また、水作プロホースM等で水と一緒に金魚のフンも取り除けば、さらに効果的です。

コケを防ぐタブレット上の薬も有効です。


4.砂利を敷くとふんが舞い上がらない

水底の砂利は意外と重要な役割があります。

それは、水流で金魚のふん等を底から舞い上がらなくするということです。

掃除の際も水作プロホースM等のホースを活用すれば水流で簡単に舞い上がらないので、底にあるふんをキレイに取り除くことができます。

砂利は掃除を楽にする効果があります。

5.エアレーションをしているならばエアーストーンよりポンプフィルターを活用

水中に酸素を送るのがエアレーションですが、ぶくぶく泡が出ているのはエアーストーンからですか?それともポンプフィルターからですか?

エアーストーンを使っている場合は、ポンプフィルターに交換した方が良いでしょう。

理由はポンプフィルターにはろ材が入っていて、汚れを吸着してくれるからです。

ろ材に汚れが溜まるので、ろ材を交換してしまえば掃除も簡単です。

B0012UO6Q6
テトラ (Tetra) オートワンタッチフィルター AT-50
¥ 1,170 スペクトラム ブランズ ジャパン
Amazonで購入


6.どじょう、タニシを一緒に飼育

どじょうやタニシを一緒に飼育すれば水槽は汚れにくくなります。

どじょうは底に沈んだエサをキレイに食べてくれるので、金魚のえさの食べ残しが原因で水槽が汚れるリスクが減ります。

また、タニシは水槽のガラス面を這ってキレイにするので、ガラス面の掃除が楽になります。

どじょう、タニシ、金魚は仲良くしてくれるので一緒に飼っても問題ありません。

7.バクテリアを定着すれば掃除はぐっと楽になる

バクテリアは、本来物理的に取り除かなければならない金魚のふんや水槽のよごれを分解してしまう優れた微生物です。

これを水槽に定着させれば掃除の回数はぐっと減ります。

1か月に1回掃除が必要な水槽が、半年に1回の掃除で済みます。

バクテリアを定着させるには以下のグッズが必要になります。

・フィルター
・ろ材
・水質調整剤とバクテリア

まず、フィルターです。

フィルターはエアレーションのと、水槽内に水流を発生させる効果があります。

フィルターには底面フィルター、上部フィルター、外掛けフィルターと様々な種類があります。

次にろ材です。

ろ材はフィルターの中に入れる物ですが、汚れを吸着させバクテリアが住み着きます。

ろ材にはリング状の物やウール状の物があります。

最後に、水質調整材とバクテリアその物です。

水質調整材はカルキ抜きや水道水の有害物質を瞬時に無効化する効果があり、バクテリア投入と同時に入れます。

初めは毎日バクテリアを投入しますが、1週間も投入し続ければ水槽内に定着します。

以降の投入は水替えのタイミングだけで良いです。

金魚の水槽の掃除を簡単に済ませよう

金魚は気軽に替えますが、掃除を考えると色々なグッズを揃えた方ががぐっと手間が減ります。

グッズは汚れを抑制するものと掃除を楽にする物の2種類ありますので、掃除の回数が手間に感じるか、掃除そのものが手間に感じるかでグッズを選ぶことをオススメします。

「金魚の水槽を掃除するコツ。金魚の水槽をキレイにしよう」の関連記事

「金魚の水槽を掃除するコツ。金魚の水槽をキレイにしよう」と合わせて読みたい