子猫のトイレのしつけ方。きちんとした場所でトイレをしてもらおう

最終更新日:2016年2月24日

新しく猫を迎える家で飼い主がまず最初に教える事は、トイレのしつけです。

学習速度の速い子猫のうちに始めれば、猫は短期間でトイレを覚えてくれます。

それぞれの猫に合ったしつけ方で、トイレを教えてあげましょう。


1.親猫のトイレを見せる

生まれたばかりの子猫は母猫から多くの事を学習します。

どこがトイレでどうやって排泄をするのかもその一つです。

子猫の目が開いたら、母猫のトイレ中は子猫を近くにいさせるようにしましょう。

母猫のトイレを見せるだけで、子猫はトイレを覚えてくれます。

野生で生きる猫は、トイレ以外にもエサの獲り方や社会性など、猫が生きる上で必要なものを母猫を見て覚えていきます。

生後数週間を母猫と過ごさせれば、子猫に必要なしつけはほとんど母猫に任せる事ができます。

もし母親がいなくても、先住の大人の猫がトイレをしているところを見せれば、ある程度の効果は期待できます。

猫も人と同じように実際に見て覚える方法が一番分かりやすいのです。


2.飼い主がトイレへ運んで教える

飼い主がトイレを教える一番の近道は、猫がトイレをする時に飼い主がトイレに運んであげる方法です。

トイレに行きたいと思っている気配を見逃さず、猫がおしっこを始める前にトイレに連れて行ってあげましょう。

ここがトイレだと認識さえできれば、そのうちに自然と自分からトイレに行くようになります。

猫は排泄の前に、いくつか分かりやすい仕草をします。

朝起きたばかりや食事の後は特に狙い目です。

ご飯を与えた後しばらくは、注意して観察してみてください。

猫がソワソワとして床のにおいを嗅ぎ始めたら、トイレに行きたいという合図です。

猫をトイレに入れて砂の匂いを嗅がせた後、前足を持って砂をかく仕草をさせます。

猫は排泄物を埋める習性があるので、穴を掘る動作でここがトイレであるという主張が猫に伝わりやすくなります。

速い猫ならこれを数度繰り返せば、すぐにトイレを覚えます。

しかし、トイレの仕草が始まっても焦って近付いてはいけません。

慌てて走ったり、いきなり近付いたりすると、猫がびっくりして排泄を止めてしまいます。

初めのうちは猫とのタイミングが合わないこともあります。

トイレまで間に合わなかった時のために、トイレまわりには新聞紙やレジャーシートを敷いておくと床が汚れず掃除も簡単です。

3.おしっこをした所にトイレを置く

猫にとって理想的なトイレの場所は静かで人通りの少ない場所です。

キレイ好きなので風通しが良く臭くない、食事から遠い場所も好きです。

これらの条件を見ると、猫の好むトイレは、人間の好むトイレと同じような場所だとわかります。

排泄した所は、もしかしたら猫にとってちょうど良いトイレ空間なのかもしれません。

トイレは家一件に飼っている猫の数プラス1つは必要なので、一個は猫の決めた所に設置してあげるのも良のではないでしょうか。

気に入った所でのトイレを覚えたら、そのトイレから猫砂を少し回収して、元々設置する予定だった所のトイレの砂に混ぜてください。

トイレから自分の匂いがするようになるので、そのうちに元々のトイレでも用を足すようになります。

どうしてもトイレにしてはいけない所で排泄してしまったら、徹底的に掃除をしてください。

臭いが残っていると何度でもそこで排泄してしまうようになります。


4.おしっこの匂いをトイレにつける

ペットショップや知り合いから猫を引き取る時、猫と一緒に使っていた猫砂を少し貰っておくと、スムーズにトイレをしつける事ができます。

トイレから自分の匂いがすれば、そこは猫にとって安心できる所になり、トイレの場所として認識しやすくなります。

他の場所でおしっこをした時も、ペット用のトイレシートに染み込ませてトイレに置いておけば、同じ効果があります。

失敗した場所が布の上なら、その部分を切り取って切れ端をトイレに入れておいても良いです。

そして、排泄した所は匂いが残らないように、徹底的に掃除する事を忘れないでください。

5.トイレでできたら褒める

ちゃんとトイレでできた時に優しく褒めてあげることも、効果的なしつけの方法です。

キーの高い大きな声で褒めるのは逆効果になるので、落ち着いて「良くできたね」とそっと顔の周りを撫でてあげましょう。

トイレの様子は猫の健康をチェックする絶好のチャンスです。

ただし、排泄前後は警戒心が高くなっています。

トイレ中は目の端で確認する程度にして、あまりじっと見つめないであげましょう。

猫がトイレを失敗しても決して怒ってはいけません。

猫は、怒られてもトイレの場所が悪くて怒られたのか、排泄する事自体が悪くて怒られたのかは判断できません。

トイレに行くと怒られると勘違いして学習してしまうと、猫は人に見つからない所で排泄をするようになってしまいます。

猫にとって心地よいトイレを

猫はとてもキレイ好きな生き物です。

したがって、一度トイレの場所を覚えたら、理由がない限りは、他の場所をトイレにする事はそうそうありません。

もしトイレを覚えたはずなのにトイレを失敗してしまうようになった場合、泌尿器関係かストレス性の病気も考えられます。

そのときは、病院に相談してみてください。

「子猫のトイレのしつけ方。きちんとした場所でトイレをしてもらおう」の関連記事

「子猫のトイレのしつけ方。きちんとした場所でトイレをしてもらおう」と合わせて読みたい