高価な犬種6種。100万円から1億円以上する犬もいる

最終更新日:2016年9月12日

ペットの定番となっている犬。

もちろん飼う際には、可愛さや美しさや性格など、その犬の特性を踏まえて選ぶのが一番です。

しかし、どのような犬が値段が高いのか、気になる方もいるかと思います。

何種かいる高価な犬の中でご紹介します。

1.チベタンマスティフ:100万円〜1億円

その名の通り、中国チベット高原原産の犬種です。

価格はなんと、100万円〜1億円以上します。

更には、過去に2億円で購入された個体もいます。

2億円のチベタンマスティフは、中国にて売買されましたが、その中国で売れたことが高額となった理由の一つです。

元々、希少な犬種で、年に一度しか発情期がないなどの理由から高価な犬とされています。

中国の富裕層の間では、富の象徴となっているため、これほど高額になりました。

チベタンマスティフは、体重が60kg〜80kg程度、体高が65cm前後の超大型犬となります。

最近では、性格は温厚になってきていますが、それでも警戒心や攻撃性が強く、プロでも飼育が困難とされています。

残念ですが、一般家庭での飼育は不可能に近い犬種と言えます。


2.サモエド:70万円〜130万円

ロシアのシベリア原産の犬種です。

価格は、70万円〜130万円程度となります。

元々が希少価値の高い犬種ですが、日本ではテレビ番組のキャラクターとして起用されたことで人気が上がり、更に価格は上がりました。

サモエドは、体重が25kg前後、体高が45cm〜60cm程度の中型犬となります。

性格はとても優しく、人見知りもあまりしません。

昔から、トナカイの番やソリ引きなどを行ってきて、人の側で生活をしてきたためか、飼い主の側にいることは、とても大好きです。

口元が常に笑っているように見えるため、サモエドスマイルという呼び名が付いています。

しつけも比較的しやすいため、飼いやすい犬種と言えます。

3.ロットワイラー:80万円〜130万円

ドイツのロットヴァイル原産の犬種です。

価格は、80万円〜130万円程度となります。

ロットワイラーは、体重が40kg前後、体高が60cm〜70cm程度の大型犬となります。

元々は闘犬として飼育されていましたが、後に牧牛犬や警察犬として使われることがポピュラーとなりました。

性格としては、基本的には優しく落ち着きがあるのですが、元々闘犬だったため、敵に対して恐れずに立ち向かう部分もあります。

それに加えて、護衛本能も強いため、上手くコントロールをしないと、時折行き過ぎた攻撃性を見せて、人に危害を加える場合もあります。

また、生まれつき股関節に異常を持っている犬種です。

飼う際には、上記の面をしっかり理解し、しつけの徹底や体調の管理などが出来るようにする必要があります。


4.イングリッシュブルドッグ:120万円前後

その名の通り、イギリス原産の犬種です。

価格は、120万円前後となります。

頭部が大きく分娩自体が難しい事や、死産も多く繁殖が困難な事が高価な理由です。

イングリッシュブルドッグは、体重が25kg前後、体高が30cm〜35cm程度の中型犬となります。

元々は、牛いじめという、牛と犬を戦わせる見世物のために開発されました。

見た目は怖そうな顔付きをしていますが、そんな見た目に反して、性格はとても温厚で優しいです。

子供や年配のかたでも安心して飼うことが出来ます。

ただし、少々頑固な一面もあるため、頑として言うことを聞かなくなることもあります。

暑さには非常に弱いため、エアコンなどの冷房器具はかかせません。

暑い日は体調管理も必要です。

そのように気を付けるべきこともありますが、家庭犬としては向いている犬種と言えます。

5.ローシェン:100万円前後

ローシェンの原産地は様々な説がありますが、基本的には、フランス原産とされています。

価格は、100万円前後となります。

希少な犬種で、日本ではまだまだ入手しにくいため、主に輸入されることが多いです。

ローシェンは、体重が4kg〜8kg、体高が25cm〜35cm程度の小型犬となります。

元々は、貴婦人のための犬として広まりましたが、後にショードッグとして有名になっていきました。

性格は、基本的には明るく活発です。

飼い主に対しては忠実ですが、その活発さ故に、穴を掘ったりムダ吠えをする事があります。

しつけをきちんと行うとともに、ストレスを溜めさせないように、運動を多くさせてあげる必要のある犬種です。


6.カナディアンエスキモードッグ70万円〜80万円

その名の通り、カナダ原産の犬種です。

価格は、70万円〜80万円程度となります。

カナディアンエスキモードッグは、体重が25kg〜50kg程度、体高が50cm〜70cm程度の大型犬となります。

体格は、とても引き締まっています。

性格は温厚で、人見知りもせず、他の動物や人物とも仲良く出来ます。

ただし、自分より上だと思った人の言うことしか聞かないため、服従訓練が必要な犬種となります。

また最初の頃は、やや噛み癖が出てくることもあります。

しっかりとしたしつけが必要だという面では、初心者には少し難しい犬種かもしれません。

高価な犬の種類を知ろう

以上、高価な犬種の一部をご紹介しました。

これだけ見ると、犬を購入することが難しいように思ってしまいますが、犬の値段は本当に幅広いので、手を出すことが出来る犬種を探してみるのが良いでしょう。

しかしながら、冒頭でもお伝えしましたが、値段が全てではありません。

パートナーとしてきちんと関わることが出来るかが重要です。

「高価な犬種6種。100万円から1億円以上する犬もいる」の関連記事

「高価な犬種6種。100万円から1億円以上する犬もいる」と合わせて読みたい