メダカの水槽と相性が良い水草

メダカの水槽と相性が良い水草5つ

最終更新日:2015年10月10日

メダカの飼育において重要になってくるのが水質管理です。

メダカは比較的水質悪化には強いとされていますが、それでも水が汚れてしまうと体調に深刻な影響を及ぼします。

水質管理のためには、水槽内に水草を設置しておくのが対策のひとつです。

そこで、メダカにとって相性が良いとされている水草についてご紹介します。


1.アナカリス

トチカガミ科の沈水植物で、別名オオカナダモ。

適応水質は弱アルカリ性~弱酸性。

ブラジルなど南米の温暖な地域の原産で、現在は日本でも繁殖しています。

水質悪化には強いのですが、南米原産だけに若干寒さに弱いところがあります。

ただ、冬場にヒーターをつけなくても簡単には枯れないくらいには丈夫で、この丈夫さが外来種でありながら日本で大量に繁殖するようになった理由です。

水槽内でも光さえちゃんと確保していればどんどん増えていきますし、水槽内に二酸化炭素(CO2)を添加する必要がないため、管理しやすいのもメリットです。


2.マツモ

マツモ科の水草。

「金魚藻」といわれる金魚の水槽の中で繁殖させることの多い水草のひとつで、適応水質は弱アルカリ性~弱酸性。

日本でも昔からため池や水路などで自生している浮草です。

上記のアナカリス同様、繁殖力は極めて高いのですが、アナカリスと比べると多少、環境の変化に弱いところがありますので、繁殖に当たってカルキ抜きはしっかりとやっておいた方が良いでしょう。

また、水質浄化力が極めて高いため、水槽の環境を維持するという意味では打ってつけの水草と行って良いでしょう。

CO2が少なくても生きていけますが、多少は添加してあげる必要があります。

3.カボンバ

ハゴロモモ科に属しており、これも「金魚藻」のといわれる水草のひとつです。

適応水質は酸性~中性。

北米原産ですが、日本でも外来種として自生するようになっています。

繁殖力は高いのですが、アルカリ性の水中では上手く育ってくれないという欠点があります。

日照不足にも決して強いとはいえず、同じ金魚藻でもマツモと比較すると繁殖が難しいうえ、オオカナダモやマツモと違って土に根を張らせる必要があるため、管理にはそれなりに気を使う必要があります。

北米原産ということもあり、冬の寒さには強いですが、マツモ同様にCO2を若干添加してあげる必要があります。


4.アンブリア

オオバコ科の水草で、別名キクモ。

東南アジア原産種と日本原産種がありますが、野生種は現在、日本原産種は必ずしも優勢とは言えない状況にあります。

ビオトープの観賞用として育成されている種ですが、繁殖力が高いためメダカの水槽内で繁殖させ、水質維持に利用するのにも適しています。

ただ、この繁殖力の高さが問題で、水槽内で必要以上に増えすぎてしまうこともありますので、適切に間引いてやる必要があるというデメリットがあります。

葉がフワフワとした感じで水中に漂うようになっていますので、メダカの産卵床にも適しています。

メダカを単に観賞するだけでなく、積極的に繁殖させようとするなら必要になってくる水草でと言えるでしょう。

5.ウィローモス

クロカワゴケやミズキャラハゴケなど、何種類もの水生ゴケの通称です。

クロカワゴケのように野生種がレッドリストに掲載されている日本固有種もあれば、外来種もあります。

適応水質は弱アルカリ性~弱酸性。

コケだけあって日照不足にも低温にも強く、CO2の添加も必要ないため、繁殖にあたっては手間がかからないのが最大のメリットだと言えるでしょう。

飼育しているメダカは共食いをしてしまうため、繁殖に当たってはいかにして成魚から稚魚を守るかが課題になってきますが、ウィローモスは稚魚の隠れ家になりやすいため、メダカを繁殖させるためには欠かせない水草だといえるでしょう。

メダカの餌になるミナミヌマエビがウィローモスを食べて成長するため、ミナミヌマエビが繁殖しやすくなり、メダカの餌が確保しやすくなるというメリットもあります。


6.アヌビアス

サトイモ科の水草で、アフリカ大陸の熱帯地域原産です。

熱帯のジャングルの下草として知られており、光が少ない場所でも十分に育つことができるため、水槽内の光量に気を使わなくて済むというメリットがあります。

繁殖力が高いため、熱帯魚の水槽の水質浄化に使われることが多く、メダカの水槽の水質浄化にも利用できます。

問題点は熱帯原産だけに寒さに強いとは言えず、水温管理には気を使う必要がありことと、ここ紹介した水草の中では成長が遅い部類に入ることです。

メダカに適した水草を植えよう

メダカは比較的水質悪化に強い魚なのですが、それでも大きく悪化した場合はメダカの体調に影響を及ぼします。

場合によっては大量死の原因になってしまい、死骸によってさらなる水質悪化を招いてしまうという悪循環に陥りかねません。

水草には水槽の見栄えもさることながら、水質を保持するという重要な役割があるのです。

上記の6種はもちろんですが、それ以外にもメダカと相性の良い水草はありますので、ちゃんと水槽内に設置してメダカの体調管理に役立てましょう。

「メダカの水槽と相性が良い水草5つ」の関連記事

「メダカの水槽と相性が良い水草5つ」と合わせて読みたい