長生きする鳥の種類。数十年生きる鳥を飼ってみよう

最終更新日:2016年10月20日

ペットにはいろいろな種類があり、その寿命もそれぞれです。

命の短い動物もいれば人生のほとんどあるいはそれ以上も飼い主と共に生きるペットも存在します。

寿命が長いペットと言えば鳥類にも複数います。

ここでは長生きする鳥類をご紹介します。

1.コンゴウインコ

コンゴウインコはアココンゴウインコとも呼ばれます。

カラフルな鳥で大きな体のインコです。

今では個体数がだいぶ少なくなり絶滅の危機にあります。

体長は80cmを超えます。

コンゴウインコの性格は繁殖期になると神経質になります。

産卵数も他のインコと比較すると数は少なめです。

またコンゴウインコは無精卵を産卵する事が多くあり、この事も個体数が減少している要因であると考えられています。

また密漁などの被害も受けて、年々個体数は少なくなっています。

また、コンゴウインコをペットして飼うのはそれなりの覚悟が必要です。

なかなか手間がかかります。

加えて購入費用や飼育するのに必要な道具なども値が張る傾向にあります。

コンゴウインコを飼育したいなら、巨大な鳥かごを準備します。

幅90cm、奥行き90cm、高さ230cmぐらいの大きさのかごが必要です。

コンゴウインコが自由に動き回れるようにするために、最低限これくらいの大きさのかごを準備しましょう。

寿命は40年から50年ほどです。


2.キバタン

キバタンはオーストラリア原産です。

価格は30万円から45万ほど。

輸入量は少なく繁殖させるのも簡単ではありません。

手に入れたい時にはペットショップや個人のブリーダーから入手します。

また相場よりも安い値段で販売しているケースがありますが、その理由をきちんと確認しておきましょう。

問題がある可能性があるからです。

キバタンの体長は50cmから60cmほど。

体重は800グラム程度になります。

性格は人なつっこくて、好奇心が強いです。

コミュニケーションをする事を好んで、相手にされないとストレスをためやすい鳥です。

寂しがりやな面があります。

また頭の賢い鳥ですから、人間の言葉も覚える事ができます。

またその頭の良さゆえにゲージの開けた方なども覚えてしまいます。

扉に鍵を備え付けるなど工夫しないといけません。

また鳴き声が大きいので、近所迷惑になる事があります。

自分の住んでいる環境により防音を施す事も必要になります。

寿命は35年から50年ぐらいです。

3.ヨウム

ヨウムはアフリカの西海岸の森林地帯に生息する体の大きなインコです。

全長は28cmから39cmぐらいです。

昔から人気があり全身がグレーの体に鼻から目にかけては白色です。

すごく似かよっている鳥にコイネズミヨウムがいます。

この鳥はヨウムよりも体がもう少し小さめです。

ヨウムの性格は人になつきやすいです。

すごく人になれやすく気質はおとなしめです。

また饒舌でたくさんの言葉を覚えて話します。

生後6か月くらいしたら、言葉を覚え始めます。

頭をなでてあげると喜び、時に「頭を撫でて」とアピールしてきたりもします。

また体も生命力があり丈夫です。

鳴き声も他の大型の鳥よりも低め。

そのため、人が密集している都会でも飼いやすいと言われます。

幼鳥の時はデリケートな時期ですから、温室管理も大変ですが、大人になると寒暖にも割と強いので飼育しやすいです。

寿命はおよそ50年ほどです。


4.ボウシインコ

ボウシインコ属に属している鳥達は大河アマゾン川流域を住み家にしています。

実は野生のボウシインコは農作物を荒らす事から、農家の人達からは厄介な鳥として認識されています。

また、土地開発や採鉱に伴い住み家をなくし、害のある鳥として駆除の対象にされています。

さらに鳥好きの人達の捕獲ターゲットになり、ボウシインコ属の鳥達はその生息数を減らしています。

またボウシインコ属に属している鳥は会話や芸を覚えます。

それを人間に披露する気質がある事から、ラテン気質の鳥としても知られています。

ボウシインコは興奮する事があると、でかい鳴き声を立てますから、集合住宅の人は飼育をするのは難しい面があります。

寿命は20年から40年ぐらいです。

5.オカメインコ

オカメインコは生物の楽園オーストラリアの内陸部に生息しており、群れをつくり生活しています。

オカメインコはペットとして非常に人気がある鳥です。

オカメインコは愛情あふれる鳥で、聡明な鳥です。

性格的に争いを好みません。

オウム科の鳥なのですが、大きな鳴き声を立てる事もなく、マンションやアパートなどの集合住宅の人にも向いています。

好奇心が非常にある半面では、臆病な一面もあります。

真夜中に大きな物音がするなど、予期せぬ事が起こるとパニック状態になります。

このような時には安心させてあげるようにします。

寿命は18年から20年ほどです。

長生きする鳥の種類を知ろう

鳥類は種類により飼育が難しい鳥もいます。

一般的にはペットしては高額と言われるような種類もいます。

しかし、人なつっこい鳥もいて人間の言葉なども覚えます。

動物にはいろいろな種類がいて、ペットになっている動物も無数です。

鳥類は寿命が長い種もいて、共に人生を生きていくパートナーとしては犬や猫以上に長い付き合いになるペットにもなる事があります。

飼う鳥によっては残りの自分の人生の時間なども考慮しないといけないので、後先考えず安易に飼う事だけは避けるようにする事が大事です。

「長生きする鳥の種類。数十年生きる鳥を飼ってみよう」の関連記事

「長生きする鳥の種類。数十年生きる鳥を飼ってみよう」と合わせて読みたい