猫が恥ずかしがっている時の仕草や行動

最終更新日:2018年9月28日

猫にも様々な感情があります。

時には恥ずかしがることもあります。

その仕草はとても愛らしいと、感じる方が多いはずです。

では猫が恥ずかしがっている時は、どのような仕草を見せるのでしょうか。

ここで紹介していきます。

1.目を細める猫は恥ずかしがっている

猫はいろいろな場面で、目を細める仕草をします。

とても眠くて仕方がない時、心地よい時など様々です。

意外なことですが、相手を信頼している時にも、目を細めることがあります。

また猫が恥ずかしがっている時も同様です。

猫も人間と同様、失敗してしまうこともあります。

よく見られるのが、ジャンプの失敗です。

猫は優れたジャンプ力を持っています。

そのため身軽にジャンプして、高いところまで移動します。

でも時にはジャンプしても、上手く移動できないこともあります。

また高いところまで移動できたとしても、落ちそうになっている姿を見ることがあります。

このような時は、猫は目を細めて、恥ずかしがっている仕草をすることがあります。

人間が失敗した時も、この場面は誰かに見られたくないものです。

猫が失敗して目を細めている時は、そっとしておいてあげた方が良いでしょう。

2.ゆっくりとした動作で、隠れようとする猫は恥ずかしがっている

猫はもともと狭い場所が、とても好きな動物です。

野性の猫は狩りをして食べ物を探し、狭い場所まで運んでいました。

また狭い場所で、体調を整えていました。

そのためこれは野性の名残だと言えます。

ペットの猫でも狭い場所を見つけると、本能的に入ろうとします。

猫にとって、落ち着く場所でもあるからです。

恥ずかしがっている時も同様に、狭い場所に入ろうとすることがあります。

猫も恥ずかしいと思うと、落ち着く場所にそっと隠れようとします。

もちろん怖いと思って、狭い場所に隠れる時もあります。

この時は素早く逃げるようにして隠れます。

でも恥ずかしがっている時は、ゆっくりとした動作で、隠れようとすることが多いです。

よく見られるのが、カーテンの中に入ってしまうことです。

猫の愛らしい仕草が影になって見えることもあるので、そっと観察してみましょう。

3.チラッとこちらを見る猫は恥ずかしがっている

前述したとおり、猫は得意とするジャンプでも、時には失敗することもあります。

猫の失敗はこの他に、滑って倒れそうになる、というケースもよく見られます。

棚の上などにいて、思わず足を踏み外してしまった時などです。

この時たまたま飼い主に見られてしまうと、チラッと一瞬こちらを見ることがあります。

これは猫が失敗を見られてしまい、とても恥ずかしがっている証拠です。

人間の場合でも、歩いて滑ってしまうと、恥ずかしいと感じることはよくあります。

そばにいた人を、無意識にチラッと見てしまうこともあります。

猫も同様に、見られたくなかったと思い、このような仕草を見せるのです。

猫は恥ずかしがっていても、飼い主は愛らしい仕草だと、感じる方が多いでしょう。

でも猫が排泄中、チラッとこちらを見たり、鳴く時は意味が違います。

恥ずかしがっているのではなく、邪魔をしないでほしいと思っているのです。

4.顔をそむける猫は恥ずかしがっている

猫が恥ずかしがっている時は、顔をそむける仕草をすることがあります。

人間の場合も、一時しのぎをしたくなり、無意識に顔をそむけてしまうことはよくあります。

そのため猫が何か失敗をして、顔をそむけている時も、飼い主の何気ない配慮が大切です。

その仕草はとても愛らしいので、ついつい笑ってしまいがちです。

でも可哀そうなので、見ないようにしてあげた方が良いでしょう。

また個体差があり、もともと恥ずかしがり屋の猫もいます。

特にロシアンブルーは、内気で恥ずかしがり屋の猫が多いと言われています。

恥ずかしがり屋の猫には、さらなる配慮が必要になります。

猫の気持ちを考えて、状況に合わせて、接することが大切です。

5.その場をウロウロする

猫は今ある状況とは違った行動をして、気持ちを落ち着かせる時があります。

この行動を、転位行動と言います。

猫は何かに失敗した時も、口元をペロペロとさせるなど、転位行動をすることがあります。

でも転位行動ではなく、その場をウロウロするような、恥ずかしがっている仕草をすることもあります。

この時は、とても落ち着かなくなります。

他人が気になる時は前述したように、チラッとこちらを見ながら、ウロウロしている時もあります。

猫が落ち着かない仕草を見せると、飼い主は心配になってしまうことがあります。

でも猫が恥ずかしがってウロウロしている時は、少し距離を置くようにすることも大切です。

猫が恥ずかしがっている時は、そっとしておいてあげましょう

猫も人間と同時に、失敗することもあります。

この時猫は転移行動をすることもありますが、恥ずかしがっている仕草をすることもあります。

猫の仕草を見て、どのような気持ちでいるのか考えてみましょう。

猫が恥ずかしがっていると判断したら、むしろじろじろ見ない方が良いです。

猫の気持ちを考えて、そっとしておいてあげましょう。

猫が恥ずかしがっている時の仕草や行動に関連するペット情報

動物関連記事(外部サイト)