ペットの供養の仕方

ペットの供養の仕方6つ。亡くなったペットを供養してあげよう

最終更新日:2015年9月13日

長年家族のように一緒に暮らしてきたペットとも、いつかはお別れする日がやってきます。

人間と同じように、病気になったり、寿命が来たりして、愛するペットもいずれ旅立っていきます。

そんな時、飼い主は供養としてペットたちにどのようなことをしてあげられるのでしょうか。

人間と同じような供養の方法はあるのでしょうか。

まだまだ知られていないことの多い、ペットの供養の仕方についてご紹介します。


1.ペット葬儀

葬儀というと人間だけのものだと思っていたという方も多いかもしれませんが、ペットたちのお葬式は行われています。

スタイルは自由なので、飼い主とペットの自分たちらしいお別れの仕方が形として実現でき、人間の葬儀と同じような手順で行う場合や、自宅でアロマキャンドルなどを炊いて、家族だけでしんみりと行う場合もあります。

施設で行う葬儀は、人間と同じようにお通夜から一通りの手順があり、ペット葬儀を執り行う業者によって、様々な個性的なサービスを提案しています。


2.ペット火葬

ペットの遺体を火葬してくれるサービスです。

選択できる事項がいくつもあり、火葬に関しては、立ち合いかどうか、また返骨はあるのかどうか、といったことまで希望通りに選ぶことができます。

火葬場所としては施設内での火葬がほとんどですが、最近では自宅に車でやってきてくれる、移動火葬というものが増えてきています。

車両内に専用の火葬装置を内蔵した車内で火葬を行うのです。

見た目には全く分からないため、自宅の庭などでも行えるのがメリットで、ペットの供養としてこのペット火葬のみを行う人も多いようです。

3.ペット霊園

人間に対する霊園のサービスとほぼ同じサービスを供養として受けることができ、葬儀から納骨まで一つの施設でできるところがほとんどですので、全てお任せで最後まで面倒を見てもらえます。

墓地のタイプは数種類あり、集合、合同、個別と選ぶことができます。

そのほか専用施設内の散骨や、ペットと飼い主が一緒に入れる墓地も増えているのでこちらもオススメです。


4.納骨堂

小さく分けられた棚に納骨する施設です。

墓地ほどの費用も掛からないので、火葬の後、こちらの供養方法を選ぶ飼い主の方は近年増えてきています。

棚のタイプも数種類あり、個別の納骨も可能なものもあります。

屋内の施設なので、天候などを気にせず営業時間内であればいつでも好きな時にお参りに来れる、というメリットがあります。

また、個人のレンタルスペース、といった扱いなので、その空間は好きに飾り付けたりすることができ、思い出の写真などをたくさん飾りつけすることができます。

5.手元供養

ペットの遺骨の一部を骨壺に入れて部屋に飾ったり、ペンダントに入れて身に着けたりと、文字通りペットを手元に置いて供養をする方法です。

可愛い模様のペット用骨壺や、ペンダントのメモリアルアクセサリーなど、手元供養アイテムはたくさんの種類が発売されています。

愛するペットを亡くし、悲しみのあまり心のバランスを崩してしまう、ペットロスと呼ばれる症状にかかってしまう飼い主の方が増えており、その状態の改善として、この手元供養が話題になっているのです。

一緒に暮らしていた時と同じように、手元で供養することが、ペットにとっても飼い主にとっても幸せな最期なのかもしれません。


6.自然葬

人間の供養の一つの方法として海洋散骨がありますが、この自然葬はその方法に近い供養のスタイルです。

ペットの遺骨を散骨したり、遺体を埋葬したりして、自然の中に愛するペットを還してあげようとする供養方法です。

専用に準備された野山・山林に遺骨を散骨したり、公園墓地などの樹木の下に埋葬する樹木層なども新しい供養の方法として最近人気が出てきています。

この樹木層は、ペットの遺体を埋葬してその場所に苗木を植えることで、ペットが土へ帰るのと反比例して、植えた木は大きく成長していくのです。

飼い主にとってペットの生まれ変わりのように思えるこの樹木は、深い悲しみからペットロスになってしまいそうな飼い主の方たちの心を力強く励ましてくれる存在でもあります。

最高の供養をしてあげよう

これまで一緒に生活してきた日々を思うと、ペットの旅立ちは、すぐには受け入れられないほどの悲しい出来事でしょう。

その死を弔う方法は、近年様々なスタイルに多様化してきています。

飼い主とペットの数だけ、自分たちらしい供養の形があるのです。

これまで過ごしてきた日々に、お礼をいうとともに、悲しみに別れを告げ、新しい日常をまた一緒に歩みだすためにも、一番納得のいく供養方法で愛するペットを見送ってあげましょう。

「ペットの供養の仕方6つ。亡くなったペットを供養してあげよう」の関連記事

「ペットの供養の仕方6つ。亡くなったペットを供養してあげよう」と合わせて読みたい