ハムスターの暑さ対策には保冷剤がオススメ!保冷剤の上手な活用方法

最終更新日:2016年10月6日

ハムスターの暑さ対策の手段として、保冷剤の使用が考えられます。

夏場の気温を乗り切るには、保冷剤を活用し、涼しい空間をいかに確保できるかが重要になるでしょう。

使用例と注意点をまとめ、ぜひハムスターに快適な環境を作ってみましょう。

1.保冷剤をタオルに包んで使用する

保冷剤をそのままハムスターのケージ内に置くと、接触によってハムスターの体が冷えすぎたり、溶けた水滴が床材を汚したりすることがあります。

その対策として、保冷剤をタオルなど柔らかいもので包み、ハムスターが直接触れないようにしましょう。

タオルは冷気を遮断することなく、水滴を吸収することができます。

回収した後もすぐに洗うことができるので、それほど世話の負担にならないでしょう。

設置の際には、ハムスターがタオルを噛むことがないように注意しましょう。

タオルの糸や、その奥にある保冷剤を直接噛んでしまえば、怪我をしたり健康を害する可能性もあります。

ハムスターは縄張りに異物があることにストレスを感じることもあるので、様子を見ながら設置方法を検討しましょう。

夏場のケージ内には、ハムスターにとって邪魔にならず手に届かない保冷剤専用の場所を用意しても良いでしょう。


2.ケージの外に保冷剤を設置する

ケージの外側に保冷剤を固定すれば、ハムスターとの接触を心配することなく涼しさを保つことができます。

水滴の処理も容易になり、ハムスターが眠っているときでも保冷剤を交換することが可能です。

ケージの上に置けば、冷気がケージの中に落ちていき、簡単なクーラーとなるでしょう。

またハムスターが床の下に潜ることが多いなら、保冷剤を下に置くことで、届きづらい部分にも冷気を送ることができます。

ハムスターが直接触れることはなくても、冷気によって生じる湿気には気を使う必要があります。

メンテナンスを怠り、溶けた保冷剤をそのままにしておけば、カビや細菌の温床となり、結果的にハムスターを苦しめることになるかもしれません。

3.保冷剤はこまめな交換が大切

保冷剤は数時間のうちに溶けてしまい、冷たい空気を作りだすことができなくなります。

保冷剤を置いたから安心ではなく、こまめな交換を行ってきちんと涼しさが長時間保つようにしましょう。

交換のタイミングを一日に何度か作り、定期的に行うように心がけてください。

特に夏場は思っている以上に早く溶けて効力がなくなり、ハムスターに負担をかけることになるかもしれないので注意しましょう。

家を空けるのなら直前に保冷剤を新品のものに交換し、帰宅までの時間で溶け切ってしまわないように保冷剤の数と大きさを調節しましょう。

一日家を空ける必要が出た場合は、家族や友人に交換を頼むなどして対処するようにしてください。

また保冷剤は常に多めのストックを用意し、破損して中身が出てしまった場合にも問題にならないようにしておきましょう。

常に快適な冷気を提供できるかは、飼い主のこまかな配慮にかかっていることを忘れないでください。


4.保冷剤により寒くなりすぎないようにする

夏場での保冷剤は砂漠のオアシスとなり、天国のような気持ちよさをハムスターに与えているのかもしれません。

ですが距離感や数を間違えれば、逆に寒くなりすぎてしまうでしょう。

気温の急な変化は小さいハムスターの体調を崩す原因となるので、しっかりとしたチェックと管理が必要となります。

温度計をケージに設置して、常に適温をキープできるようにしましょう。

冷気がケージ全体に行きわたってしまうようだと、寒くなったときにハムスターの逃げ場がなくなってしまいます。

保冷剤は一カ所に集めて、冷たい場所とそうでない場所をはっきりと区別させましょう。

ハムスターがある程度自主的に体温を管理できるような環境を作り上げることが、暑さを乗り切るコツとなります。

5.クーラーなどと併用する

気温によっては保冷剤だけを活用しても、ハムスターのケージをちょうどいい温度に保てないこともあるでしょう。

そういった日にはクーラーや扇風機など、別の器具を併用して使い、臨機応変な対応をしてあげてください。

保冷剤を過信するよりかは、念のために多くの手段を取っておく方が安全です。

クーラーや扇風機の風は、直接ハムスターのケージに当たらないようにしましょう。

冷えすぎの防止と、保冷剤を長持ちさせるための重要な確認事項です。

タイマーを利用して、昼の一番暑い時間にだけクーラーを作動させるようにするなど、工夫の方法は多くあります。

家の中で一番涼しく、温度が一定の場所を見つけ出し、そこをハムスターにとって最高のスペースになるように考えてみてください。

保冷剤の活用で、暑さの波をハムスターと乗り越える

ハムスターの飼育において、温度管理は重要かつ難しい課題です。

特に夏場の暑さは命に関わることもあるので、保冷剤の間違いのない活用とメンテナンスは飼い主の大きな仕事となるでしょう。

保冷剤を上手に使うことができれば、ハムスターも日々を楽に過ごすことができ、上手に季節を乗り越えてくれます。

いつでもハムスターの視点になり、最高の環境を整えてあげられるようにしてください。

「ハムスターの暑さ対策には保冷剤がオススメ!保冷剤の上手な活用方法」の関連記事

「ハムスターの暑さ対策には保冷剤がオススメ!保冷剤の上手な活用方法」と合わせて読みたい