ハムスターを触りすぎてはダメ。なぜ触ってはいけないのか

最終更新日:2016年7月20日

ハムスターを時々触ったりして、可愛がっている人も多いでしょう。

中にはハムスターに慣れて、手乗りにして触っている人もいます。

でも可愛いいからといって、ハムスターに触りすぎてはいけません。

ここでその理由をご紹介します。

1.好きな行動ができないため

ハムスターはエサを食べたい、遊びたいなどと会話で何かを訴えることができません。

ハムスターを手乗りにして、エサをあげることはできます。

でもハムスターは単にエサを食べるだけでなく、エサをため込んだり自分の臭いをつけるといった習性があります。

おもちゃで遊んだり、回し車で運動したい時もあるでしょう。

ハムスターに触りすぎることで、好きな行動をする時間が奪われてしまいます。

これはハムスターにとって大きなストレスになるため、避けるようにしましょう。

飼い主の方で触っている時間を、あらかじめ決めておくと良いでしょう。


2.睡眠不足などで疲労がたまるため

ハムスターは夜行性のため、夜は走り回ったり回し車を回したりして活動します。

日中は休んだり寝ていることが多いです。

人間とは逆の行動パターンであるため、日中ハムスターに触って遊んであげる人も多いでしょう。

でもこれは逆効果です。

日中ハムスターに触りすぎると、睡眠不足を起こします。

ハムスターが眠いのに起こされて遊んでしまうと、しばらくは寝ようとしません。

むしろしっかり覚醒してしまい、ケージを走り回ったりして落ち着きません。

このためハムスターに触りすぎると、寝ている時間が短くなってしまいます。

睡眠不足が続くと、ハムスターにダメージを与えてしまうので要注意です。

そのためハムスターに触るのは短時間にして、できるだけ夕方から夜にかけて行うようにしましょう。

3.転落でケガをする確率が上がってしまうため

ハムスターに触りすぎると、可愛くて夢中になってしまうこともあるでしょう。

また危険だから高い所で触らないようにしようと、気をつけていると思います。

でもハムスターに触り過ぎていると、あっという間に時間が過ぎます。

時間がたつと人間にも疲労が蓄積して、集中力が失われていきます。

気をつけてハムスターに触っていても、集中力が切れてハムスターを落としてしまうこともあります。

ハムスターが転落すると、体を打ってケガをする可能性があります。

特に頭を打ってしまうと、命を失うケースもあります。

このためハムスターに触りすぎると、転落する確率が上がるので注意が必要です。


4.感染によって病気を発生させるため

キレイな手でハムスターに触っていても、長時間たつと清潔を保ってなくなります。

空気中に浮遊している病原菌が、ハムスターを触った手にいつでも付く可能性はあります。

そのため長時間ハムスターに触りすぎると、細菌が繁殖する原因になります。

長時間触った手に病原菌が付着して、病気を発生させる恐れが高まるのです。

ハムスターの病気を避けるためにも、長時間ハムスターに触りすぎるのは避けるようにしましょうハムスターに触りすぎることで、飼い主自身も感染しやすく病気になりやすくなります。

世話をする立場の飼い主が病気になっては、ハムスターに迷惑がかかるので気をつけましょう。

また事前にしっかりと手洗いをして、清潔にしてからハムスターに触るようにしましょう。

5.粗相をしてしまうため

ハムスターに触りすぎていると、粗相をしてしまう可能性があります。

トイレを覚えたハムスターでも、長時間何かに拘束されると粗相をすることがあります。

ハムスターは普段砂浴びや毛づくろいなどで、体をキレイにして清潔を保ちます。

でも飼い主の手で粗相をしてしまうと、お互い不潔になりやすくなってしまいます。

不潔になると感染して病気にかかりやすくなるので、粗相をしないような配慮も必要です。

ハムスターを触りすぎないように気をつけるとともに、時々トイレに行けるように離してあげるようにしましょう。

ハムスターが自らトイレに行ける環境を作ってあげるのも大切です。


6.ハムスターに傷をつけてしまうため

飼い主が気をつけていてもハムスターに触りすぎて、知らず知らず傷をつけてしまうケースがあります。

またハムスターは休んでいる時以外は、基本的にじっとしていられない動物です。

手乗りにしていても、あちこち動いて走り回ろうとします。

触っている時に動いてしまうと、飼い主の手でひっかいてしまう恐れもあります。

傷をつけて出血すると、病原菌に感染しやすくなり、病気の発生につながります。

それを避けるために、ハムスターに触るのは短時間にするようにしましょう。

またハムスターに触る前に、しっかりと爪を切っておきましょう。

触りすぎるとハムスターの負担になることを十分理解しておこう

ハムスターに触りすぎると、良くないことがたくさんあります。

触りすぎると病気やケガをしたり、疲労が蓄積してストレスもたまります。

ハムスターの負担はかなり大きくなってしまいます。

ハムスターを可愛がったり、コミュニケーションをとるために触ることは良いことですが、決して長時間触りすぎないようにしましょう。

「ハムスターを触りすぎてはダメ。なぜ触ってはいけないのか」の関連記事

「ハムスターを触りすぎてはダメ。なぜ触ってはいけないのか」と合わせて読みたい