ハムスターが他のハムスターをいじめる時の対処法_s

ハムスター同士のいじめへの対処法4つ

最終更新日:2015年10月16日

愛らしい見た目と軽快な動きで飼い主を楽しませてくれるハムスター。

そんなハムスターがケージの中で何匹も仲良くしている姿は、とても可愛くて癒される光景でしょう。

ですが、ハムスターは可愛いだけの動物ではありません。

同じケージの中に入れておくとケンカをしたり、他のハムスターを虐めるような攻撃的な一面もあります。

この記事では、ハムスターが他のハムスターをいじめる時の対処法を紹介します。


1.ケージを分けるのが基本

基本的にハムスターは群れをつくらずに単独で生きる習性の動物です。

人間の目から見れば「ケージの中に一匹でいるのは寂しいかもしれない」と思うかもしれません。

ハムスターにとっては同じケージ内に別のハムスターがいることはストレスになる可能性が高いです。

ですから、なるべくハムスターを複数頭飼うときは一匹ずつケージを分けることを基本にしましょう。

もしも同じケージで飼っていたハムスター同士がケンカを始めたときは、同じケージで飼うことはいさぎよく諦め、すぐさまハムスターたちを他のケージに分けて引き離しましょう。

人間の目にはほほえましいケンカに見えても、身体の小さなハムスターたちにとっては命にかかわるものです。

また、ハムスターを一匹のケージで飼っていると、一匹が感染症にかかれば瞬く間に他のハムスターに感染するなどの弊害があります。

同じケージで仲良くさせることにこだわるよりも、ハムスターたちの命の安全を優先しましょう。


2.まだ幼いハムスターを飼う

まだ身体が大きくなりきっていない幼いハムスター同士なら、成ハムスターよりはまだ一つのケージ内で一緒に飼える可能性はあります。

これはケンカをするだけの体力も闘争本能もあまり発達しきっていないためです。

ペットショップなどでも、幼いハムスターはよく一緒にケージに入って売られていることがあります。

ただし、幼いハムスターでもまったくケンカをしないということはありません。

互いに威嚇しあってストレスになることもありますし、成長して身体が大きくなればお互いに命に関わるケンカをすることは十分にありえます。

「小さいころから仲がよかったから大丈夫」と思っていても、ハムスターは突発的にケンカを始めます。

飼い主も二十四時間見ているわけではありませんから、気付かないうちにケンカしていて一匹が死んでいて食べられていたということも起こりえます。

ペットショップならともかく、やはり自宅で飼うときは幼いハムスターでも別々のケージで飼うのが無難でしょう。

3.なるべく身体の小さい種類のハムスターを飼う

ハムスターの中でも、ジャンガリアンハムスターやロボロフスキーハムスターなどの身体の小さい種類のハムスターなら、同じケージで同居できる可能性は他の種類のハムスターよりは比較的高いです。

ただし、それも小さいころから一緒に育ってお互いの匂いや存在に慣れた個体であること、ストレスの少ない環境で飼育されていることなどの条件を前提としています。

同じケージ内にいるハムスターに体格差が出ると、身体の大きな強い個体が弱い個体を虐め始めるので注意しましょう。

特にゴールデンハムスターはハムスターの中でも気性が荒い種類で、同じケージで複数体入れて飼育していると簡単に殺し合いのケンカに発展します。

ですので、ゴールデンハムスターを同じケージで飼うのは絶対にやめましょう。


4.ハムスターを交尾させて子供を産ませるときの注意

ハムスターは基本的に別のケージで飼うのが基本ですが、飼っているオスとメスのハムスター同士を交配させるときには、否応なしに同じケージに入れることになります。

交尾が成功しても、「カップルになったのだから大丈夫だろう」と人間的な視点で見て安心してはいけません。

気性の荒いハムスター、特にゴールデンハムスターの場合、身体の大きいメスが小さなオスを噛み殺してしまうことがあります。

一緒のケージに入れるのは交尾するときだけで、交尾が終わればすぐにオスとメスを別のケージに分けましょう。

無事にメスが妊娠し、子供を出産しても安心はできません。

出産直後のメスのハムスターはかなり神経質な状態になっています。

エサが少なかったり、必要以上に飼い主の人間に触られたりするなどのストレスを受けると、たとえ自分が産んだ子供のハムスターであろうと噛み殺してしまうことがあります。

また、子供のハムスターも一、二週間もすると成長して性的に成熟し、家族同士でケンカしたり、近親交配を始めてしまうことがあります。

よって、子供のハムスターが成熟したときもケージを分けるのが無難といえるでしょう。

ハムスターのいじめはケージ分けで解決

ハムスターはかわいらしい見た目とは裏腹に、同じハムスター同士で殺し合いのケンカをする習性を持っています。

複数頭のハムスターを同じケージで同居させることは、ハムスター飼育に慣れた人でも難しく、どうしても同じケージで飼わなければならない事情がない限り、避けた方が良いでしょう。

飼い主としてハムスターの可愛い部分だけでなく、そういった一面もあることも知って、適切な飼育を行いたいものです。

「ハムスター同士のいじめへの対処法4つ」の関連記事

「ハムスター同士のいじめへの対処法4つ」と合わせて読みたい